FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回 京都金杯(GⅢ) ブレイズアトレイル
ブレイズアトレイル 牡6歳 55藤岡康
父      ダイワメジャー
母      ラフィントレイル
母の父   エルコンドルパサー
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・藤岡健厩舎

放牧 2ヶ月半休養

【近走戦績】
2014.10.25 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 10人 13着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.7

(メモ) 短期放牧 490㌔(-10㌔) 出遅れ(1)

(仲田調教助手) 攻め時計は悪くなくて体調は良さそうだったが、目に見えない疲れがあったかもしれないし、10㌔減も応えたよう。


2014.09.14 新潟 京成杯オータムハンデ(GⅢ) 芝1600 良 16頭 8人 2着
(競争指数) 145  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 馬場の内がかなり傷んだ状態

(ラップ) 12.8 - 10.9 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.1 - 10.7 - 11.6

(メモ) 道中は後方を追走 直線は少し外目へ出され間を割ってグイグイ伸びる

(藤岡健調教師) 雨の影響が残る馬場でも、速い上がりを使って惜しい競馬。デキの良さが実戦に表れたし、使う毎に力もつけている。


2014.08.17 新潟 関屋記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 10人 5着
(競争指数) 90

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 10.8 - 12.1

(メモ) 道中は中団を追走 直線は内目を突いてジワジワと脚を使う

(仲田調教助手) 内目で我慢する競馬ができたが、最後で馬場が応えた感じ。


2014.07.27 中京 中京記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 6人 4着
(競争指数) 65

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.2 - 13.1

(メモ) 短期放牧 492㌔(-8㌔)気負い加減 道中は折り合って追走 勝負どころ反応ひと息 直線は一瞬いい脚を見せる
 
(仲田調教助手) 道中はある程度、位置を取りにいきながら掛からず我慢できたし、力は出し切っているはず。最後の坂で少し脚いろが鈍ってしまった。


2014.06.22 阪神 米子S 芝1600 良 12頭 4人 2着
(競争指数) 76

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.5 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 12.4

(メモ) 2ヶ月半休養 500㌔(+10㌔)仕上る 出負け 道中は最後方で行きたがるのを何とか抑えて追走 4角手前でジワッと追い上げる 直線もしっかり伸びる

(仲田調教助手) スタートして思ったより後ろの位置取りになったが、終いはしっかり脚を使ってくれた。


2014.04.06 中山 ダービー卿チャレンジT(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 7人 7着
(競争指数) 90

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.5

(メモ) 490㌔(-8㌔)絞れる 道中は後方を追走 3分3厘外を進出 直線伸びかかったところで内から張られる不利

(藤岡康騎手) 外枠から、いつもよりゲートは出た方。道中はいい感じだったが、3~4角で張り出された時にハミを噛んでしまった。


2014.03.15 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 9人 9着
(競争指数) 45

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.0

(藤岡健調教師) 好位で運んで直線も見せ場は作ったが、最後のひと伸びを欠いた。ゲートでうるさくで出負けし、押して行くと掛かった分でしょう。3角過ぎまで力んで走っていた。


2014.02.23 小倉 小倉大賞典(GⅢ) 芝1800 良 16頭 4人 3着
(競争指数) 68

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.2 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 11.4 - 11.8

(メモ) 490㌔(-14㌔)細くない・二人引き 出遅れ(1) 道中は中団やや後ろを追走 直線は外からよく詰め寄る

(丸田騎手) スタートをモコッと出て、ペースが落ち着いたこともあって、1~2角でハミを噛んでしまった。


2014.01.05 京都 京都金杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 11人 4着
(競争指数) 85

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7

(メモ) 504㌔(-2㌔)太目感なし・イレ込む ソロッと好位へ 道中は折り合って手応え良く追走 直線向いて追い出され1ハロン標手前で先頭に立ってからもうひと伸び利かず

(藤岡康騎手) 道中はリズム良く走れたし、直線も脚を見せてくれた。


【碧音の一言】
 夏場に調子を上げて前々走の京成杯AH(GⅢ)で、ベストパフォーマンスの2着した反動か、前走の富士S(GⅢ)は13着の惨敗。 今回はひと息入るも、昨年は指数100超えが一度きりと、まだ重賞ではアテにはできず。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syokomaka.blog.fc2.com/tb.php/1449-ae268143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。