FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山11R 第74回 皐月賞(GⅠ)他  予想
中山11R 第74回 皐月賞(GⅠ) 芝2000m

◎ ⑥アドマイヤデウス

 デビュー時から指数190で走っており、近2戦では指数低めもα付きで本番に向けて余力を十分に残して挑めるのは大きい。デビュー時よりも力はつけており、当時からの指数大幅Upは間違いないはず。7番人気の低評価なら狙って妙味あり。


○ ⑤アデイインザライフ

 2戦目で挑戦した京成杯(GⅢ)・3着で示した指数259は破格。前走の弥生賞(GⅡ)・3着は、外を回した馬がスムーズだった競馬で、この馬は内々でやや窮屈な競馬になったもの。ひょっとすると一番強いかもしれない。 


▲ ①ワンアンドオンリー

 3走前の東スポ杯2歳S(GⅢ)・6着が指数210。前走の弥生賞(GⅡ)・2着は、休養明けで指数207なら、叩かれた今回は上積みが見込めますので、トゥザワールドを逆転可能な伸びしろがあるのは間違いないところ。


△ ③クラリティシチー

 叩き良化型タイプのようで、間隔が開くと指数を落とすも、中1ヶ月での出走した過去3走はいずれも指数200超え。割と地味な印象を与える為に人気はありませんが、軽視は禁物。


△ ②イスラボニータ

 左回りしか経験がないことを嫌われているのか、徐々に人気が下落してきています。狙いはダービーかもしれませんが、ダービーを意識する馬がこんなところで惨敗するわけにはいかないでしょう。負ける前提で出走をするわけがなく、最終追い切りでの動きだけなら一番良かったと思います。


△ ⑰トゥザワールド

 4連勝中で特に近2戦は指数200超えと安定感は感じるも、前走の弥生賞(GⅡ)・1着の指数207が頂上の感じがします。


注 ⑬キングズオブザサン

 3走前に葉牡丹賞を指数235で勝利し、続く京成杯(GⅢ)で2着に敗れたとはいえ指数は微増の253。前走の弥生賞(GⅡ)で指数(149)を大幅に落としたのをどう見るかが取捨選択のポイントになりそう。やや疲れがあったのかもしれませんし、直線でアデイインザライフ同様に窮屈になったのが応えたのか・・・。




中山10R オルフェーヴルカップ(4歳以上OP ハンデ) ダ1200m 

◎ ⑦ダッシャーワン


○ ⑤キクノストーム


▲ ⑪アビリティラヴ


△ ⑫サウンドガガ


△ ⑨シセイオウジ


△ ⑭コレクターアイテム
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syokomaka.blog.fc2.com/tb.php/1228-62447710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。