FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

中山11R アメリカジョッキークラブカップ・GⅡ(4歳以上OP 芝外回り2200m)
 ⑦ダノンバラード 牡6歳 57後藤浩

【近3走内容】
2013.12.22 中山 有馬記念(GⅠ) 芝2500 良 16頭 9人 15着
(競争指数)  -

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 6.9 - 11.1 - 12.3 - 11.6 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 11.8 - 12.3

(メモ) 短期放牧(吉澤ステーブルWEST) 480㌔(-4㌔)

(池江寿調教師) いい枠(①番)が当たったし、好位のラチ沿いを理想的な形で運べたが、4角でオルフェーヴルに来られた時に対応できなかった。マイペースで運べてこそのタイプで、急激に来られて厳しかった。


2013.10.27 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 17頭 6人 16着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場
 
(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 12.2

(メモ) 道中は先団の外を追走 直線は息切れ

(池江寿調教師) もともと右へモタれる面があり、左回りの東京では外へ張って行く点は大丈夫だったが、硬くてパンパン過ぎる馬場では突っ張る面がある。


2013.09.22 中山 オールカマー(GⅡ) 芝2200 良 16頭 1人 3着
(競争指数) 105

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 11.1 - 12.1 - 11.7 - 11.9 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 12.4 - 11.8 - 12.1

(メモ) 放牧(吉澤ステーブルWEST) 3ヶ月休養 482㌔(-2㌔)仕上る

(兼武調教助手) 直線では完全に先頭へ立ったが、最後はいつものように内へモタれてしまった。結果的に動くのがやや早かったかもしれない。

【碧音の一言】
 昨年の覇者。特に芝2200mに限ると【1・1・1・0】と宝塚記念(GⅠ)でも2着している、得意な非根幹距離で、近2戦の凡走で人気が落ちる今回は妙味十分。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑭レッドレイヴン 牡4歳 55柴田善

【近3走内容】
2013.12.08 中山 美浦S 芝1800 良 10頭 1人 1着
(競争指数) 100α

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.9 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 11.4 - 11.7

(メモ) 502㌔(-4㌔)Sロール 道中は2番手をスムーズに折り合って追走 直線で前2頭の外へ出され残り1ハロンで先頭に立ち突き放す

(津曲調教助手) 楽に追走できたし、抜け出してくる時も力が違った印象。ノーステッキで余力を残しての勝利だった。ダービーの頃に比べて、ひ弱さが徐々に解消され、体重も増えて見違えるほどしっかりした体つきになった。


2013.10.20 東京 甲斐路S 芝1800 不良 12頭 2人 2着
(競争指数) 41

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.3 - 12.2 - 12.6 - 13.0 - 12.6 - 12.6 - 11.2 - 11.7 - 12.6

(メモ) 5ヶ月休養 506㌔(+12㌔)仕上り○・Sロール 道中は落ち着いた走りで追走 直線半ばで内へモタれ勝ち馬に並んで力尽きる

(柴田善騎手) ムチを入れると横に飛ぶような面があり、まだまだ気性が子供。


2013.05.26 東京 東京優駿(GⅠ) 芝2400 良 18頭 9人 12着
(競争指数)  -

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.5 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 11.9 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.9

(メモ) 出遅れ(1)

(内田博騎手) 直線で前にスペースはあったが反応できなかった。まだいい頃に比べるとひと息だったのかもしれない。

【碧音の一言】
 前走の後半ラップ11.8 - 11.9 - 11.4 - 11.7を余力十分に抜け出した脚力は高く評価できますが、昇級緒戦で1番人気では◎は打ち切れない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑧マイネオーチャード 牝6歳 54柴田大 

【近3走内容】
2013.12.23 中山 クリスマスカップ 芝2200 良 18頭 5人 1着
(競争指数) 145α

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.3

(畠山吉調教師) 折り合い重視でジックリ運び、終いは最速の上がりを駆使して抜け出して、最後までしっかり走ってくれた。


2013.11.09 京都 比叡S 芝2400 良 10頭 3人 4着
(競争指数) 96

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.6 - 11.8

(メモ) 452㌔(-6㌔)リングハミ・クロス鼻革 抑えて後方へ 3ハロン標から促され進出 直線半ばで一旦抜け出すも最後にやや甘くなる

(ルメール騎手) 直線向いて反応は良かったが、残り50mくらいで一杯になった。距離はギリギリ。


2013.10.05 東京 オクトーバーS 芝2400 稍重 16頭 5人 3着
(競争指数) 110

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.0 - 12.7 - 12.8 - 12.8 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.7 - 12.1

(メモ) 道中は好位3番手を追走 直線上位2頭とは瞬発力の差で見劣る

(畠山吉調教師) 爪の不安で順調さを欠いていたが、地力の高さは見せてくれた。

【碧音の一言】
 昨夏あたりから指数的に安定感を増し、前走では中山芝2200mを大外回ってメンバー中最速の上がりをマークして差し切った内容を評価。父ステイゴールドの血が脅威。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ①フェイムゲーム 牡4歳 55北村宏

【前走内容】
2013.12.14 中山 ディセンバーS 芝1800 良 16頭 8人 6着
(競争指数) 52

(馬場状態) 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.8 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7

(メモ) 放牧(左前トウ骨遠位端骨折 ノーザンファーム天栄) 8ヶ月休養 460㌔(+16㌔) 道中は中団の外目を追走 直線は外を回って伸びる

(宗像調教師) 16㌔増は成長分もあったが、長い休みで多少余裕残しだった。直線でゴチャついて、スムーズに出てこれなかったことが惜しまれる。

【碧音の一言】
 京成杯(GⅢ)の勝ち馬。骨折休養明けを一度叩かれて、追い切りの動きも一変。中山コースの最内枠で北村宏騎手なら黙って押さえるべき。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑥ヴァーゲンザイル 騸6歳 56三浦

【前走内容】
2014.01.13 中山 迎春S 芝2500 良 12頭 6人 2着
(競争指数) 72

(馬場状態) 時計のかかる馬場 

(ラップ) 7.4 - 11.9 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 14.0 - 12.4 - 12.4 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 12.7

(メモ) 道中は後方で気合いをつけながらの追走 直線ゴール前で2着浮上

(三浦騎手) 遊び遊び走っている。体と気持ちがうまくマッチすればいい。

【碧音の一言】
 中山コースに替わった前走で久々に馬券圏内。追い込み一辺倒で展開に左右される面あってアテにはできないが、引き続き中山コースなら楽しみある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑩ヴェルデグリーン 牡6歳 57田辺

【前走内容】
2013.12.22 中山 有馬記念(GⅠ) 芝2500 良 16頭 8人 10着
(競争指数) 15

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 6.9 - 11.1 - 12.3 - 11.6 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 11.8 - 12.3

(メモ) 短期放牧(リフレッシュ) 480㌔(+4㌔) 出遅れ(1)

(相沢調教師) ジックリ後方で構え、道中はいい感じだったはず。4角ではオルフェーヴルのあとから上がって行けたが、最後は苦しくなって止まった。距離もやや長かった印象。

【碧音の一言】
 前走はGⅠの、地力を求められる競馬では厳しかった。今回はクラスが下がり、距離短縮されれば巻き返せる。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syokomaka.blog.fc2.com/tb.php/1169-cea0f47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR