FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

京都10R 若駒S(3歳OP 芝2000m)
◎ ④モンドシャルナ 牡3歳 56福永
父      ネオユニヴァース
母      ウインドインハーヘア
母の父   Alzao
馬主     山本英俊
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・角居厩舎

【戦績】
2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 2人 6着
(競争指数) 150

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(メモ) 短期放牧 440㌔(-6㌔) 道中は中団の後ろを追走 直線は伸びあぐねる

(福永騎手) 思った通りのレースができたが、伸び切れなかった。


2013.10.26 京都 2歳新馬 芝2000 重 11頭 1人 1着
(競争指数) 81α

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 13.3 - 13.1 - 13.2 - 13.6 - 13.3 - 12.5 - 11.1 - 11.2

(メモ) スタートでやや寄られる 道中は後方で折り合いをつけて追走 3角過ぎ大外から早目進出 直線向いて追い出され残り100mで差し切る

(福永騎手) 練習と比べてスタートは出なかった。前が楽をしていたので自分から捉えに行き、強いレースをしてくれた。軽い芝の方が更に良さそう。

【碧音の一言】
 2戦共に道悪馬場での競馬。良馬場で切れ味生かす競馬を見てみたい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

○ ⑧トゥザワールド 牡3歳 56川田
父      キングカメハメハ
母      トゥザヴィクトリー
母の父   サンデーサイレンス
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・池江寿厩舎

【戦績】
2013.11.09 京都 黄菊賞 芝1800 良 13頭 2人 1着
(競争指数) 167

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 12.0 - 12.0

(メモ) 道中は好位インをロスなく追走 直線も内を突いて力強く抜け出す

(川田騎手) リズム良く運べたし、道中も1番人気馬(オーシャンヒーロー)を射程圏に入れてのレース。ラストは仕掛けてから素晴らしい反応だった。


2013.10.19 京都 2歳未勝利 芝1800 良 8頭 1人 1着
(競争指数) 84α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場
 
(ラップ) 13.2 - 11.9 - 12.5 - 12.8 - 13.2 - 12.9 - 12.1 - 11.1 - 11.6

(メモ) 510㌔(+2㌔)余裕・リングハミ ジワッと中団へ 道中は折り合いをつけて追走 直線向いてガラッと前が開き追われてすぐに勢いついて1ハロン標過ぎに先頭から残り100mで流す

(川田騎手) 道中は流れに乗って、直線向いてから動き出したが、グッと伸びてくれた。


2013.09.28 阪神 2歳新馬 芝1800 良 11頭 1人 2着
(競争指数) 122

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団~後方からの差しも届く状態

(ラップ) 13.0 - 11.5 - 12.0 - 12.4 - 13.1 - 12.5 - 11.4 - 10.9 - 11.2

(メモ) 508㌔余裕 ジワッと下げて中団やや前の5番手へ 道中は折り合いをつけて追走 3角過ぎに追い上げて3番手へ 直線は一向に差が詰まらず

(川田騎手) ゲートを出てから外へ逃げる面を4角まで見せていた。勝ち馬(バンドワゴン)とは現時点での完成度の差が出てしまった。

【碧音の一言】
 放牧明け。今回が初めての内回りコースでの適性がポイントになりそうですが、ペース次第で自在に立ち回れそうなタイプで問題はなさそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

▲ ⑥ミヤビジャスパー 牡3歳 56池添
父      アドマイヤムーン
母      ミヤビキララ
母の父   スペシャルウィーク
馬主     村上義勝
生産牧場  新ひだか町・高橋修
調教師    栗東・笹田厩舎

【戦績】
2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 11人 4着
(競争指数) 170

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(メモ) 中1週 498㌔(-2㌔)馬体◎・馬っけ 出遅れ(1) 道中は後方で折り合い重視の追走 4角手前から仕掛けて大外へ 直線最後にひと伸び利かず

(池添騎手) 1角に入る時から行きたがったので、ジッと我慢させた。3~4角を上がっていく時の反応は良かったし、直線もいい脚を使ってくれた。


2013.12.08 阪神 2歳未勝利 芝1800 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 145α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.8 - 13.0 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.8

(メモ) 中1週 500㌔(±0㌔) 道中は中団の前を抑え切れない行きっぷりで追走 直線向いて外目を割ってグングン加速し一瞬で差し切り抜け出す

(池添騎手) 使って前向きさが出てきて、抑えるのに苦労するくらいだった。直線はいい脚を使ってくれた。まだ幼い面がある。


2013.10.26 京都 2歳新馬 芝2000 重 11頭 6人 3着
(競争指数) 59

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 13.3 - 13.1 - 13.2 - 13.6 - 13.3 - 12.5 - 11.1 - 11.2

(メモ) 500㌔余裕・馬体○・リングハミ ジワッと中団やや後ろへ 道中は折り合い重視で追走 3角過ぎ勝ち馬に被せられ一緒に動く 直線向いて先頭に並びかけるもひと踏ん張り利かず

【碧音の一言】
 中1週使いが続き、気性が悪い方向へ進みつつあるのが気になるが、前走はモンドシャルナに伸び勝ちしているのは事実で力はある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

△ ③ウイントゥモロー 牡3歳 56ルメール

【前走内容】
2014.01.05 京都 福寿草特別 芝2000 良 8頭 6人 5着
(競争指数) 96

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.0

(メモ) 道中は2頭で後続を引き離しての逃げ 直線一旦先頭に立つも踏ん張り切れず

(柴田大騎手) 同型に絡まれたのが応えた。

【碧音の一言】
 先週、日経新春杯(GⅡ)でサトノノブレスを好騎乗で勝利に導いたルメール騎手の手綱捌きに期待。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

△ ⑤セセリ 牡3歳 56武豊

【前走内容】
2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 4人 13着
(競争指数) 20

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(メモ) 道中はマイペースの逃げ 直線向いて交わされ踏ん張りれず

【碧音の一言】
 初戦で逃げ切り勝ちしたコースで、今回は同型とうまく兼ね合って運べば展開次第で、この馬も残る可能性はある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

△ ⑨アドミラルシップ 牡3歳 56浜中

【前走内容】
2013.12.23 阪神 2歳新馬 芝1800 良 18頭 2人 1着
(競争指数) 175α

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.5 - 12.5 - 13.0 - 13.0 - 12.7 - 11.6 - 11.0 - 11.8

(メモ) 506㌔太目・馬体◎ 道中は中団やや後ろで折り合って追走 3角過ぎ外から勢い良く進出 直線は大外から豪快に突き抜け最後は流す余裕

【碧音の一言】
 初戦は上がりの決着を豪快に差し切って更に余力を残しながらの勝利。今回はまったく初戦とは異なるコース設定で、しかも昇級緒戦の格上挑戦の一戦でどこまでやれるか注目。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syokomaka.blog.fc2.com/tb.php/1165-5e55d924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR