FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京11R 第148回天皇賞・秋(GⅠ)  ジャスタウェイ
ジャスタウェイ 牡4歳 58福永
父      ハーツクライ
母      シビル
母の父   Wild Again
馬主     大和屋暁
生産牧場  白老ファーム
調教師    栗東・須貝尚厩舎

【近走戦績】
2013.10.06 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 11頭 6人 2着
(競争指数) 104

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.0 - 11.0 - 11.5 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 11.1 - 10.9 - 11.3

(メモ) 短期放牧 498㌔(-8㌔) 道中は中団の外をスムーズに折り合って追走 直線ほぼ勝ち馬と同じタイミングで追い出されるも届かず

(柴田善騎手) 経験を積んで力をつけてきた感じ。


2013.08.11 新潟 関屋記念(GⅢ) 芝1600 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 90  メンバー中最速の上がり  休養明け2戦目

(馬場状態) 前日夕方の雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 11.7 - 11.8 - 10.8 - 12.0

(メモ) 放牧(吉澤ステーブルWEST) 2ヶ月休養 506㌔(+10㌔)仕上り○・馬体◎ スタートひと息(1) 道中はインをロスなく追走 直線で徐々に外へ出され残り1ハロンから抜群の伸び見せる

(福永騎手) ゲートを出なかった。内から運んで、直線もうまく外へ出せたが、前残りの競馬になってしまった。


2013.06.09 東京 エプソムC(GⅢ) 芝1800 良 14頭 3人 2着
(競争指数) 90  メンバー中最速の上がり  休養明け

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.2 - 11.5

(メモ) 放牧(リフレッシュ 線の細さ解消) 3ヶ月休養 496㌔(+10㌔)仕上り○ 出遅れ(2) 道中は馬込みでタメを利かせて追走 直線はインを狙って最後は上げ下げまで持ち込む

(須貝尚調教師) 勝ちに等しい内容。スタート後手を挽回して、直線はインを突いてよく追い上げた。10㌔増でも、いい筋肉がついて成長を感じた。


2013.03.09 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 2人 8着
(競争指数) 60

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.5 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 11.4 - 12.3

(バルジュー騎手) スタートをトビ出す感じで出てしまい、少し気負ってリズム良く走れなかった。


2013.02.10 京都 京都記念(GⅡ) 芝2200 良 11頭 1人 5着
(競争指数) 77

(馬場状態) 時計のかかる馬場 馬場の内側が荒れ始める

(ラップ) 12.6 - 11.4 - 12.6 - 12.8 - 12.4 - 11.9 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5

(メモ) 短期放牧 490㌔(+4㌔)舌括る 道中は行きたがるのを何とかなだめて追走 4角手前から仕掛ける 直線でジリジリ差を詰める

(内田博騎手) 前半は幾らか行きたがる素振りを見せたが、その後は折り合った。特殊な馬場状態もあったが、もう少し気持ち良く走らせてあげなければいけなかった。


2013.01.05 中山 中山金杯(GⅢ) 芝2000 良 16頭 1人 3着
(競争指数) 140

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 外差しも決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 12.8 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.6 - 11.8

(メモ) 短期放牧(熱発・朝日杯CC回避) 2ヶ月休養 486㌔(±0㌔)

(須貝尚調教師) 思ったよりハンデを背負わされていたし、レース自体も小回りコースで後方からになった。それでも最後は差を詰めており、中距離にメドの立つ内容だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://syokomaka.blog.fc2.com/tb.php/1081-4683fdf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。