FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
12 | 2015/01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山11R フェアリーS(GⅢ)  予想
中山11R 第31回・フェアリーS(GⅢ 3歳牝馬限定) 芝1600m

◎ ①テンダリーヴォイス

 今回が初めての右回り(中山芝コース)になりますが、直線の短いコースでこそ、この馬の良さが生きると思います。個人的な印象なのですが、鞍上の北村宏騎手は中山芝コースの内目の枠に入った際の安定感も高いと思っています。


○ ⑬アドマイヤピンク

 前走のひいらぎ賞2着は展開に恵まれた感は否めませんが、再度同じコースなら好勝負になってもいい。特に今回の場合は12頭立てで、脚質的にはレースもしやすくなるはず。


▲ ⑩カービングパス

 昇級緒戦で、しかも休養明けの2戦目だった赤松賞3着は1番人気で敗れたものの、直線の伸びには見所は十分にあった。今回は叩き2走目の上積みもあるし、柴山騎手も藤沢和厩舎の馬で結果を出そうと力は入っているはず。


△ ⑫ギンザヴィクトリア

 昇級後は冴えませんが、未勝利勝ちした3走前のレース内容から、ここなら力は通用してもいい。連続開催の中山芝コースで巻き返しを期待してみる。


△ ②コートシャルマン

 距離適性が微妙も、今回はロスなく立ち回ることができそうなの内目の枠で、もう少しやれそう。鞍上のデムーロ騎手の腕に期待。


△ ⑥オーミアリス

 前走は休養明け、12⇒1600mへの距離延長でしたが、直線勝負でジリジリと伸びていたレース内容は悪くないはず。レース中に落鉄もしており、今回は前進必至でしょう。
スポンサーサイト
中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・ローデッド
8枠⑮番ローデッド 牝3歳 54戸崎
父      ディープインパクト
母      ホッコーオウカ
母の父   リンドシェーバー
馬主     HimRockRacing
生産牧場  浦河町・鮫川啓一
調教師    栗東・荒川厩舎

【戦績】
2014.12.13 中京 2歳未勝利 芝2000 良 16頭 4人 1着
(競争指数) 148α  距離延長18⇒2000m・直線坂及び左回り(中京芝コース)初

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 13.1 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.9 - 12.9

(メモ) 中1週 450㌔(-6㌔)メンコ 出遅れ(1) 道中は離れた2番手を追走 4角手前から徐々に動く 直線もしっかり伸びてゴール前捉える

(川島信騎手) 切れるタイプではないので、前で運んだが、渋太さを生かせた。


2014.11.30 京都 2歳未勝利 芝1800 稍重 17頭 4人 7着
(競争指数) 30 2戦目・距離延長16⇒1800m

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.9 - 11.4 - 12.5 - 13.3 - 13.1 - 12.1 - 11.9 - 11.7 - 11.8

(メモ) スタートひと息(1) 直線は追われてジリジリ

(内田博騎手) 2走目で力んで走っていた。ジリジリとは伸びており、スタートが上達すれば変わり身はありそう。


2014.11.16 京都 2歳新馬 芝1600 良 15頭 1人 6着
(競争指数) 90

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.9 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 11.5

(メモ) 460㌔仕上る スタート遅い(1) 直線半ばで前の集団に追いつくもゴール前は伸び負け

(蛯名騎手) フットワークはいいが、周囲に気遣ってビクビクして、手応えが良くなったり、悪くなったりだった。


【碧音の一言】
 ・関東圏(中山芝コース)初遠征
 ・距離短縮20⇒1600m
 ・昇級緒戦





中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・アドマイヤピンク
7枠⑬番アドマイヤピンク 牝3歳 54丸山
父      キングカメハメハ
母      ストゥデンテッサ
母の父   High Yield
馬主     近藤利一
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・戸田厩舎

【戦績】
2014.12.21 中山 ひいらぎ賞 芝1600 稍重 14頭 12人 2着
(競争指数) 225  右回り(中山芝コース)初

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 10.9 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.2

(メモ) 452㌔(+2㌔)Sロール
 
(丸山騎手) もう少し前での競馬を考えていたが、ペースが速いので後ろからになったので、この馬のリズムで運んだ。距離はもう少しあった方がいいかもしれない。


2014.11.23 東京 赤松賞 芝1600 良 11頭 5人 9着
(競争指数) 54  昇級2戦目・直線坂(東京芝コース)初

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 好位勢が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.3

(メモ) 450㌔(±0㌔)Sロール 道中は後方を追走 3角付近から追い上げる 直線の伸び案外


2014.09.28 新潟 芙蓉S 芝1800 良 8頭 3人 4着
(競争指数) 77  昇級緒戦

(馬場状態) 中間芝刈り実施 やや速い時計の出る馬場 差しが決まる状態

(ラップ) 13.9 - 12.8 - 12.9 - 14.0 - 13.8 - 13.2 - 11.0 - 10.1 - 11.1

(メモ) 450㌔(±0㌔)Sロール 道中は落ち着いた流れに持ち込んで逃げる 直線は外へ行きたがる

(川田騎手) 誰も行ってくれない流れの中での競馬になってしまった。


2014.09.07 新潟 2歳未勝利 芝1800 良 18頭 2人 1着
(競争指数) 120α  2戦目・距離延長14⇒1800m

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 雨の影響が残る

(ラップ) 12.7 - 11.1 - 11.3 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.2 - 11.2 - 12.3

(メモ) 450㌔(-4㌔)Sロール スタートひと息(1) 道中は後方で気合いを入れながらの追走 直線で外へ出され鋭く伸びゴール前差し切る

(岩田騎手) 距離延長でレースがしやすかった。最後はジリジリと脚を使ってくれた。


2014.08.03 新潟 2歳新馬 芝1400 良 18頭 4人 7着
(競争指数) 10

(馬場状態) 開幕週 中間にエアリングとシャタリング実施 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 12.1 - 11.8 - 12.3 - 11.8 - 11.8

(メモ) 454㌔Sロール 道中は後方の内目を追走 直線は外へ出され差を詰める

(岩田騎手) 前半は戸惑いながら走っていて直線半ばになってエンジンがかかり伸びてくれた。


【碧音の一言】
 ・前走、展開に恵まれた感も初めての右回り(中山芝コース)と馬場渋化で指数一変

中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・ギンザヴィクトリア
6枠⑫番ギンザヴィクトリア 牝3歳 54勝浦
父      ゼンノロブロイ
母      タイムフェアレディ
母の父   メジロマックイーン
馬主     有馬博文
生産牧場  新冠町・新冠橋本牧場
調教師    美浦・水野厩舎

【戦績】
2014.11.23 東京 赤松賞 芝1600 良 11頭 9人 6着
(競争指数) 95  昇級2戦目

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 好位勢が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.3

(メモ) 出遅れ(1)


2014.11.09 東京 百日草特別 芝2000 良 10頭 8人 7着
(競争指数) 72  昇級緒戦

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団・後方からの差しも届く状態

(ラップ) 12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.6 - 11.9 - 11.0 - 11.8

(蛯名騎手) 時計は速かったが、この馬なりに頑張った。まだテンションが高く、カッカして余計なところに力を使っている。


2014.09.27 新潟 2歳未勝利 芝2000 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 168α 距離延長16⇒2000m

(馬場状態) 中間芝刈り実施 やや速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 13.3 - 13.6 - 12.5 - 12.6 - 12.5 - 11.8 - 11.5 - 12.1

(メモ) 430㌔(+2㌔)気配◎ 道中は好位を追走 直線は最後までノーステッキで押し切る

(戸崎騎手) 道中は遊び遊び走っているくらいだった。最後は反応を確かめる程度で楽に勝てた。雰囲気が良くて、これからが楽しみ。


2014.09.06 新潟 2歳未勝利 芝1600 良 18頭 2人 2着
(競争指数) 145

(馬場状態) 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 10.7 - 11.8 - 12.5 - 12.6 - 11.9 - 10.8 - 11.9

(メモ) 出遅れ(1) 道中は中団馬込みの中で行きたがるのをなだめながらの追走 直線はなかなかの伸び見せる

(杉原騎手) 中団でジックリ脚をタメて、直線では前が開いたところを反応良く伸びてくれた。


2014.08.23 新潟 2歳未勝利 芝1800 良 18頭 9人 2着
(競争指数) 130 2戦目・距離延長16⇒1800m

(馬場状態) 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 10.9 - 11.4 - 11.6 - 12.8 - 12.8 - 12.3 - 11.0 - 12.6

(メモ) 道中は先団の内々で折り合って追走 直線も内目から伸びて一旦先頭もゴール寸前で差される

(杉原騎手) テンション高めだが、レース運びは上手だった。直線では狭いところから出てくれた。


2014.08.03 新潟 2歳新馬 芝1600 良 18頭 11人 10着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 中間にエアリングとシャタリング実施 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 13.0 - 11.9 - 12.9 - 13.0 - 12.7 - 11.5 - 10.5 - 11.8

(メモ) 434㌔仕上る 出遅れ(1) 道中は後方で折り合いに専念されて追走 直線は馬群を捌いて伸びる


【碧音の一言】
 ・右回り(中山芝コース)未経験
 ・テンション高い、出遅れ癖あり 


中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・カービングパス
5枠⑩番カービングパス 牝3歳 54柴山
父      ハービンジャー
母      ハッピーパス
母の父   サンデーサイレンス
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・藤沢和厩舎

【戦績】
2014.11.23 東京 赤松賞 芝1600 良 11頭 1人 3着
(競争指数) 158 昇級緒戦・休養明け・左回り(東京芝コース)初

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 好位勢が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.3

(メモ) 3ヶ月半休養 464㌔(+8㌔) 道中は中団を追走 直線で外目へ出されいい脚を使うもゴール前伸び切れず

(津曲調教助手) 追ってからの反応は鈍かったが、崩れることなく走ってくれた。


2014.08.10 札幌 2歳新馬 芝1500 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 100α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 6.8 - 12.2 - 12.4 - 12.8 - 12.7 - 11.8 - 11.5 - 11.6

(メモ) 札幌滞在 456㌔仕上り◎

(柴山騎手) ペースが落ち着いたので3角から早目に動いていった。エンジンがかかるのに時間がかかった分、慌てたが、かかってからはまったく違う脚になった。


【碧音の一言】
 ・休養明け2戦目
 ・昇級2戦目
 ・フルゲート(16頭)未経験
 


中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・マラケシュ
4枠⑧番マラケシュ 牝3歳 54ブノワ
父      ヴァーミリアン
母      ボンジュールカレン
母の父   ゴールドアリュール
馬主     片山博志
生産牧場  新冠町・村上牧場
調教師    美浦・佐藤吉厩舎

【戦績】
2014.11.23 東京 赤松賞 芝1600 良 11頭 7人 11着
(競争指数) 18 昇級緒戦

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 好位勢が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.3

(メモ) 道中は中団でフワフワしながらの追走 直線半ばで置かれる


2014.10.25 東京 2歳新馬 芝1600 良 18頭 10人 1着
(競争指数) 140

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.0 - 11.6 - 11.7 - 12.1 - 11.9 - 12.0 - 12.6

(メモ) 道中は落ち着いて逃げる 直線最後は苦しくなり一杯一杯に押し切る

(横山典騎手) スタートは普通だったが、押して前に行った。道中は馬の気に任せて逃げた。最後は脚が上がったが、他馬もゴチャついてスムーズではなかった。


【碧音の一言】
 ・過去に逃げ切りの経験あり
 ・昇級2戦目
 ・右回り(中山芝コース)未経験

中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・オーミアリス
3枠⑥番オーミアリス 牝3歳 55北村友
父      ホワイトマズル
母      ポットアカデミー
母の父   ロイヤルアカデミーⅡ
馬主     岩崎僖澄
生産牧場  新冠町・松木加代
調教師    栗東・藤沢則厩舎

【戦績】
2014.12.14 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)  芝1600 良 18頭 8人 9着
(競争指数) 85 休養明け・距離延長12⇒1600m・直線の坂コース(阪神芝コース)初

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.4 - 11.5 - 12.3

(メモ) 3ヶ月休養 444㌔(+4㌔)仕上る・リングハミ 出遅れ(1) 向正面で寄られる不利 直線勝負からジリジリ差を詰める

(国分優騎手) 向正面で不利を受けたし、右トモを落鉄していたせいか、直線で追ってからの反応が悪かった。緩めの馬場だった影響があったかもしれない。


2014.09.07 小倉 小倉2歳S(GⅢ) 芝1200 良 18頭 15人 1着
(競争指数) 164α 昇級緒戦

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.3 - 10.8 - 11.4 - 11.6 - 12.4

(メモ) 440㌔(-2㌔)リングハミ 出遅れ(1) 勝負どころ外目から追い上げ開始 直線向いて大外へ出され残り1ハロンからしっかり伸びて差し切る

(片山調教助手) スタートの後手がどうかと思ったが、展開の助けもあって、ラストは息の長い末脚で盛り返してくれた。どんな形でも競馬ができることを証明する収穫あるレースだった。


2014.08.02 小倉 2歳新馬 芝1200 良 16頭 4人 1着
(競争指数) 105α

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 11.8 - 12.0

(メモ) 442㌔仕上る ジワッと3番手へ コーナーで外へ逃げる 直線態勢を整えて追い出され残り100mから渋太く伸びる

(北村友騎手) 3~4角で外へ張ってロスがあった。直線では手前を替えてから伸びてくれた。


【碧音の一言】
 ・関東圏(中山芝コース)初遠征
 ・休養明け2戦目
 ・斤量55㌔
 ・前走は、休養明けと右トモの落鉄あり参考外で、見直しの余地はあり


中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・コートシャルマン
1枠②番コートシャルマン 牝3歳 54Cデムーロ
父      ハーツクライ
母      コートアウト
母の父   Smart Strike
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・松永幹厩舎

【戦績】
2014.12.14 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 3人 10着
(競争指数) 55 休養明け・昇級緒戦・14⇒1600m距離延長

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.4 - 11.5 - 12.3

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 446㌔(-2㌔)仕上る 道中は好位直後を少し抑えるくらいで手応え良く追走 4角で気合いつけるも反応なし 直線1ハロン標手前で失速

(松永幹調教師) 多少は行きたがっていたし、もう少しタメた方が良かったかもしれない。


2014.10.12 京都 りんどう賞 芝1400 良 10頭 1人 1着
(競争指数) 144α 休養明け・昇級緒戦・右回り(京都コース)初

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.2 - 10.8 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.9

(メモ) 3ヶ月休養 448㌔(+14㌔)仕上る 出遅れ(1) 直線向いて外へ出されしっかり伸びて押し切る

(松永幹調教師) 出遅れたが、直線だけで差し切ってくれた。目方が増えて体も順調に成長している。


2014.07.06 中京 2歳新馬 芝1400 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 135α

(馬場状態) 開幕週 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.0 - 11.6 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 12.7

(メモ) 434㌔仕上る・トモ高い 好スタートから控えて後方へ 直線で一番外へ出され最後はシャープに伸びてゴール寸前で差し切る

(福永騎手) まだ素質だけで走っているし、体が整ってくるといい。これからが楽しみ。


【碧音の一言】
 ・関東圏(中山芝コース)初遠征
 ・距離延長14⇒1600mだった前走で指数大きくDown
 ・休養明け2戦目の上積み期待


中山11R フェアリーS(GⅢ)  注目馬・テンダリーヴォイス
1枠①番テンダリーヴォイス 牝3歳 54北村宏
父      ディープインパクト
母      ミスアンコール
母の父   キングカメハメハ
馬主     金子真人ホールディングス(株)
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・萩原厩舎

【戦績】
2014.11.23 東京 赤松賞 芝1600 良 11頭 3人 2着
(競争指数) 144 

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 好位勢が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 11.7 - 11.2 - 11.3

(メモ) 422㌔(+2㌔)右チークP 道中は好位内ラチ沿いを追走 直線向いて逃げ馬の外側へ出され残り1ハロン付近で先頭に立つもゴール前差される

(北村宏騎手) スタートをうまく出てくれて、ちょうどポケットの位置をリズム良く走れた。直線は追い出しを我慢してから追ったが、勝ち馬にはそれ以上の脚を使われた。


2014.11.01 東京 アルテミスS(GⅢ) 芝1600 稍重 18頭 8人 10着
(競争指数) 70 大外枠

(馬場状態) 雨の影響を受ける 速い時計の出る馬場 外差しが届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 12.2 - 11.7 - 11.2 - 11.7

(メモ) 短期放牧 420㌔(-2㌔)仕上る

(北村宏騎手) 少し気持ちが入り過ぎていたが、何とか我慢が利いた。最後は内へモタれ始めてから伸びを欠いた。


2014.09.13 新潟 アスター賞 芝1600 良 13頭 1人 2着
(競争指数) 115 休養明け・昇級緒戦

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 12.1 - 13.2 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 12.5

(メモ) 3ヶ月休養 422㌔(+8㌔) 道中は後方の内目を追走 直線で内からスルスル抜け出し早目先頭も最後は勝ち馬に競り負ける

(北村宏騎手) スタートで隣の馬が暴れて驚いていた。他馬が外への動きを見せていたので、内へ入れて脚を温存した。直線では一旦前に出たが、追い出すとつんのめっていた。


2014.06.22 東京 2歳新馬 芝1600 稍重 16頭 1人 1着
(競争指数) 120α

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 12.0 - 12.5 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.4 - 11.9

(メモ) 414㌔仕上る 道中は中団馬群を追走 直線で先団の外へ出され外へ切れ込みながら差し切る

(北村宏騎手) 重い馬場でもついていけたし、最後はしっかり伸びてくれた。

【碧音の一言】
 ・右回り(中山芝コース)未経験
 ・案外、直線が短い中山コースに替わるのは良さそう

京都11R 京都金杯(GⅢ) 予想
京都11R 第53回 京都金杯(GⅢ・4歳以上OP・ハンデ) 芝外回り1600m

【注目馬】
1枠②番マイネルメリエンダ 牡4歳 54丹内
{前走内容}
2014.11.30 東京 キャピタルS 芝1600 良 16頭 8人 5着
(競争指数) 50

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.3 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.1 - 12.1

(メモ) 468㌔(±0㌔)馬場先出し

(和田朗調教師) 馬の後ろで上手に折り合って走れたが、最後は内の馬場の悪いところを通らされた分応えた。レース前から落ち着き出てきたし、折り合いにも進境が見られ、心身ともに成長が窺える。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3枠⑤番シェルビー 牡6歳 56武豊
{前走内容}
2014.11.30 東京 キャピタルS 芝1600 良 16頭 5人 1着
(競争指数) 145α

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.3 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.1 - 12.1

(笹田調教師) 直線で少し窮屈になったが、折り合いもついて終いはいい脚を使ってくれた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

4枠⑦番フルーキー 牡5歳 56岩田
{前走内容}
2014.12.13 阪神 チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 12頭 2人 2着
(競争指数) 131

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.9

(メモ) 短期放牧(ノーザンファーム天栄) 478㌔(-2㌔)仕上り◎ 道中は中団を追走 3ハロン標から促され前へ接近 直線は馬場の中ほどから追われて反応鈍い

(高田調教助手) 1600万下を勝ったばかりでの重賞。自分から動いていって、内容はあったはず。


【予想】

◎ ⑤シェルビー
 昇級後2戦目の休養明け2戦目で変わり身見せた前走のキャピタルS。その前走から斤量56㌔は据え置きになりますし、関西圏でのレースでは大きく崩れたことが無い点に注目して、ちょっと捻って本命にします。

○ ⑦フルーキー
 2連勝で臨んだ前走のチャレンジC(GⅢ)2着は、昇級初戦でも即通用の能力の高さは示してくれた。ちょっと勝ち切れなかったことは陣営としては誤算だったと思いますが、春を見据えてもGⅢで立ち止まることはゆるされないはず。

▲ ②マイネルメリエンダ
 上位2頭の印が人気馬でしたので、この辺に穴馬を入れておきます。しかし無理に狙ったわけではなく、昇級緒戦だったキャピタルS5着でOPでも即メドの立つ内容だった点を評価しました。割と人気薄で善戦している点に魅力あり。

△ ①エキストラエンド
 昨年のこのレースの覇者。マイルCS(GⅠ)5着からのローテで反動が気になるも、目一杯のレースにはなっていなかったので調子落ちはないはず。

△ ⑧グランデッツァ
 京都芝外回りコースで最も力を発揮するタイプのようです。が、この馬もマイルCS(GⅠ)からのローテになりますが、この馬の場合は、そのレースで昨年のベストパフォーマンスになっており、若干反動が気にはなるところ。

△ ⑱ミッキーラブソング
 いやぁ痛恨の大外枠になってしまいました。余力十分の1000万下・1600万下を連勝で勢いに注目していましたが、やはり大外枠では重い印は打ち切れませんでした。

注 ⑫レッドデイヴィス
 馬券を買う買わないを別にして注目です。脚部不安で長期休養明けを一度叩かれて、順調に駒を進めてきた経緯を評価します。ここで馬券圏内に入ってきても驚けない存在です。




中山11R 中山金杯(GⅢ) 予想
中山11R 第64回 中山金杯(GⅢ・4歳以上OP・ハンデ) 芝2000m

【注目馬】
1枠①番マイネルミラノ 牡5歳 55柴田大
{前走内容}
2014.12.14 中山 美浦S 芝1800 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 88

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.4 - 11.2 - 11.8 - 11.6 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 12.7

(メモ) 放牧 5ヶ月休養 484㌔(+14㌔)仕上り◎ 道中は単騎で後続を引き離して逃げる 直線そのまま押し切る

(相沢調教師) いくらか太目が残っていたし、道中も力んで走っていたことを考えれば強い競馬。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3枠⑤番デウスウルト 騸7歳 55川田
{前走内容}
2014.12.13 阪神 チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 12頭 9人 2着
(競争指数) 113

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.9

(メモ) 2ヶ月休養 470㌔(-2㌔)仕上り◎ 道中は後方で折り合い重視の追走 直線も内へ突っ込んで残り100mで一旦先頭の場面あり

(川田騎手) 直線はよく伸びており、いい内容だった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

7枠⑭番ラブイズブーシェ 牡6歳 57.5古川吉
{前走内容}
2014.11.02 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 18頭 16人 4着
(競争指数) 157

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場 外差しも届く状態
 
(ラップ) 12.9 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.3 - 11.9

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 452㌔(-2㌔) 道中は先団直後の馬込みの中を追走 直線はスムーズに捌いて一瞬は伸びそうな場面あり

(古川吉騎手) スタート良く、好位置が取れた。力をつけている。


【予想】

◎ ⑤デウスウルト
 大原Sを勝利して臨んだ前走のチャレンジC(GⅢ)2着は、昇級緒戦でいきなりの好走で、レースでは後方で折り合って直線で一旦先頭の場面を作り上々の内容。クラス2戦目の慣れが見込めますし、ハンデも55㌔は他馬の実績馬との比較から有利でしょう。

○ ⑭ラブイズブーシェ
 前走の天皇賞(秋)(GⅠ)4着での競争指数157は、昨年のベストパフォーマンス。夏場を休みなく使われて、GⅠでピークを向かえての好走で反動が気になるところも、その後にひと息入れたことが吉と出るはず。今回は休養明けの割り引きはあっても、この馬の地力に期待をしたい。

▲ ①マイネルミラノ
 1000万下・1600万下特別を力の違いで余力十分の2連勝と力をつきてきた。有り余る持ち前のスピードを、道中でタメを作るレース運びで終いにそれを生かすという味な競馬ができるタイプのよう。今回は行きたい馬が多数おり、最内枠からうまく持ち味を生かせるはず。

△ ⑦メイショウナルト
 逃げてこそ持ち味が生きるタイプで、今回は自身より内側の枠に、出鼻を打ってきそうなタイプはいなさそうですから、行き切れそうな感じがします。この馬が行ってしまえば、意外とペースが落ち着くかもしれません。

△ ③ナカヤマナイト
 中山のGⅡで2勝している馬がスランプに陥っていますが、前走の福島記念(GⅢ)5着のレース内容から、大分復調気配が窺えます。ソロソロ今回あたりは馬券圏内へと期待ができそうです。

△ ⑨ユールシンギング
 久しぶりの右回りへの適性がどうかな?も、セントライト記念(GⅡ)の勝ち馬ですから問題は無いはず。今回はリフレッシュ放牧からひと叩きされた上積みが期待できますし、北村宏騎手の立ち回りの巧みさに期待です。あとはスタートだけは気をつけてほしいところ。



中山10R ジュニアカップ 予想
中山10R ジュニアカップ(3歳OP) 芝1600m

【注目馬】
6枠⑥番マリオーロ 牡3歳 56田辺
父      ダイワメジャー
母      アイアムラヴィング
母の父   ファルブラヴ
馬主     菊地剛
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・斎藤誠厩舎

{前走内容}
2014.12.21 中山 ひいらぎ賞 芝1600 稍重 14頭 5人 4着
(競争指数) 160

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 10.9 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.2

(斎藤誠調教師) 直線で包まれて惜しい競馬。腹廻りがボテッとしていて、気性も体つきもまだまだ子供だが、最後の脚は光った。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

5枠⑤番ラミーロ 牡3歳 56丸田
父      アサクサデンエン
母      アラハ
母の父   アドマイヤベガ
馬主     門野重雄
生産牧場  新ひだか町・原口牧場
調教師    美浦・和田雄厩舎

{前走内容}
2014.12.21 中山 ひいらぎ賞 芝1600 稍重 14頭 14人 9着
(競争指数) 65

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 10.9 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.2

(メモ) 3ヶ月半休養 452㌔(±0㌔)


【予想】

◎ ⑥マリオーロ
 前走のひいらぎ賞4着は、昇級緒戦・14⇒1600m距離延長・初コースの初右回り等々の条件でも内容が良くて、素質の高さを見せてくれている。今回は昇級馬5頭との力の比較は難しいが、キャリアの差で上位とみました。

○ ⑤ラミーロ
 6月の新馬戦でデビュー勝ちしてから冴えないレースが続くも、前走は立て直した効果が窺える内容だった。人気が無く、狙うなら今回かも。

△ ⑧ヤングマンパワー
 前走、初戦勝ちした時の競争指数190αで完成度は高そう。余力も残っていそうなので、同じ昇級緒戦組からは一番手に取り上げたい。

△ ③ナイトフォックス
 前走で未勝利勝ちしての昇級緒戦で1番人気は、ちょっと過剰人気かと思われ印を下げた。でも未勝利3戦を多頭数で揉まれた経験が生きる可能性はありそう。

△ ⑦マイネルグルマン
 ちょっと上積みは期待しにくいが、この時期のラフィアン系は軽視しにくい。





京都9R 福寿草特別 予想
京都9R 福寿草特別(3歳500万下) 芝2000m

【注目馬】
5枠⑤番グリュイエール 牡3歳 56岩田
父      ディープインパクト
母      ウィンターコスモス
母の父   キングカメハメハ
馬主     金子真人ホールディングス(株)
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・藤原英厩舎

{前走内容}
2014.11.24 東京 東スポ杯2歳S(GⅢ) 芝1800 良 13頭 3人 9着
(競争指数) 109

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.1 - 11.6 - 12.4 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.0 - 11.6

(メモ) 道中は好位を追走 直線は前が壁でなかなか追えず

(岩田騎手) 内枠で前半から位置を取りに行った分、燃えてしまった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

6枠⑥番バイガエシ 牡3歳 56藤岡祐
父      ジャングルポケット
母      ナイストップクイン
母の父   ダンスインザダーク
馬主     菅藤宗一
生産牧場  浦河町・野表俊一
調教師    栗東・作田厩舎

{前走内容}
2014.12.06 中山 葉牡丹賞 芝2000 良 10頭 4人 3着
(競争指数) 148

(馬場状態) 開幕週 路盤改修及び芝の張り替え実施 速い時計の出る馬場 外を通る馬が届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 12.2 - 12.3 - 12.5 - 11.9 - 11.8 - 12.1 - 11.9 - 12.3

(メモ) 4ヶ月休養 508㌔(+24㌔) 道中は好位インを追走 直線向いてスムーズに外へ出され食い下がる

(藤岡祐騎手) 思ったより器用な競馬ができた。馬体は大きく増えていたが、ほとんどが成長分。瞬発力がひと息で直線向いて離されたが、最後はよく差を詰めている。


【予想】

◎ ⑤グリュイエール
 前走の東スポ杯2歳S(GⅢ)9着は、初の左回りと関東圏遠征等で慣れという点で見劣った印象も、昇級戦でも内容的には悪くなかった。自己条件なら巻き返す。

○ ⑥バイガエシ
 前走の葉牡丹賞3着は、4ヶ月ぶりの実戦で馬体も24㌔増だった。使って良くなるタイプで、ここは順当に好勝負になるはず。

△ ①グランアルマダ
 今回は休養明けを一度叩かれた上積みに期待するのと、京都コースの開幕週で①番枠を警戒するのと、バルジュー騎手の手綱捌きを期待。

△ ②アドマイヤガスト
 休養明けの割り引きはあっても、少頭数のレースでのアドマイヤ系の馬は要注意。

△ ④レントラー
 まだまだ伸びしろがありそうで、ひょっとすると仕上り次第では大逆転の可能性もありそう。




中山4R 3歳500万下 予想
中山4R 3歳500万下 ダート1200m

【注目馬】
5枠⑤番サンクタリリアス 牝3歳 54津村
父      スウェプトオーヴァーボード
母      シルクアンフィニ
母の父   ブライアンズタイム
馬主     (有)ミルファーム
生産牧場  新冠町・ラツキー牧場
調教師    美浦・田中清厩舎

{前走内容}
2014.12.27 中山 2歳500万下 ダ1200 良 13頭 7人 5着
(競争指数) 135

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.0 - 10.7 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 13.3

(メモ) 2ヶ月休養 468㌔(+12㌔)

(柴山騎手) 休ませて体が増えていたのはいい傾向。落ち着きが出てくるといい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

8枠⑩番トウショウカウント 牡3歳 56内田博
父      サウスヴィグラス
母      バーニントウショウ
母の父   バブルガムフェロー
馬主     トウショウ産業(株)
生産牧場  トウショウ産業(株)トウショウ牧場
調教師    美浦・萱野厩舎

{前走内容}
2014.11.24 東京 2歳未勝利 ダ1300 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 128α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 中団からの差しも決まる状態

(ラップ) 7.1 - 11.2 - 11.7 - 12.8 - 12.6 - 11.8 - 12.7

(メモ) 道中は外からマークされ息の入らない逃げ 直線は追い出しを我慢され突き放して押し切る

(戸崎騎手) 中間にゲート練習を積んだことで、落ち着きがあった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1枠①番ノーモアベット 牡3歳 56戸崎
父      スウェプトオーヴァーボード
母      プティパ
母の父   ブライアンズタイム
馬主     高瀬真尚
生産牧場  日高町・本間牧場
調教師    美浦・田島俊厩舎

{前走内容}
2014.12.14 中山 2歳未勝利 ダ1200 良 16頭 4人 1着
(競争指数) 124α

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場 中団・後方からの差しも届く状態

(ラップ) 11.8 - 10.6 - 11.4 - 12.3 - 13.1 - 13.7

(戸崎騎手) 展開も向いたが、いい感じでしっかり伸びてくれた。初ダートも良かった。


【予想】

◎ ⑤サンクタリリアス
 前走は2ヶ月休養の昇級緒戦で、即クラスに通用のメドを立てたレース内容を評価。

○ ⑩トウショウカウント
 前走はマークされながらの逃げにもかかわらず余力十分に押し切った内容は高く評価できる。昇級初戦でも上積みは期待できる。

▲ ①ノーモアベット
 前走は初ダートで変わり身見せた。今回は引き続き戸崎騎手が騎乗で、まだ上積みが望めそう。

△ ⑦ケモノタイプ
 前走の黒松賞10着から、ダートに戻され巻き返し期待。

△ ⑧クリノダイスーシー
 菱田騎手⇒Cデムーロ騎手への乗り替わりで注目。

△ ⑨ファイアリシンゾウ
 前走からの上積みは疑問も、力は500万下でも即通用の勝ちっぷりだった。








第53回 京都金杯(GⅢ)  ミッキーラブソング
ミッキーラブソング 牡4歳 53小牧太
父      キングカメハメハ
母      コイウタ
母の父   フジキセキ
馬主     野田みづき
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・橋口厩舎

【近走戦績】
2014.12.13 阪神 六甲アイランドS 芝1400 良 15頭 3人 1着
(競争指数) 92α  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.0 - 10.7 - 11.1 - 11.2 - 11.4 - 11.8 - 12.8

(メモ) 道中は中団を追走 直線で中ほどへ出され残り300mから開いたスペースを突いて一気に伸びる

(小牧太騎手) 昇級戦で、前半は流れに少し戸惑ったが、途中からリズム良く行けた。前が残る展開で、ラストはよく伸びてくれた。


2014.11.02 京都 3歳上1000万下 芝1600 良 8頭 2人 1着
(競争指数) 38α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.8 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 11.4 - 11.0 - 11.2

(メモ) 道中はポツンと2番手を追走 直線ゴール前で交わす

(小牧太騎手) スタート良く、道中は好位置で楽に運べた分、最後は辛抱してくれた。


2014.10.14 京都 久多特別 芝1400 良 16頭 4人 5着
(競争指数) 55

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.4 - 11.2 - 11.5

(メモ) 2ヶ月半休養 458㌔(+2㌔)

(小牧太騎手) 直線で前が開いていたが、スッとした脚がなく、ジワジワ狭くなったのが痛かった。


2014.07.26 中京 知多特別 芝1400 良 12頭 5人 4着
(競争指数) 41

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.3 - 11.4 - 11.8 - 11.4 - 11.4 - 12.7

(小牧太騎手) 直線で前に入られる不利があったが、そこから立て直して脚を使ってくれた。


2014.06.15 阪神 3歳上500万下 芝1400 良 18頭 3人 1着
(競争指数) 75α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.3 - 10.8 - 11.5 - 11.8 - 11.9 - 12.2

(メモ) 道中は中団を追走 4角で少し外へ張られる 直線ひと追い毎に伸びてゴール寸前で差し切る

(小牧太騎手) 前が結構流れてくれて、うまく差し届いた。


【碧音の一言】
 2走続けて指数にα付きの勝利でOP入り。勢いは十分ですし、昇級緒戦でハンデにも魅力があります。未知の魅力で狙ってみたい1頭です。
第53回 京都金杯(GⅢ)  マイネルメリエンダ
マイネルメリエンダ 牡4歳 54丹内
父      チーフベアハート
母      ホッカイショコラ
母の父   スペシャルウィーク
馬主     (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場  平取町・高橋幸男
調教師    美浦・和田朗厩舎

【近走戦績】
2014.11.30 東京 キャピタルS 芝1600 良 16頭 8人 5着
(競争指数) 50

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.3 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.1 - 12.1

(メモ) 468㌔(±0㌔)馬場先出し

(和田朗調教師) 馬の後ろで上手に折り合って走れたが、最後は内の馬場の悪いところを通らされた分応えた。レース前から落ち着き出てきたし、折り合いにも進境が見られ、心身ともに成長が窺える。


2014.10.04 新潟 秋風S 芝1600 稍重 18頭 1人 1着
(競争指数) 115

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 中団からの差しが決まる状態

(ラップ) 12.4 - 11.1 - 11.5 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 11.1 - 12.1

(柴田大騎手) イレ込みとかがなくなり精神的に成長している。体もしっかりして、安定して力を出せるようになっている。自分のリズムで競馬をして、長く脚を使えるという持ち味を生かす競馬をした。


2014.09.06 新潟 長岡S 芝1600 良 17頭 9人 2着
(競争指数) 127  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 10.6 - 11.5 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 10.7 - 12.0

(メモ) 464㌔(±0㌔)馬場先出し 道中は4番手で折り合って追走 直線息の長い脚で先頭に立つも最後に交わされる

(和田朗調教師) 早目に押し出されて先頭に立つ形になりながら、よく踏ん張ってくれた。


2014.07.27 札幌 羊ヶ丘特別 芝1500 稍重 13頭 3人 1着
(競争指数) 45

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 6.7 - 11.3 - 11.5 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 12.3 - 12.5

(メモ) 3ヶ月半休養 札幌滞在 464㌔(+12㌔)仕上る 道中は2番手を手応え良く追走 直線追われてしっかり反応しアッサリ抜け出して押し切る

(和田朗調教師) 休ませて馬体が成長して、折り合い面にも進境を見せてくれた。


2014.04.06 中山 3歳500万下 芝1600 稍重 14頭 1人 1着
(競争指数) 42

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.5 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.9

(メモ) 道中は単騎で逃げる 直線何とか押し切る

(柴田大騎手) スタートが良かったのでハナへ行った。道中は少し後続に突つかれた分少しハミを取っていたが、自分のタイミングで追い出すことができた。


2014.03.08 中山 黄梅賞 芝1600 良 9頭 2人 2着
(競争指数) 13

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.6 - 12.5 - 12.8 - 12.6 - 12.3 - 11.3 - 11.5

(メモ) 道中は2番手で行きたがるのをなだめつつ追走 直線ゴール前で猛追

(柴田大騎手) 器用に立ち回れないような面があるが、頑張って走ってくれた。


2014.01.26 中山 若竹賞 芝1800 良 14頭 3人 4着
(競争指数)  

(馬場状態) 2度の向かい風の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 13.5 - 12.5 - 13.1 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.9

(メモ) 道中は好位を追走 4角付近で手応えひと息 直線でひと伸びして一旦は2番手に浮上の場面あり

(柴田大騎手) 行かないで欲しいとの指示で、控える競馬をしたが、ペースが凄く遅くて、前半にかなり力んでしまった。


2014.01.05 中山 ジュニアC 芝1600 良 13頭 5人 2着
(競争指数) 22

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 11.4 - 11.2

(メモ) 466㌔(+8㌔)馬場先出し

(丹内騎手) リラックスして走ってくれた。道中も楽に運べたし、最後まで止まらなかった。


【碧音の一言】
 夏場にグングンと力をつけて500万下からOP入り。徐々に指数が下降している点は気にはなるが、余力が残っていれば、この時期のラフィアン系は侮れないから注意したい。


第53回 京都金杯(GⅢ) ブレイズアトレイル
ブレイズアトレイル 牡6歳 55藤岡康
父      ダイワメジャー
母      ラフィントレイル
母の父   エルコンドルパサー
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・藤岡健厩舎

放牧 2ヶ月半休養

【近走戦績】
2014.10.25 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 10人 13着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.7

(メモ) 短期放牧 490㌔(-10㌔) 出遅れ(1)

(仲田調教助手) 攻め時計は悪くなくて体調は良さそうだったが、目に見えない疲れがあったかもしれないし、10㌔減も応えたよう。


2014.09.14 新潟 京成杯オータムハンデ(GⅢ) 芝1600 良 16頭 8人 2着
(競争指数) 145  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 馬場の内がかなり傷んだ状態

(ラップ) 12.8 - 10.9 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.1 - 10.7 - 11.6

(メモ) 道中は後方を追走 直線は少し外目へ出され間を割ってグイグイ伸びる

(藤岡健調教師) 雨の影響が残る馬場でも、速い上がりを使って惜しい競馬。デキの良さが実戦に表れたし、使う毎に力もつけている。


2014.08.17 新潟 関屋記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 10人 5着
(競争指数) 90

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 10.8 - 12.1

(メモ) 道中は中団を追走 直線は内目を突いてジワジワと脚を使う

(仲田調教助手) 内目で我慢する競馬ができたが、最後で馬場が応えた感じ。


2014.07.27 中京 中京記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 6人 4着
(競争指数) 65

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.2 - 13.1

(メモ) 短期放牧 492㌔(-8㌔)気負い加減 道中は折り合って追走 勝負どころ反応ひと息 直線は一瞬いい脚を見せる
 
(仲田調教助手) 道中はある程度、位置を取りにいきながら掛からず我慢できたし、力は出し切っているはず。最後の坂で少し脚いろが鈍ってしまった。


2014.06.22 阪神 米子S 芝1600 良 12頭 4人 2着
(競争指数) 76

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.5 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 12.4

(メモ) 2ヶ月半休養 500㌔(+10㌔)仕上る 出負け 道中は最後方で行きたがるのを何とか抑えて追走 4角手前でジワッと追い上げる 直線もしっかり伸びる

(仲田調教助手) スタートして思ったより後ろの位置取りになったが、終いはしっかり脚を使ってくれた。


2014.04.06 中山 ダービー卿チャレンジT(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 7人 7着
(競争指数) 90

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.5

(メモ) 490㌔(-8㌔)絞れる 道中は後方を追走 3分3厘外を進出 直線伸びかかったところで内から張られる不利

(藤岡康騎手) 外枠から、いつもよりゲートは出た方。道中はいい感じだったが、3~4角で張り出された時にハミを噛んでしまった。


2014.03.15 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 9人 9着
(競争指数) 45

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.0

(藤岡健調教師) 好位で運んで直線も見せ場は作ったが、最後のひと伸びを欠いた。ゲートでうるさくで出負けし、押して行くと掛かった分でしょう。3角過ぎまで力んで走っていた。


2014.02.23 小倉 小倉大賞典(GⅢ) 芝1800 良 16頭 4人 3着
(競争指数) 68

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.2 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 11.4 - 11.8

(メモ) 490㌔(-14㌔)細くない・二人引き 出遅れ(1) 道中は中団やや後ろを追走 直線は外からよく詰め寄る

(丸田騎手) スタートをモコッと出て、ペースが落ち着いたこともあって、1~2角でハミを噛んでしまった。


2014.01.05 京都 京都金杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 11人 4着
(競争指数) 85

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7

(メモ) 504㌔(-2㌔)太目感なし・イレ込む ソロッと好位へ 道中は折り合って手応え良く追走 直線向いて追い出され1ハロン標手前で先頭に立ってからもうひと伸び利かず

(藤岡康騎手) 道中はリズム良く走れたし、直線も脚を見せてくれた。


【碧音の一言】
 夏場に調子を上げて前々走の京成杯AH(GⅢ)で、ベストパフォーマンスの2着した反動か、前走の富士S(GⅢ)は13着の惨敗。 今回はひと息入るも、昨年は指数100超えが一度きりと、まだ重賞ではアテにはできず。


第53回 京都金杯(GⅢ)  フルーキー
フルーキー 牡5歳 56岩田
父      リダウツチョイス
母      サンデースマイルⅡ
母の父   サンデーサイレンス
馬主     金子真人ホールディングス(株)
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・角居厩舎

【近走戦績】
2014.12.13 阪神 チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 12頭 2人 2着
(競争指数) 131  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.9

(メモ) 短期放牧(ノーザンファーム天栄) 478㌔(-2㌔)仕上り◎ 道中は中団を追走 3ハロン標から促され前へ接近 直線は馬場の中ほどから追われて反応鈍い

(高田調教助手) 1600万下を勝ったばかりでの重賞。自分から動いていって、内容はあったはず。


2014.10.18 京都 清水S 芝1600 良 11頭 1人 1着
(競争指数) 95

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.6

(メモ) 出遅れ(1) 道中は好位でスムーズに折り合って追走 直線は手応え通りに反応してアッサリ突き抜ける

(川田騎手) スタートは速くなかったが、後ろからでは厳しい馬場と思い、少しずつ動かしながら行って、3角までにそこそこの位置に収まった。


2014.09.28 阪神 甲東特別 芝1600 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 80α

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.3 - 11.0 - 11.7 - 12.2

(メモ) 11ヶ月休養 486㌔(+8㌔)仕上る 道中は中団の後ろで折り合って追走 直線はバラけるのを待って追い出され1ハロン標過ぎアッサリ突き抜けて快勝

(浜中騎手) 疲れが長引いて復帰が延びたが、しっかり仕上げてくれた。


【碧音の一言】
 長期休養明け3戦目の前走、チャレンジC(GⅢ)で昇級緒戦をベストパフォーマンスで勝ち切れず。今回は4戦目で、陣営としてはここで何とかして、春の大一番へ迎えたいと思っているはず。


第53回 京都金杯(GⅢ)  ニシノビークイック
ニシノビークイック 牡6歳 54岩崎翼
父      デュランダル
母      ニシノビギン
母の父   パラダイスクリーク
馬主     西山茂行
生産牧場  新ひだか町・本桐牧場
調教師    栗東・河内厩舎

【近走戦績】
2014.12.07 阪神 タンザナイトS 芝1400 良 11頭 7人 2着
(競争指数) 76

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.7 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.9

(メモ) 488㌔(+6㌔)余裕 道中は3番手を手応え良く追走 4角から促され前へ取りつく 直線1ハロン標過ぎに勝ち馬に並ぶも伸び負け

(岩崎翼騎手) 出していったが、掛かることなく走ってくれた。


2014.11.16 東京 オーロカップ 芝1400 良 17頭 10人 6着
(競争指数) 115  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 10.9 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 11.8

(熊沢騎手) 直線で捌くのに手間取ってしまった。距離は1600mより1400mの方が向いているかもしれない。


2014.10.05 阪神 ポートアイランドS 芝1600 良 13頭 8人 8着
(競争指数) 22

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 好位か中団に位置する馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 10.7 - 10.9 - 11.9


2014.09.21 阪神 仲秋S 芝1400 良 12頭 5人 1着
(競争指数) 58

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団・後方からの差しが優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.3 - 11.5 - 11.7 - 12.5

(メモ) 4ヶ月休養 476㌔(-10㌔)細くない

(岩崎翼騎手) スタートから出していって、道中は好位置で運べた。調教からスムーズに手前を替える練習をして、直線ではしっかり手前を替えてくれた。


2014.05.25 東京 フリーウェイS 芝1400 良 14頭 12人 5着
(競争指数) 75

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 切れある差しが届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4

(メモ) 道中は先団直後で気合いをつけつつの追走 直線残り300mで前が開き中を割ってしっかり伸びる

(勝浦騎手) 外へ出した方がいいとのことで、直線では一瞬『オッ』と思ったが、前が止まらなかった。


2014.05.04 東京 晩春S 芝1400 良 18頭 3人 15着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 10.5 - 10.7 - 11.3 - 11.3 - 12.2 - 11.9

(メモ) 486㌔(-2㌔)気配○

(内田博騎手) 中団くらいでと思っていたが、スタートして外から寄られて、そこから内からももたれてしまい、立ち上がる場面があった。


2014.03.30 阪神 心斎橋S 芝1400 重 18頭 5人 3着
(競争指数) 85

(馬場状態) 不良馬場から重馬場へ回復 時計のかかる馬場 外差し優勢な状態

(ラップ) 11.9 - 10.6 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 13.7

(メモ) スタート直後挟まる 3~4角で促される 直線大外から際どく迫る

(岩崎翼騎手) 馬場のいいところを選んで運んだ。力のいる馬場も苦にしないし、最後もしっかり脚を使っている。


2014.03.08 阪神 武庫川S 芝1600 良 9頭 8人 6着
(競争指数) 32

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.0 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 11.5 - 10.8 - 12.0


2014.02.22 京都 斑鳩S 芝1400 良 11頭 8人 6着
(競争指数) 86

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.0 - 11.1 - 11.4 - 11.3 - 11.7 - 11.1 - 12.2

(メモ) 494㌔(+4㌔)余裕 道中は中団やや後ろで脚をタメて追走 直線追われてジリジリ

(四位騎手) 1400mなのでそこそこついていって欲しいとの指示だったし、もうひとつ前の位置で運びたかった。直線は馬場にちょっと脚を取られていた。


2014.01.19 中京 長篠S 芝1200 良 18頭 2人 7着
(競争指数) 64

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.8 - 10.5 - 11.5 - 11.5 - 11.8 - 11.7

(メモ) 490㌔(+4㌔)余裕

(丹内騎手) もうひとつ前の位置で運びたかったが、それが叶わなかった。


【碧音の一言】
 昨年10戦は、指数的にほぼこの馬なりには大きく崩れることなく走れたのは立派です。ですが、指数100超えしたのが前々走のオーロCのみで、確率的な視点から考えて重賞では厳しいのではないでしょうか。

第53回 京都金杯(GⅢ)  ダノンヨーヨー
ダノンヨーヨー 牡9歳 55浜中
父      ダンスインザダーク
母      フローラルグリーン
母の父   フォーティナイナー
馬主     (株)ダノックス
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・音無厩舎

【近走戦績】
2014.10.25 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 15人 9着
(競争指数) 35

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.7

(江田照騎手) 終いは伸びているが、閉められる形になったのが痛かった。


2014.10.12 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 15頭 13人 15着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.0 - 11.5 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 11.8

(メモ) 放牧(咽頭蓋エントラップメント) 2ヶ月半休養 498㌔(-2㌔) 出遅れ(1)

(柴田大騎手) ノドの状態は良かったはずだが、スタートを五分に出て押してもなかなか進んでくれなかった。


2014.07.27 中京 中京記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 9人 12着
(競争指数)  

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.2 - 13.1

(メモ) 短期放牧 500㌔(-6㌔)
 
(音無調教師) ノドがゴロゴロとなっていたとのこと。


2014.06.15 東京 エプソムC(GⅢ) 芝1800 良 17頭 9人 5着
(競争指数) 105

(馬場状態) 速い時計の出る馬場
 
(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 11.7

(メモ) 506㌔(±0㌔)気配◎・コズミ軽い 道中は後方を追走 直線は内目から渋太く伸びる

(田辺騎手) 流れに乗って、直線は馬場のいいところへ出したかったが、③番枠だったので腹を括って内を突いた。気性的に進んでいかななくなっているので、距離を延ばしても良さそう。


2014.05.11 新潟 新潟大賞典(GⅢ) 芝2000 良 16頭 13人 5着
(競争指数) 120  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.8 - 11.5 - 10.8 - 11.8

(メモ) 6ヶ月休養 506㌔(-10㌔)馬体引き締まる スタートひと息(1) 直線で外へ出され残り2ハロン付近から伸びる

(池添騎手) 後方に控えて終いを生かす競馬。直線はいい脚を使ったが、最後の最後で前と脚いろが一緒になった。


【碧音の一言】
 もうかれこれ、5歳春のマイラーズC(GⅡ)で3着して以来20戦は馬券圏内に入っていない。今年春に2000mの距離へと目先を変えて挑んだ新潟大賞典(GⅢ)で指数100超えして変わり身を見せており、年齢を重ねたことで1600mでは忙しいのではないでしょうか。

第53回 京都金杯(GⅢ)  ショウナンワダチ
ショウナンワダチ 牡4歳 54幸
父      ショウナンカンプ
母      ショウナンマライア
母の父   クロフネ
馬主     国本哲秀
生産牧場  新ひだか町・静内ファーム
調教師    美浦・大竹厩舎

【近走戦績】
2014.11.16 東京 オーロカップ 芝1400 良 17頭 6人 5着
(競争指数) 110  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 10.9 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 11.8

(メモ) 道中は好位内ラチ沿いを追走 直線はいい脚を使うもゴール直前で外から寄られる

(北村宏騎手) 前とスペースが開いた時に少し行きたがったが、我慢は利いた。最後は差のないところまできている。


2014.10.05 阪神 ポートアイランドS 芝1600 良 13頭 7人 13着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 好位か中団に位置する馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 10.7 - 10.9 - 11.9

(メモ) 3ヶ月休養 472㌔(±0㌔)イレ込む

(大竹調教師) テンションが高かったし、美浦にいる時より10㌔ほど減っていた。レースでは流れが遅く、前に馬を置けないことで掛かってしまった。


2014.07.06 福島 ラジオNIKKEI賞(GⅢ) 芝1800 良 16頭 4人 11着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.4 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.7

(メモ) 短期放牧 472㌔(-2㌔)

(大竹調教師) 1800mの速いペースについていった分、なし崩しに脚を使ってしまった。


2014.05.11 東京 NHKマイルC(GⅢ) 芝1600 良 18頭 6人 10着
(競争指数) 36

(馬場状態) 速い時計の出る馬場で安定 差しが決まる状態

(ラップ) 12.0 - 11.0 - 11.6 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5 - 12.0

(メモ) 短期放牧 474㌔(-2㌔) 道中は後方の馬込みで我慢させて追走 直線はなかなか捌けず坂上で開いた内から伸びる
 
(北村宏騎手) 馬群が凝縮していたので、前が開くまでに待たされてしまった。


2014.04.12 中山 ニュージーランドT(GⅡ) 芝1600 良 15頭 4人 2着
(競争指数) 78

(馬場状態) 中間芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.8 - 11.0 - 11.7 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.1

(メモ) 短期放牧 476㌔(±0㌔) 出脚ひと息 道中は中団の外を追走 4角で仕掛ける 直線は坂上で一瞬先頭に立つもゴール前で差される

(大竹調教師) ゲート練習の効果で、以前より流れに乗ってレースができた。上手に走れた分、後ろにいた勝ち馬(ショウナンアチーヴ)の目標になってしまった。


2014.02.24 東京 共同通信杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 5人 8着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが効きやすい状態

(ラップ) 13.0 - 11.6 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 10.9 - 10.9 - 11.6

(メモ) 2ヶ月休養 厩舎で調整 476㌔(-4㌔)やや煩い 道中は掛かり気味の追走 勝負どころ外目を進出 直線でひと伸び欠く

(大竹調教師) 外を回す形で前に壁を作れず、体が伸びて走っていた。


【碧音の一言】
 前走のキャピタルS・5着は、休養明け2戦目と16⇒1400mへの距離短縮で昨年のベストパフォーマンス。今回は、関西圏への輸送や14⇒1600mへの距離延長で、イレ込みによるレースへの影響等が心配される。


第53回 京都金杯(GⅢ)  シェルビー
シェルビー 牡6歳 56武豊
父      サクラバクシンオー
母      リラコルレオーネ
母の父   アドマイヤベガ
馬主     杉岡時治
生産牧場  平取町・二風谷ファーム
調教師    栗東・笹田厩舎

【近走戦績】
2014.11.30 東京 キャピタルS 芝1600 良 16頭 5人 1着
(競争指数) 145α  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.3 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.1 - 12.1

(笹田調教師) 直線で少し窮屈になったが、折り合いもついて終いはいい脚を使ってくれた。


2014.10.25 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 8人 15着
(競争指数)  

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.7

(メモ) 5ヶ月休養 514㌔(-4㌔) 道中は先団を追走 直線向いて先頭を窺うも追われてサッパリ

(武豊騎手) 休み明けで昇級戦だったし、これまで内へ潜り込んで競馬をしていた馬だけに、外枠も辛かった。


2014.05.31 京都 朱雀S 芝1400 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 96α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.4 - 11.7 - 11.4 - 11.5 - 11.0 - 11.3

(メモ) 518㌔(-2㌔)馬体◎・気合い乗り◎ 道中は中団をいい行きっぷりで追走 直線は開いていた内を突いて鋭く差し切る

(武豊騎手) スタート直後に躓いて、考えていたより位置取りが後ろになったが、その後はスムーズだった。勝負どころではうまく内が開いてくれたし、ラストもよく切れた。


2014.04.26 京都 錦ステークス 芝1600 良 14頭 1人 2着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 切れる差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 11.2 - 11.5 - 12.4 - 11.5 - 11.5 - 10.9 - 11.4

(メモ) 3ヶ月半休養 520㌔(+2㌔)仕上る 道中は中団の外目を追走 直線向いて手前替わるのが遅くあと一歩

(笹田調教師) ハンデ差と高速馬場が響いた感じ。


2014.01.06 京都 新春S 芝1600 良 15頭 2人 2着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 11.4 - 12.0 - 11.5 - 11.9 - 11.5 - 11.3

(武豊騎手) 道中はスムーズだった。直線で一瞬進路を差がした分の差が出た感じ。


【碧音の一言】
 休養明けだった前々走の富士S(GⅢ)で15着に惨敗した以外は、ほぼ安定した内容で昨年は走れている。今回は【3・4・1・0】の京都芝コース、ハンデも前走斤量から据え置きの56㌔なら重賞でも好勝負になりそう。

第53回 京都金杯(GⅢ)  グランデッツァ
グランデッツァ 牡6歳 57.5秋山
父      アグネスタキオン
母      マルバイユ
母の父   Marju
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・平田厩舎

短期放牧(グリーンウッド)

【近走戦績】
2014.11.23 京都 マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 芝1600 良 17頭 9人 3着
(競争指数) 155  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.0 - 10.4 - 11.3 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.0

(メモ) 短期放牧(グリーンウッド) 498㌔(±0㌔)馬場先出し 道中は3番手の内で少し抑えるくらいで手応え良く追走 直線一旦先頭に立ちかけるも最後は決め手の差

(秋山騎手) 道中、自分から進んでいくような感じだったので、強気の競馬をした。東京では結果がでなかったが、京都コースは合っている。


2014.10.12 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 15頭 2人 5着
(競争指数) 85

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.0 - 11.5 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 11.8

(メモ) 放牧(山元トレセン) 3ヶ月休養 498㌔(-12㌔)細くない・馬場先出し 道中は単独3番手を追走 直線ジリジリ伸びて流れ込む

(平田調教師) いい雰囲気で臨めた。距離、馬場状態も合うので期待したが、休み明けの分があったかもしれないし、東京コースももうひとつなのかもしれない。


2014.07.20 函館 函館記念(GⅢ) 芝2000 良 16頭 1人 10着
(競争指数) 45

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団・後方からの差しが優勢な状態

(ラップ) 12.3 - 11.3 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.7

(メモ) 函館滞在 510㌔(+4㌔)馬場先出し 道中は2番手で軽快な行きっぷりで追走 直線は伸びを欠く

(平田調教師) 1週前に栗東で追い切って、すぐに長距離輸送。レースの週は函館で最終追い切りを消化したが、強行軍の影響があったかもしれない。


2014.06.08 東京 安田記念(GⅠ) 芝1600 不良 17頭 4人 11着
(競争指数)  

(馬場状態) 雨の影響を受ける 相当に時計のかかる馬場 外が伸びない状態

(ラップ) 12.3 - 11.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 13.8

(メモ) 506㌔(-2㌔)馬場先出し 道中は中団インを追走 直線ジリジリ脚を使うも坂を上がって失速

(平田調教師) 内枠だったこともあるが、馬場状態の悪い内に閉じ込められたのが応えている。


2014.05.17 京都 都大路S 芝1800 良 18頭 5人 1着
(競争指数) 120

(馬場状態) C⇒Dコース替わり 速い時計の出る馬場 差しが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.5 - 11.1 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.4

(メモ) 3ヶ月休養 508㌔(-6㌔)仕上る・テンション高め 道中は少し離れた2番手を追走 直線向いて先頭に立ち後続をグングン突き放す

(平田調教師) 調教もそんなに動いていなかったので、どれだけ体調が戻っているかと思っていたが、強い内容だった。


2014.02.15 京都 アルデバランS ダ1900 不良 16頭 10人 11着
(競争指数)  

(馬場状態) 雪の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 7.1 - 10.5 - 11.3 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 12.4 - 12.5 - 12.5 - 13.2


2014.01.12 中山 ポルックスS ダ1800 重 16頭 8人 16着
(競争指数)  

(馬場状態) 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.1 - 12.4 - 12.9 - 12.4 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 12.8

(メモ) 放牧(脚部不安) 1年8ヶ月休養 518㌔(+22㌔)


【碧音の一言】
 昨年は2度の100を超えた指数がありますが、いずれも京都芝外回りコースでのもので、今回の舞台設定は申し分ない。ただ、昨秋に休養明け2戦目のGⅠで昨年のベストパフォーマンスを挙げており、そこからの上積みは期待はしにくいので、あとは相手関係でしょう。


第53回 京都金杯(GⅢ)  エキストラエンド
エキストラエンド 牡6歳 57福永
父      ディープインパクト
母      カーリング
母の父   Garde Royale
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・角居厩舎

短期放牧(山元トレセン)

【近走戦績】
2014.11.23 京都 マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 芝1600 良 17頭 12人 5着
(競争指数) 110

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.0 - 10.4 - 11.3 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.0

(メモ) 道中は後方内ピッタリを追走 直線少し進路探しに時間を要すも残り1ハロンからしっかり伸びる

(ビュイック騎手) 他馬と併せる形で運べば集中力が途切れないとの事だったが、うまく運べたはず。


2014.10.25 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 9人 5着
(競争指数) 120

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.7

(メモ) 出脚鈍い 直線向いて外へ出され併せ馬の形で伸びる

(辻野調教助手) 4角から直線入り口と、不正駆歩で走っていてロスがあった。安田記念以降は気持ちの問題なのか、不振が続いていたが、久しぶりにらしさを見せてくれた。キッカケを掴めたはず。


2014.09.14 新潟 京成杯オータムハンデ(GⅢ) 芝1600 良 16頭 3人 14着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 馬場の内がかなり傷んだ状態

(ラップ) 12.8 - 10.9 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.1 - 10.7 - 11.6

(メモ) 道中は中団のインを追走 直線一旦先団に並びかけるも最後は急激に失速

(三浦騎手) ゲートを出てくれたが、結果として馬場としか言いようがない。


2014.08.17 新潟 関屋記念(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 3人 9着
(競争指数) 10

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 10.8 - 12.1

(メモ) 放牧(山元トレセン) 2ヶ月休養 470㌔(+2㌔) 出遅れ(4) 道中は最後方を追走 直線で馬群へ取りつき残り1ハロン付近で大外から鋭く伸びる

(高田調教助手) ゲートで潜りそうになり、ちょうど頭を下げたタイミングでスタートを切られ態勢が整わず、大きく出遅れて前半で離されてしまった。


2014.06.08 東京 安田記念(GⅠ) 芝1600 不良 17頭 12人 12着
(競争指数)  

(馬場状態) 雨の影響を受ける 相当に時計のかかる馬場 外が伸びない状態

(ラップ) 12.3 - 11.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 13.8

(高田調教助手) パワーがあるというより、素軽さが身上のタイプ。極端な道悪では、さすがに厳しかった。


2014.04.27 京都 マイラーズC(GⅡ) 芝1600 良 16頭 2人 3着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 切れある差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.2 - 11.4 - 10.9 - 11.3

(メモ) 放牧(山元トレセン) 2ヶ月半休養 468㌔(-2㌔)脚捌き硬め ジワッと中団へ 道中は折り合って手応え良く追走 直線向いて外へ出されしっかり伸びる

(松田調教助手) 開幕週のレコード決着。速い時計だったが、道中は流れに乗って運べて、直線ではしっかり伸びてくれた。


2014.02.17 東京 東京新聞杯(GⅢ) 芝1600 重 16頭 3人 2着
(競争指数) 135  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 不良馬場から重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 道中で内目を立ち回る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.3

(メモ) 470㌔(-2㌔)気配◎ 出負け 道中はポツンと中団を追走 4角から馬込みを捌く 直線も狭いスペースを割る

(辻野調教助手) 降雪で高速道路の通行止めの解除が遅れ、輸送に17時間を要す過酷な状況。その1週前が中止の為Uターン。再度の輸送とあって尚更応えたと思うが、レースではよく走ってくれた。


2014.01.05 京都 京都金杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 6人 1着
(競争指数) 130

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7

(メモ) 3ヶ月休養 472㌔(+10㌔)仕上り◎ 出遅れ(1) 道中は後方で折り合い重視の追走 直線向いて一直線に伸びて差し切る
 
(松田調教助手) 内枠とあって、道中ロスなく運べたのは良かったし、ハンデも55㌔。具合の良さなど、すべてがうまく噛み合い、初めての1600mでも対応力を見せてくれた。


【碧音の一言】
 昨年、京都芝1600m戦を3回走って、いずれも指数は100超えしており、コース適性は上々です。2連覇がかかっており当然ここも狙いの一戦でしょう。


第53回 京都金杯(GⅢ)  ウインフルブルーム
ウインフルブルーム 牡4歳 55池添
父      スペシャルウィーク
母      ハナノメガミ
母の父   サクラユタカオー
馬主     (株)ウイン
生産牧場  ビッグレッドファーム
調教師    栗東・宮本厩舎

【近走戦績】
2014.12.13 阪神 チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 12頭 4人 8着
(競争指数) 41

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.9

(メモ) 518㌔(+12㌔)余裕 道中は3番手を折り合って追走 3ハロン標手前で行きっぷり悪くなる 直線300m手前で脱落

(小久保調教助手) 輸送で思ったほど減らなかったが、太目感なく走れる状態と思っていた。展開的に前に行った馬たちには苦しかったかもしれないし、馬の気持ちの問題もあったかもしれない。


2014.11.02 京都 カシオペアS 芝1800 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 72

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 13.0 - 11.1 - 11.7 - 12.6 - 12.7 - 12.2 - 11.6 - 11.0 - 11.5

(メモ) 506㌔(+18㌔)太目感なし 道中はマイペースの逃げ 直線向いて馬場の綺麗なところへ出され追い出し押し切る

(池添騎手) テンションが高くなるとコントロールの利かない部分があって、レースではずっと外へ逃げていた。


2014.09.28 阪神 神戸新聞杯(GⅡ) 芝2400 良 16頭 4人 13着
(競争指数)  

(馬場状態) A⇒Bコース替わり かなり速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.2 - 12.5 - 12.4 - 11.8 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 11.3 - 11.6 - 12.4

(メモ) 放牧(大山ヒルズ) 4ヶ月休養 488㌔(±0㌔)

(柴田大騎手) 道中は収まりがついた方だと思うが、久々だったし距離も少し長かった分応えた感じ。


2014.06.01 東京 東京優駿(GⅠ) 芝2400 良 18頭 取消

(メモ) 左肩跛行のため出走取り消し



2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 8人 3着
(競争指数) 100  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 (平均ペースから瞬発力も必要な厳しい展開)

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(メモ) 大外枠から一気にハナへ 直線向いて好位勢に並びかけられ最後は差し返し気味に伸びる

(柴田大騎手) 有力馬とは決め手の差があるので、早目に仕掛けてセーフティリードを取りたかったが、簡単にはいかなかった。最後までジワジワ伸びて食い下がっており、力は出し切れた。


2014.03.22 阪神 若葉S 芝2000 良 12頭 1人 2着
(競争指数) 46

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が断然優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.6 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 12.0

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 490㌔(-4㌔) 道中は先行2頭の後ろで折り合って追走 直線1ハロン標で先頭に立つも最後差される

(宮本調教師) 勝ち馬(アドマイヤデウス)にシュッと抜け出されたが、初めての2000mでよく踏ん張っている。ハミを元に戻して、内にモタれる面を見せなかった。


2014.01.12 京都 シンザン記念(GⅢ) 芝1600 良 13頭 2人 2着
(競争指数) 86

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.8

(メモ) 494㌔(+4㌔)イレ気味 ジワッと2番手へ 道中は行きたがるのをなだめて追走 直線向いてすぐに追い出され渋太く伸びてよく差を詰める

(和田竜騎手) スタートはいつもよりちょっと遅かったが、リズム良く走れた。いつもコーナーでモタれるが、直線でもそういう場面があった。


【碧音の一言】
 皐月賞(GⅠ)の時点で指数100のベストパフォーマンス。この時は8番人気で大外枠から逃げてのもので、今回もノーマークが逃げられるかがポイントかと思いますが、久々のマイル戦でスンナリと行けるか?


第53回 京都金杯(GⅢ)  アズマシャトル
アズマシャトル 牡4歳 54バルジュー
父      ゼンノロブロイ
母      ブレッシング
母の父   マルゼンスキー
馬主     東哲次
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    栗東・加用厩舎

【近走戦績】
2014.12.13 阪神 チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 12頭 6人 4着
(競争指数) 77

(馬場状態) 雨の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.9

(メモ) 496㌔(+10㌔)太目感なし・冬毛 道中は好位の内目を追走 直線上位3頭には伸び負け

(加用調教師) 前に行った組の中では一番の頑張りだった。


2014.11.02 京都 カシオペアS 芝1800 良 15頭 2人 2着
(競争指数) 102

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 13.0 - 11.1 - 11.7 - 12.6 - 12.7 - 12.2 - 11.6 - 11.0 - 11.5

(メモ) 486㌔(+14㌔)馬体回復・脚捌き硬め・リングハミ 出遅れ(1) 道中は中団で折り合って手応え良く追走 3角で下がってきた馬が邪魔になる 直線馬群へ突っ込み内へモタれ気味になりながら渋太く差を詰める

(和田竜騎手) 出脚がつかなかった。スピードに乗ってからは良かったが、どうしても展開に左右されてしまう。距離はもっとあった方が良さそう。


2014.10.05 阪神 ポートアイランドS 芝1600 良 13頭 6人 2着
(競争指数) 108  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 好位か中団に位置する馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 10.7 - 10.9 - 11.9

(メモ) 472㌔(-16㌔)硬い 道中は中団の外目で折り合って追走 直線で馬群を捌いて一完歩毎に追い詰める

(加用調教師) 16㌔減でも細くは映らなかった。ハミを換えてモタれる面もなかった。


2014.08.23 札幌 TVh賞 芝2000 良 16頭 5人 1着
(競争指数) 95α

(馬場状態) A⇒Cコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 やや速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 10.7 - 12.3 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.8

(メモ) 3ヶ月休養 札幌滞在 488㌔(±0㌔)仕上る・返し馬捌き硬め 道中は中団を追走 3角でムチ一発入れてジワーッと前へ 直線向いて追い出され内へモタれながら一気に差し切る

(和田竜騎手) 返し馬では硬さを感じたが、競馬に行けば気が入っていたので、気にならなかった。


2014.06.01 東京 東京優駿(GⅠ) 芝2400 良 18頭 17人 15着
(競争指数)  

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 切れある差しが決まる状態

(ラップ) 12.5 - 10.6 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.7 - 13.6 - 12.2 - 11.6 - 11.1 - 11.7

(松山騎手) 前半から押してもハミを取らなかったが、前回よりは集中して走っていた。徐々にいい頃の感じに戻ってくれるといい。


2014.05.10 京都 京都新聞杯(GⅡ) 芝2200 良 18頭 6人 13着
(競争指数)  

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場が続く 差しが決まる状態 (前1頭が飛ばして逃げる展開)

(ラップ) 12.2 - 10.3 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 12.8 - 11.6 - 11.8

(メモ) 486㌔(+2㌔)両前ソエ焼き跡あり・チークP 道中は後方で脚をタメて追走 4角反応鈍い 直線はサッパリ

(加用調教師) 何かガツンとくるところがなかったよう。チークP装着してもいい結果が出なかった。


2014.03.29 阪神 毎日杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 2人 5着
(競争指数) 52

(馬場状態) 時計のかかる馬場 (平均やや遅めの流れ)

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 10.7 - 12.4

(メモ) 484㌔(-4㌔)脚捌き硬め 道中は中団馬込みの中を追走 直線追われて反応鈍く最後は上位馬と同じ脚いろ

(松山騎手) 好位置で流れに乗れたが、思ったほどの脚を使ってくれなかった。


2014.03.09 中山 弥生賞(GⅡ) 芝2000 良 13頭 5人 6着
(競争指数) 11

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態 (平均ペースで直線は底力勝負)

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.8 - 12.8 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 488㌔(+4㌔)余裕 道中は中団馬群を追走 直線で外目へ出されジリジリ

(加用調教師) 3分3厘でノメッていたし、それで手応えが怪しくなったよう。


【碧音の一言】
 3走前のポートアイランドSで16㌔の馬体減ながらも昨年のベストパフォーマンス。その後は勝ち切ることができずに、指数がジリ貧。前走あたりで冬毛が出てきている点からも状態面で下降気味になっている事が懸念される。


第53回 京都金杯(GⅢ)  アクションスター
アクションスター 牡5歳 54松若
父      アグネスタキオン
母      レディオブヴェニス
母の父   Loup Solitaire
馬主     福井明
生産牧場  白老ファーム
調教師    栗東・音無厩舎

【近走戦績】
2014.12.06 阪神 逆瀬川S 芝1800 良 12頭 4人 1着
(競争指数) 117α  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 開幕週 雨の影響が残る やや速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 13.0 - 11.2 - 11.1 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 11.2 - 11.4 - 12.3

(メモ) 道中は後方の内目を追走 直線も内目から間を割って残り100mで抜け出す

(北村友騎手) 前が飛ばして、いい流れになった。最後も間を割ってうまく一瞬の脚を生かせた。


2014.11.09 京都 八坂S 芝1800 良 10頭 4人 3着
(競争指数) 80

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響を受ける 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.2 - 12.0 - 12.7 - 12.8 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 11.5

(メモ) 466㌔(-6㌔)活気十分
 
(北村友騎手) ゲート好発で、好位でスムーズに流れに乗れた。前を掴まえられそうな感じから、交わせそうで交わせなかった。


2014.10.11 京都 大原S 芝2000 良 14頭 3人 6着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.5 - 10.9 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.3 - 11.3 - 11.8

(メモ) 出遅れ(1) 道中は中団インを追走 直線で包まれ追い出しを待たされるもバラけてからよく伸びる

(北村友騎手) 開幕週で前で運びたかったが、ゲートを出なかった。直線もうまく捌けなかった。京都の方が反応はいい。


2014.09.14 阪神 西宮S 芝1800 良 8頭 3人 5着
(競争指数) 52

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 10.9 - 11.2 - 11.5

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 462㌔(-6㌔)仕上る

(北村友騎手) 馬込みでも集中して、しっかり走れた。前が止まらない馬場を考えるとよく追い上げてくれた。


2014.06.08 阪神 垂水S 芝1800 良 11頭 5人 2着
(競争指数) 59

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 11.9 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 10.9 - 11.3 - 11.9

(北村友騎手) 道中はスムーズに運べた。直線は追ってからジリっぽかったが、集中して走れたことは収穫だった。


2014.04.27 京都 マイラーズC(GⅡ) 芝1600 良 16頭 11人 10着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 切れある差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.2 - 11.4 - 10.9 - 11.3


2014.04.13 福島 福島民報杯 芝2000 良 16頭 8人 9着
(競争指数) 56

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 11.1 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 11.7 - 11.8

(メモ) スタート後躓く(1)



2014.03.15 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 7人 17着
(競争指数)  

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.0

(メモ) スタート決めて2番手へ 4角回って手応え怪しくなる 直線バッタリ


2014.02.16 京都 京都記念(GⅡ) 芝2200 稍重 12頭 8人 7着
(競争指数) 96

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.3 - 11.8 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.5 - 11.0 - 11.7

(メモ) 出脚ひと息(1) 道中は後方で折り合い重視の追走 3角で外へ 4角手前からスパート 直線ジリジリ差を詰める

(北村友騎手) 前走より格段に良くなっていたし、ラストはいい脚で伸びてくれた。落ち着いた流れで結果的に位置取りの差が出てしまった。


2014.01.13 京都 寿ステークス 芝2000 良 16頭 8人 1着
(競争指数) 110α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.2 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 12.0

(メモ) 道中は中団インをロスなく追走 直線は馬群の中を突いてひと追い毎に伸びてゴール寸前で差し切る

(音無調教師) スタートが良かったのが一番。好位の後ろでタメるレースができたし、決して流れは向いたわけではないが、直線はよく伸びて、前を捉えてくれた。良馬場でやれたのも良かった感じ。


【碧音の一言】
 休養明け4戦目だった1600万下の特別戦を、昨年のベストパフォーマンスで勝利し、今回は昇級戦。上積みという点で考えると評価が下がる。

第64回 中山金杯(GⅢ) ユールシンギング
ユールシンギング 牡5歳 57北村宏
父      シンボリクリスエス
母      ジョリーノエル
母の父   スペシャルウィーク
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・勢司厩舎

【近走戦績】
2014.12.06 中京 金鯱賞(GⅡ) 芝2000 良 17頭 12人 9着
(競争指数) 50

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.6 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.9

(メモ) 放牧(疲れ) 3ヶ月休養 538㌔(+8㌔)

(勢司調教師) 相手も揃っていたが、休み明けはひと息のタイプ。


2014.09.07 新潟 新潟記念(GⅢ) 芝2000 良 18頭 4人 11着
(競争指数) 35

(馬場状態) 雨の影響が残る やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.3 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 12.2 - 11.9 - 11.7 - 11.1 - 12.4

(メモ) 放牧(山元トレセン) 4ヶ月休養 530㌔(-2㌔)仕上り○ 出遅れ(1) 直線は外へ出され最後の最後に脚を見せる

(北村宏騎手) ゲートで2回潜りかけ、態勢を立て直そうとしたが、半馬身ほど遅れてしまった。終始気持ちが乗らない感じで、なかなかスイッチが入らなかった。


2014.05.11 新潟 新潟大賞典(GⅢ) 芝2000 良 16頭 3人 1着
(競争指数) 165α  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.8 - 11.5 - 10.8 - 11.8

(メモ) 短期放牧 532㌔(+4㌔) ゲート内で頭を上げる(1) 直線で外へ出され残り1ハロン付近から鋭く伸びてゴール直前で差し切る

(大塚調教助手) 得意なコースだし、良馬場で決め手が生きる条件で、持ち味を生かした。


2014.03.15 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 8人 4着
(競争指数) 158

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.0

(メモ) スタート後挟まれる 道中は後方で行きたがるのを我慢させて追走 直線は内から伸びる

(丸山騎手) もうひとつ前の位置でレースがしたかったが、少し後ろになってしまった。


2014.03.02 中山 中山記念(GⅡ) 芝1800 稍重 15頭 14人 9着
(競争指数) 44

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.0 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.1 - 12.5

(メモ) 放牧 4ヶ月半休養 528㌔(+4㌔) 出遅れ(1)

(勢司調教師) 久々もあったが、今の中山の荒れた馬場は合わない。


【碧音の一言】
 久々だった前走からの上積みは期待でき、あとはスタート次第かも。

第64回 中山金杯(GⅢ)  ナカヤマナイト
ナカヤマナイト 牡7歳 57柴田善
父      ステイゴールド
母      フィジーガール
母の父   カコイーシーズ
馬主     和泉信一
生産牧場  日高町・沖田牧場
調教師    美浦・二ノ宮厩舎

【近走戦績】
2014.11.16 福島 福島記念(GⅢ) 芝2000 良 16頭 7人 5着
(競争指数) 108  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.8 - 11.1 - 11.9 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.8

(メモ) 494㌔(-2㌔)気配◎ 道中は後方を追走 直線は内目から伸びる

(三浦調教助手) 直線はよく伸びていたし、復調の気配は窺えた。


2014.09.28 新潟 オールカマー(GⅡ) 芝2200 良 18頭 16人 8着
(競争指数) 75

(馬場状態) 中間芝刈り実施 やや速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 13.0 - 11.0 - 11.4 - 12.2 - 12.9 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 11.4 - 11.6

(柴田善騎手) 背中に硬いところが残っており、そのあたりが良くなればいい。


2014.08.24 札幌 札幌記念(GⅡ) 芝2000 良 14頭 8人 9着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 雨の影響が残る やや速い時計の出る馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 11.6 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.0

(メモ) 札幌滞在 496㌔(+16㌔)

(柴田善騎手) 3角では手応えがなかった。上位2頭が動いた時に一緒に仕掛けたが、抵抗できなかった。まだ良くなった感じもないし、本調子にないのかも。


2014.07.20 函館 函館記念(GⅢ) 芝2000 良 16頭 11人 7着
(競争指数) 55

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団・後方からの差しが優勢な状態

(ラップ) 12.3 - 11.3 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.7

(メモ) 放牧 4ヶ月休養 函館滞在 480㌔(-10㌔)

(三浦調教助手) 直線で狭くなる場面があり、消化不良の一戦。洋芝は合っていそう。


2014.03.30 中山 マーチS(GⅢ) ダ1800 重 16頭 6人 10着
(競争指数)  5

(馬場状態) 雨の影響を受ける やや速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.2 - 11.2 - 12.2 - 12.8 - 12.3 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 12.9

(メモ) 490㌔(+2㌔)やや硬め 道中は後方2番手を追走 3角で馬群へ取りつく 4角で仕掛けを待つ余裕 直線追われて伸びを欠く

(三浦調教助手) ダート適性云々より、いい頃と比べて、具合の方がひと息だったので参考外。


2014.03.02 中山 中山記念(GⅡ) 芝1800 稍重 15頭 6人 13着
(競争指数)  -

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.0 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.1 - 12.5

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 488㌔(-10㌔) 
 
(柴田善騎手) このくらいの馬場ならこなせると思ったが、全然動けなかった。3角からハミを掛けて行こうと思ったが、バランスをとらないといけないくらいだった。


【碧音の一言】
 GⅡ2勝馬が、一時のスランプから脱してきた感あり、狙うなら今回かも。

第64回 中山金杯(GⅢ)  マイネルミラノ
マイネルミラノ 牡5歳 55柴田大
父      ステイゴールド
母      パールバーリー
母の父   Polish Precedent
馬主     (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場  ビッグレッドファーム
調教師    美浦・相沢厩舎

【近走戦績】
2014.12.14 中山 美浦S 芝1800 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 88

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.4 - 11.2 - 11.8 - 11.6 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 12.7

(メモ) 放牧 5ヶ月休養 484㌔(+14㌔)仕上り◎ 道中は単騎で後続を引き離して逃げる 直線そのまま押し切る

(相沢調教師) いくらか太目が残っていたし、道中も力んで走っていたことを考えれば強い競馬。


2014.07.12 福島 松島特別 芝2000 良 8頭 1人 1着
(競争指数) 84

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.8 - 12.0 - 12.4 - 12.7 - 12.3 - 11.3 - 11.0 - 11.2 - 12.4

(柴田大騎手) 前半はなかなか進んで行けなかったが、向正面で外目へ出してからスッと走れた。右回りだとコーナーの走りがよりスムーズだし、直線の伸びも違う感じ。


2014.06.01 東京 むらさき賞 芝1800 良 16頭 1人 2着
(競争指数) 120  昨年のベストパフォーマンス

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 切れある差しが決まる状態

(ラップ) 12.8 - 10.9 - 11.5 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 11.3 - 11.4 - 12.3

(メモ) 短期放牧(BRF鉾田) 468㌔(-4㌔) 道中は2番手を追走 直線は一旦抜け出すもゴール寸前で勝ち馬の決め手に屈する

(柴田大騎手) 2番手で折り合いをつけて、脚をタメてスパートをかけたが、直線の長い東京で切れ味勝負になってしまった。


2014.04.20 中山 鹿野山特別 芝2000 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 90α

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 12.5 - 12.5 - 12.6 - 12.3 - 11.2 - 11.2 - 11.7 - 12.5

(メモ) 一目散にハナへ 3角手前で後続を引きつける 直線は後続を突き放して圧勝

(柴田大騎手) 道中はいいペースで走れたし、3~4角で外から来られた時も、すぐに反応できた。


2014.03.09 中山 4歳上500万下 芝2000 良 15頭 3人 1着
(競争指数) 110α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態 

(ラップ) 12.6 - 10.8 - 12.2 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 11.6 - 12.1

(メモ) スッと3番手へ 向正面中ほどから進出開始 3角過ぎ逃げ馬に並びかける 4角先頭 直線は後続を離す一方

(柴田大騎手) ブリンカーを深くしたことが良かった感じで、最後まで一生懸命に走っていた。


2014.02.17 東京 4歳上500万下 芝1800 不良 14頭 9人 2着
(競争指数) 40

(馬場状態) 雪の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 内目を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.4 - 11.7 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 11.4 - 11.6 - 11.9

(メモ) 2ヶ月休養 478㌔(+4㌔) 道中は好位で脚をタメて追走 直線は内目を突いて一瞬突き抜けそうな勢いから勝ち馬の地力に屈する

(柴田大騎手) うまく内へ入れたが、相手(レッドルーファス)が悪かった。ここにきて大分真面目に走れるようになってきた。


【碧音の一言】
 昇級戦も余力十分の2連勝と上がり目は十分に見込め好勝負期待。



プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。