FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
04 | 2014/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

第81回 日本ダービー(GⅠ)  イスラボニータ
イスラボニータ 牡3歳 57蛯名
父      フジキセキ
母      イスラコジーン
母の父   Cozzene
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  白老ファーム
調教師    美浦・栗田博厩舎

【戦績】
2013.06.02 東京 2歳新馬 芝1600 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 178

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.7 - 12.3 - 12.7 - 12.9 - 12.7 - 11.8 - 11.3 - 11.5

(メモ) 462㌔仕上り◎ 大きく出遅れ(2) 道中は先団を追走 直線では追い出しを待たれ残り1ハロン手前で抜け出す

(会津調教助手) 気性は子供っぽいが、1週前の追い切りで楽々と好タイムが出ていたので期待していた。大きく出遅れたが、すぐに取りついて4角では引っ張り切り。直線は手前を何度も替えながらも押し切ってくれた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.08.25 新潟 新潟2歳S(GⅢ) 芝1600 良 18頭 4人 2着
(競争指数) 125

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 中間ゲート練習 458㌔(-4㌔) 発馬ひと息(1) 道中は中団で行きたがるのをなだめつつ追走 直線は徐々に中ほどへ出され馬込みを捌きつつ伸びる

(蛯名騎手) まだやんちゃでゲート内では集中していなかった。荒削りな面が残っている中で、遅いペースや馬込みにも対応できたし、崩れなかったのは評価できる。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.10.19 東京 いちょうS 芝1800 良 12頭 3人 1着
(競争指数) 185

(馬場状態) 中間の台風の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 外からの差しも届く状態

(ラップ) 12.9 - 11.2 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.7 - 11.9 - 11.0 - 11.5

(メモ) 460㌔(+2㌔)気配◎ 道中は好位置でなだめるくらいの行きっぷりで脚をタメて追走 直線は持ったまま坂を上がって残り300mからグイッと伸びて抜け出す

(蛯名騎手) ゲートを出てくれたのが最大の勝因。もっとタメて脚を伸ばす競馬がベストのはず。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.16 東京 東スポ2歳S(GⅢ) 芝1800 良 15頭 2人 1着
(競争指数) 250

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.2 - 11.6

(メモ) 道中は好位の内目で我慢されての追走 直線向いて満を持して追い出されスパッと切れる

(蛯名騎手) スタートがいいので少し噛んでいたが、何とか我慢させて走らせることができた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.24 東京 共同通信杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 220

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが効きやすい状態 (超スローペース)

(ラップ) 13.0 - 11.6 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 10.9 - 10.9 - 11.6

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 462㌔(+2㌔)仕上り○ 道中は先行集団のインで脚を温存させて追走 直線半ばで持ったまま先頭に立ち楽に振り切る 

(栗田博調教師) 学習能力の高いタイプで、スタートが上手になってきた。ゲートをポンと出たが、なだめながら相手馬の動向を見つつ、終始ゆとりを持ってレースができた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 2人 1着
(競争指数) 270α

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 (平均ペースから瞬発力も必要な厳しい展開)

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(メモ) 短期放牧(山元トレセン) 462㌔(±0㌔) 道中は先団直後の外を追走 4角で勢いつけて先団に並びかける 直線で一気に交わして勝負を決める

(蛯名騎手) 直線向いて前の馬が手応え良く走っていたし、自身も折り合い十分だったので、一気に行った。先頭に立ってフワフワしたが、他馬と並んでいたので大丈夫と思った。


【碧音の一言】
 東京コース・・・【4・0・0・0】重賞2勝あり

 距離・・・徐々に距離を延ばしていって折り合い面も何とかクリアされており、こなしてくれそう

 ベスト指数・・・前走の皐月賞(GⅠ)。全体に淀みない厳しいラップで指数α付きで上々の内容












スポンサーサイト



第81回 日本ダービー(GⅠ)  アドマイヤデウス
アドマイヤデウス 牡3歳 57岩田
父      アドマイヤドン
母      ロイヤルカード
母の父   サンデーサイレンス
馬主     近藤利一
生産牧場  浦河町・辻牧場
調教師    栗東・橋田厩舎

【戦績】

2013.11.03 京都 2歳新馬 芝1800 良 16頭 9人 3着
(競争指数) 190

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.1 - 11.6 - 12.1 - 13.3 - 13.4 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.3

(メモ) 道中は中団の外を促されながらの追走 勝負どころいち早く手が動く 直線は大外から伸び脚目立つ

(和田竜騎手) 伸びかけたところで外へ張られてしまった。実戦に行って良さを見せ、軽い芝が合う感じ。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.23 京都 2歳未勝利 芝2000 良 18頭 5人 2着
(競争指数) 190

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.4 - 11.9 - 12.8 - 13.0 - 12.7 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.6

(メモ) アオり気味(1) 道中は中団を追走 向正面で動き好位へ 直線追い出されジワジワ詰め寄る

(和田竜騎手) ゲートで硬直するような感じで出遅れてしまった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.15 阪神 2歳未勝利 芝2000 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 220  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.2 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.8

(メモ) 道中は5番手を折り合って追走 直線の激しい追い比べを制する

(岩田騎手) 道中は落ち着いて運べた。追ってからもしっかりしていた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.01 京都 梅花賞 芝2400 良 13頭 4人 3着
(競争指数) 158

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.3 - 12.3 - 12.7 - 12.9 - 13.2 - 13.2 - 12.2 - 12.1 - 11.2 - 11.8

(メモ) 道中は後方4番手を追走 4角で2番手の外へ 直線で内へ行く面見せるも最後までしっかり伸びる

(和田竜騎手) 道中は流れに乗って運べたが、4角から直線では内へモタれる面があった。まだ緩さが残っている。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.22 小倉 あすなろ賞 芝2000 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 160α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.7 - 11.9

(メモ) 470㌔(-2㌔)テンション高め・二人引き 道中は4番手をガッチリ抑えて追走 向正面で外へ 3角で軽く仕掛けスーッと前に取りつく 直線追われるとしっかり伸びて完勝

(丸山騎手) トビの大きいタイプで、早目に外へ出したかったが、うまく運べた。最後は抜け出してフワフワしていた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.22 阪神 若葉S 芝2000 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 148α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が断然優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.6 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 12.0

(橋田調教師) 前が残るペースだったが、直線だけでよく差し切ってくれた。レースに行くとムキになる面がまったくなく、精神的にしっかりしていて、道中掛かる面がないから、終いは切れる脚を使える。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 7人 9着
(競争指数) 138

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 (平均ペースから瞬発力も必要な厳しい展開)

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(岩田騎手) いい流れになったし、3~4角でもバランスを崩さずしっかりと脚は溜まったが、伸び切れなかった。


【碧音の一言】
 東京コース・・・未経験(左回りも含めて)

 距離・・・気性的にはこなすも、一度経験の梅花賞での内容はひと息で肉体的に厳しい印象あり

 ベスト指数・・・2歳時の未勝利戦勝ち 後半ラップ11.3 - 11.0 - 11.8の上がり勝負をメンバー中最速の上がりで勝利












第81回 日本ダービー(GⅠ)  アズマシャトル
アズマシャトル 牡3歳 57松山
父      ゼンノロブロイ
母      ブレッシング
母の父   マルゼンスキー
馬主     東哲次
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    栗東・加用厩舎

【戦績】

2013.11.09 京都 2歳新馬 芝1600 良 11頭 2人 1着
(競争指数) 130  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.7 - 12.2 - 12.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 10.9

(メモ) 490㌔仕上る 道中は中団の外を追走 4角手前で促される 直線残り1ハロンで楽々と抜け出す

(松山騎手) 上がり勝負でも追ってからの反応が文句なかった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.30 阪神 千両賞 芝1600 良 12頭 3人 2着
(競争指数) 180

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 11.4 - 11.7

(松山騎手) 前につけたかったが、行けなかった。ラストはよく伸びている。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 8人 2着
(競争指数) 255

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(松山騎手) 少し掛かっていたが、すぐに落ち着いてくれた。初めての距離にもうまく対応できたが、3角で外から早目に来られてしまい、一緒に動かざるを得なかった分が痛かった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.09 中山 弥生賞(GⅡ) 芝2000 良 13頭 5人 6着
(競争指数) 122

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態 (平均ペースで直線は底力勝負)

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.8 - 12.8 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 488㌔(+4㌔)余裕 道中は中団馬群を追走 直線で外目へ出されジリジリ

(加用調教師) 3分3厘でノメッていたし、それで手応えが怪しくなったよう。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.29 阪神 毎日杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 2人 5着
(競争指数) 185

(馬場状態) 時計のかかる馬場 (平均やや遅めの流れ)

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 10.7 - 12.4

(メモ) 484㌔(-4㌔)脚捌き硬め 道中は中団馬込みの中を追走 直線追われて反応鈍く最後は上位馬と同じ脚いろ

(松山騎手) 好位置で流れに乗れたが、思ったほどの脚を使ってくれなかった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.05.10 京都 京都新聞杯(GⅡ) 芝2200 良 18頭 6人 13着
(競争指数) 10

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場が続く 差しが決まる状態 (前1頭が飛ばして逃げる展開)

(ラップ) 12.2 - 10.3 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 12.8 - 11.6 - 11.8

(メモ) 486㌔(+2㌔)両前ソエ焼き跡あり 道中は後方で脚をタメて追走 4角反応鈍い 直線はサッパリ


【碧音の一言】
 東京コース・・・未経験

 距離・・・芝2000m・道中ラップ13秒台2度続く流れで行きたがる経緯あり

 ベスト指数・・・2歳時(ラジオNIKKEI杯・2着)上がり勝負の後半ラップ11.6 - 11.6 - 12.1 ラスト12秒台に落ちたところで浮上


 









 





プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR