FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
04 | 2014/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  ローブティサージュ
ローブティサージュ 牝4歳 55横山典
父      ウォーエンブレム
母      プチノワール
母の父   Singspiel
馬主     (有)シルク
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・須貝尚厩舎

【近走戦績】
2014.04.12 阪神 阪神牝馬S(GⅡ) 芝1400 良 13頭 9人 3着
(競争指数) 104

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.4 - 11.3 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.6

(メモ) 2ヶ月半休養 456㌔(-2㌔) 道中は折り合って追走 直線1ハロン手前で一旦先頭の場面あり

(須貝尚調教師) 状態が良かったし、距離短縮もいい方に出た感じ。


2014.01.25 京都 京都牝馬S(GⅢ) 芝1600 良 16頭 9人 7着
(競争指数) 56

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 11.1 - 11.2

(メモ) 3ヶ月半休養 458㌔(+10㌔)

(岩田騎手) テンションが高かったので、馬なりでハナへ。よく辛抱しているが、距離はもう少し短くてもいいかもしれない。


2013.10.13 京都 秋華賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 5人 11着
(競争指数)  -

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.1 - 10.4 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.9

(メモ) ソロッと好位直後へ 道中はややムキになって追走 4角手前から仕掛ける 直線向いてスムーズに外へ出され追われて伸びずバテずの流れ込み

(岩田騎手) 少し力むような感じだった分、伸びを欠いてしまった。


2013.09.15 阪神 ローズS(GⅡ) 芝1800 重 18頭 5人 6着
(競争指数)  -

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 差し・追い込みが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 13.2

(メモ) 放牧(ノーザンファーム早来) 4ヶ月休養 452㌔(+12㌔)仕上る ソロッと好位の内へ 道中は行きたがっての追走 3角過ぎからスムーズに折り合う 直線内を突いて残り1ハロンで先頭に立ちかけるももうひと伸び利かず

(須貝尚調教師) 前半にハミを噛む面はあったが、直線で一旦先頭に立ちかけて見せ場十分だった。


【碧音の一言】
 前々走の京都牝馬S(GⅢ)7着で逃げる競馬をしたことが刺激になったようで、一時のスランプを脱した感あり。阪神ジュベナイルF(GⅠ)の勝ち馬で立ち直った今回は侮れない。こういうタイプの馬と横山典騎手は合いそうで一発要警戒。



スポンサーサイト



第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  レイカーラ
レイカーラ 牝5歳 55石橋脩
父      キングカメハメハ
母      カーラパワー
母の父   Caerleon
馬主     下河辺隆行
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    美浦・堀厩舎

短期放牧

【近走戦績】
2014.04.26 福島 福島牝馬S(GⅢ) 芝1800 良 16頭 3人 7着
(競争指数) 44

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.3 - 12.2

(メモ) 2ヶ月半休養 440㌔(-8㌔) 道中は中団を追走 3角付近から馬なりで上がる 4角付近で仕掛ける 直線の伸び平凡 

(橋本調教助手) 福島への輸送を考えると、直前の追い切りをやり過ぎたかもしれない。現地に着いてうるさくなり、テンションが上がってしまった。


2014.02.17 東京 東京新聞杯(GⅢ) 芝1600 重 16頭 6人 6着
(競争指数) 95

(馬場状態) 不良馬場から重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 道中で内目を立ち回る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.3

(メモ) 2ヶ月半休養 448㌔(+4㌔)仕上る 道中は中団を追走 直線は前が壁で追い出しを待たされ残り300mから内に進路を取って追い込む

(石橋脩騎手) 内目の好位置を取れたが、狙っていたいた内へ先に入られたのが痛かった。最後は踏み遅れた分、差がついた。


2013.12.01 中山 ターコイズS 芝1600 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 104α

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場 外からの差し・追い込みも決まる状態

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 12.1

(メモ) 道中は中団馬群で脚をタメて追走 直線で切れある伸び見せる

(石橋脩騎手) スタートをちょうど良く出てくれて、道中も馬の後ろで我慢が利いた。直線は開いた進路をしっかり伸びてくれた。


2013.11.03 東京 ユートピアS 芝1600 良 12頭 2人 2着
(競争指数) 77

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 11.4 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 11.2 - 11.8

(メモ) 2ヶ月休養 446㌔(+2㌔)

(戸崎騎手) 調子は良かったが、展開が向かなかった。流れていたのを追いかけた分、最後はひと息だった。


2013.08.31 新潟 弥彦特別 芝1800 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 58α

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.0 - 12.3 - 12.6 - 13.0 - 12.4 - 11.7 - 10.9 - 10.4 - 11.7

(メモ) 3ヶ月半休養 444㌔(+16㌔)仕上る 道中は馬込みで折り合って追走 直線でジワッと並びかけ残り300mから追い出され抜け出す

(福永騎手) スタートが良かったし、好位で上手に立ち回れた。


【碧音の一言】
 馬格がそれほどあるタイプではなく、GⅠでは見劣りする。


第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  ラキシス
ラキシス 牝4歳 55川田
父      ディープインパクト
母      マジックストーム
母の父   Storm Cat
馬主     大島昌也
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・角居厩舎

放牧(ノーザンファーム天栄) 2ヶ月休養

【近走戦績】
2014.03.15 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 3人 2着
(競争指数) 158

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.0

(川田騎手) スムーズに流れに乗れたし、4角まではいい感じだったが、そこから急に反応が悪くなった。


2014.02.16 京都 京都記念(GⅡ) 芝2200 稍重 12頭 3人 4着
(競争指数) 97

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 時計のかかる馬場

(ラップ) 13.3 - 11.8 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.5 - 11.0 - 11.7

(メモ) 放牧(成長促す) 3ヶ月休養 466㌔(+10㌔)仕上り◎ 出遅れ(1.5) ジワッと中団へ 道中行きたがるのをガッチリ抑えて追走 直線向いて少し内へ進路を取り追い出されジワジワ伸びる


2013.11.10 京都 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200 重 18頭 6人 2着
(競争指数) 132

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 中団~後方に位置する馬が届きやすい状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

(メモ) スッと前へ 道中は行きたがるのを抑えて追走 直線向いて追い出され勝ち馬の勢いには抵抗できず

(川田騎手) 展開や馬場を考えてある程度の位置を取りに行って、勝ちに行く競馬。1角は外を回らされたが、2角からは好位置で運べたし、道中もこの馬なりに我慢は利いていた。


2013.10.13 京都 鳴滝特別 芝2200 良 12頭 1人 1着
(競争指数) 45α

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 12.0 - 12.9 - 12.9 - 12.8 - 12.9 - 12.8 - 12.1 - 11.8 - 11.0 - 11.2

(松田調教助手) 春当時は食いの細さがあり、調教ではセーブしていたが、今はしっかり負荷をかけられる。秋を迎えて、充実してきた。


2013.09.17 阪神 甲武特別 芝2200 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 36α

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.7 - 11.9 - 12.8 - 12.5 - 12.2 - 12.6 - 12.2 - 11.5 - 11.6 - 12.2

(メモ) 5ヶ月休養 458㌔(+8㌔)

(川田騎手) スムーズな競馬をして、直線もよく伸びてくれた。


【碧音の一言】
 昨夏越して馬に実が入り、GⅠでも好勝負できるほどに内容が高いレベルで安定してきた。

 これまで8戦して距離が2000mと2200mしか経験がなく、今回の1600mの流れに戸惑わず、逆に折り合い面を気にすることなくスムーズならアッと言わせるかもしれない(これは走ってみないと分からない)ので、馬券は軽視できない。


第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  メイショウマンボ
メイショウマンボ 牝4歳 55武幸
父      スズカマンボ
母      メイショウモモカ
母の父   グラスワンダー
馬主     松本好雄
生産牧場  浦河町・高昭牧場
調教師    栗東・飯田祐厩舎

【近走戦績】
2014.04.06 阪神 大阪杯(GⅡ) 芝2000 良 8頭 3人 7着
(競争指数) 48

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 強風の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.3 - 12.5 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.4 - 12.4

(メモ) 放牧 5ヶ月休養 転厩緒戦 480㌔(-8㌔)仕上る 道中は手応え良く追走 4角手前で仕掛けるもスッと反応せず 直線もサッパリ

(飯田祐調教師) 自分からやめてしまった。フケの兆候があったり、時季的に難しいこともあったし、厩舎移転で環境の変化の影響もあった。


2013.11.10 京都 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200 重 18頭 2人 1着
(競争指数) 138

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 中団~後方に位置する馬が届きやすい状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

(メモ) 488㌔(±0㌔)馬場先出し ソロッと中団へ 道中は少しなだめるくらいで追走 向正面で外へ 残り600m手前からジワッと進出 直線追われて手応え通りに伸びて残り1ハロン標過ぎに抜け出す

(武幸騎手) 思った通り、いつもより前の位置での競馬。内枠が気になったが、うまくいった。4角までスムーズな競馬ができて、直線は手応え通りの伸び。


2013.10.13 京都 秋華賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 3人 1着
(競争指数) 50

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.1 - 10.4 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.9

(メモ) ジワッと中団やや後ろへ 道中はスムーズに折り合って追走 4角手前からスパート 直線向いてやや外へ振られるも残り1ハロン付近からしっかり伸びて抜け出し快勝

(飯田明調教師) しっかり仕上げて臨んだし、落ち着きもあって、スムーズな競馬ができた。精神面での成長が窺えた。


2013.09.15 阪神 ローズS(GⅡ) 芝1800 重 18頭 4人 4着
(競争指数) 55

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 差し・追い込みが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 13.2

(メモ) 放牧(疲労回復) 4ヶ月休養 486㌔(+8㌔) ジワッと中団やや後ろへ 道中はやや行きたがっての追走 直線馬体を併せて追い出されジワジワ伸びるも最後は伸び負け

(武幸騎手) 休み明けで大外枠、それと道悪と条件が厳しかった。直線は坂を上がってから止まってしまった。


【碧音の一言】
 前走の大阪杯(GⅡ)7着は休み明けで、馬が戦闘モードに入っていなかったのかもしれません。元々が好走と凡走を繰り返すタイプでアテにはしにくい分、走られた際には一発あるので常に警戒は必要。



第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  ホエールキャプチャ
ホエールキャプチャ 牝6歳 55蛯名
父      クロフネ
母      グローバルピース
母の父   サンデーサイレンス
馬主     嶋田賢
生産牧場  新ひだか町・千代田牧場
調教師    美浦・田中清厩舎

放牧 3ヶ月休養

【近走戦績】
2014.02.17 東京 東京新聞杯(GⅢ) 芝1600 重 16頭 8人 1着
(競争指数) 195α

(馬場状態) 不良馬場から重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 道中で内目を立ち回る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.3

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 482㌔(+4㌔)仕上り○ 出負け 道中は中団を追走 4角で外へ 直線は一気に交わして先頭に立ち押し切る

(蛯名騎手) 1週延びたことが良かったし、東京のマイルがよほど合うのでしょう。


2013.11.10 京都 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200 重 18頭 4人 6着
(競争指数) 114

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 中団~後方に位置する馬が届きやすい状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

(メモ) ジワッと中団やや後ろへ 道中は折り合い重視の追走 4角から追い上げる 直線もジワジワ伸びる

(田中清調教師) 緩い馬場だったし、距離を意識したのか位置取りも少し後ろになった。


2013.10.14 東京 府中牝馬S(GⅡ) 芝1800 良 13頭 4人 1着
(競争指数) 155

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 13.1 - 12.0 - 12.8 - 13.1 - 12.8 - 12.2 - 10.8 - 10.7 - 11.3

(メモ) スンナリ3番手へ 直線は楽な手応えで逃げ馬に並びかけ残り1ハロンで先頭へ躍り出る

(蛯名騎手) 久々に状態がいいと思い期待していた。ゲート内でも落ち着いていたので思った通りのレースができた。


2013.08.18 函館 札幌記念(GⅡ) 芝2000 重 16頭 9人 14着
(競争指数)  -

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 馬場適性のある馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.7 - 13.0 - 14.0

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 函館滞在 470㌔(-4㌔)

(蛯名騎手) もともと道悪は上手な方ではない。


【碧音の一言】
 ほぼ東京芝コース専門といえるほどの巧者で、年齢的なものを考えると、ここがラスト勝負ではないでしょうか。前走の東京新聞杯(GⅢ)1着では牡馬相手に指数195αをマークされ、今回のメンバー構成を考えると好勝負必至でしょう。



第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  フーラブライト
フーラブライト 牝5歳 55酒井学
父      ゴールドアリュール
母      ヒカルカリーナ
母の父   メジロマックイーン
馬主     吉田和子
生産牧場  登別市・青藍牧場
調教師    栗東・木原厩舎

放牧 2ヶ月休養

【近走戦績】
2014.03.16 中山 中山牝馬S(GⅢ) 芝1800 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 92α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 11.7 - 12.4

(メモ) 短期放牧(ノーザンファームしらがき) 456㌔(-10㌔) 道中は中団で折り合いに専念されて追走 3角過ぎ外へ出され追い上げる 直線も伸びて差し切る

(酒井学騎手) 位置取りには拘らず、折り合いに重点を置いてリズム良く運んだ。勝負どころからは外へ出して自分から動いていった。直線向いて内へモタれる面はあったが、もうひと脚使ってくれた。


2014.01.19 京都 日経新春杯(GⅡ) 芝2400 良 16頭 4人 3着
(競争指数) 116

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場

(ラップ) 13.1 - 11.5 - 11.3 - 12.3 - 12.0 - 12.8 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.0 - 11.8

(メモ) ソロッと好位へ 道中は行きたがるのをなだめながらの追走 直線渋太く伸びる

(武調教助手) ハンデも軽かったが、好位置で流れに乗れたし、最後も一旦離されてから差を詰めてくれた。


2013.12.14 中京 愛知杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 12人 1着
(競争指数) 120α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 外を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.5 - 12.8 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 11.4 - 11.6

(酒井学騎手) 予想以上に流れに乗れたのが大きいし、馬の後ろでうまく脚をタメられたのも良かった。


2013.10.27 京都 3歳上1000万下 芝2400 良 11頭 2人 1着
(競争指数) 65

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.7 - 12.4 - 13.6 - 13.2 - 12.8 - 12.7 - 12.5 - 11.7 - 11.3 - 11.1 - 11.9

(メモ) 発馬五分から3番手へ 直線で外へ出され残り1ハロン標手前で先頭に立って押し切る

(酒井学騎手) 前に壁は作れなかったが、我慢できた。少し動くのが早かったかもしれないが、反応は良かったし、最後までしっかり伸びて凌いでくれた。


2013.09.28 阪神 3歳上500万下 芝2400 良 18頭 9人 1着
(競争指数) 48α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 中団・後方からでも十分に届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.6 - 13.6 - 12.7 - 13.0 - 12.0 - 12.8 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.4 - 12.0

(メモ) 出遅れ(1) 道中は後方で折り合いに専念されて追走 3~4角で徐々に進出 直線半ばで前の集団に追いつきアッサリ抜け出す

(古川吉騎手) 返し馬では硬かったが、道中で段々と芝向きのフットワークになっていった。長いところも良かった感じ。


【碧音の一言】
 ダート中心に使われていた馬が、昨秋から芝路線に戻され【4・0・1・0】。その中で指数もα付きが3度あり、今の充実ぶりからGⅠでも侮れない。

 前走の中山牝馬S(GⅢ)1着では、456㌔(-10㌔)と馬体を減らしていました。今回は再度の関東圏への輸送で馬体が戻っているかがポイントになりそう。


第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  プリンセスメモリー
プリンセスメモリー 牝7歳 55北村宏
父      スウェプトオーヴァーボード
母      リトルブレッシング
母の父   バブルガムフェロー
馬主     海谷幸司
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・高橋博厩舎

放牧 2ヶ月半休養

【近走戦績】
2014.03.08 中山 オーシャンS(GⅢ) 芝1200 良 16頭 13人 7着
(競争指数) 35

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.0 - 10.9 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.9

(後藤浩騎手) 3角でゴチャついてしまい、リズムが狂ってしまった。最後は苦しくて内へササッていた。


2014.02.02 京都 シルクロードS(GⅢ) 芝1200 良 16頭 12人 9着
(競争指数) 76

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.0 - 10.9 - 10.8 - 11.0 - 11.5


2013.12.23 阪神 阪神カップ(GⅡ) 芝1400 良 18頭 13人 13着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 どこを通っても有利不利のない状態
 
(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

(高橋博調教師) スローで前残りになって展開が不向きだったし、外枠でずっと外目を回らされる形になって壁も作れなかったのが応えた。


2013.11.10 東京 オーロカップ 芝1400 良 18頭 11人 1着
(競争指数) 124α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差し・追い込み馬が台頭し始めた状態

(ラップ) 12.4 - 11.2 - 11.7 - 11.7 - 11.2 - 11.0 - 11.9

(メモ) 2ヶ月半休養 408㌔(+2㌔) 道中は中団の内で我慢させて追走 直線向いて徐々に外へ出され坂を上がって前を捌き一瞬の切れを生かす

(後藤浩騎手) タイトなレースになったし、その中で使える脚も限られているが、そこでギリギリまで脚をタメてレースができた。


2013.08.25 函館 キーンランドC(GⅢ) 芝1200 稍重 16頭 8人 11着
(競争指数)  -

(馬場状態) 雨の影響が残る 相当に時計のかかる馬場

(ラップ) 12.1 - 11.0 - 11.8 - 12.3 - 12.0 - 12.5

(メモ) 直前入厩 406㌔(+4㌔)

【碧音の一言】
 4走前の東京芝1400m戦でオーロカップ1着(指数124α)があり、今回のGⅠでも指数的には十分好走範囲にありますが、1600m戦は【0・1・0・7】では軽視せざるを得ない。


第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)  デニムアンドルビー
デニムアンドルビー 牝4歳 55浜中
父      ディープインパクト
母      ベネンシアドール
母の父   キングカメハメハ
馬主     金子真人ホールディングス(株)
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・角居厩舎

短期放牧(ノーザンファーム天栄)

【近走戦績】
2014.03.29 ア首 ドバイシーマクラシック(GⅠ) 芝2410 良 15頭 10着

(松田調教助手) 内目の枠でスタートが良かったので、押し出されるようにハナへ。戸惑いがあったよう。自分から行こうとせず差し一辺倒で極端なレースしかできなかったのが、脚質に幅が出たことは今後に向けてプラスだった。


2013.11.24 東京 ジャパンC(GⅠ) 芝2400 良 17頭 7人 2着
(競争指数) 158

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届きやすい状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.8 - 12.6 - 12.8 - 12.8 - 12.4 - 11.6 - 11.1 - 11.1 - 11.9

(メモ) 中1週 434㌔(-6㌔)細くない 道中は後方で脚をタメて追走 直線で外へ出されグイグイ伸びる

(浜中騎手) 道中はあまり馬を遊ばせないようハミを取らせて走らせた。前が開くタイミングも良かった。


2013.11.10 京都 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200 重 18頭 3人 5着
(競争指数) 102

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 中団~後方に位置する馬が届きやすい状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

(メモ) 出脚ひと息 道中は最後方でスムーズに折り合って追走 勝負どころから差を詰める 直線残り1ハロンからよく伸びる

(松田調教助手) 外回りの2200mで、スタート後は急がせず、最後方から上手に走ってくれたが、勢いをつけたかった4角手前で押っつけ押っつけで、坂の下りが苦手なのか、スピードに乗れなかった。スローな流れ加えて道悪も応えた感じ。


2013.10.13 京都 秋華賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 1人 4着
(競争指数) 10

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.1 - 10.4 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.9

(メモ) ダッシュつかず(1) 発馬五分から行けずに後方へ 道中は折り合いつけて追走 3角過ぎ外回って進出開始 直線向いて外へ振られながらジワジワ脚を使う

(松田調教助手) 内回り2000mというトリッキーなコース形態。自分から早目に動き、勝ちに行くレースをしての結果で仕方がない。


2013.09.15 阪神 ローズS(GⅡ) 芝1800 重 18頭 1人 1着
(競争指数) 95

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 差し・追い込みが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 13.2

(メモ) 放牧(ノーザンファーム早来) 4ヶ月休養 446㌔(+14㌔)仕上り○ 出遅れ(1) 3角から外へ出されジワッと進出開始 直線追われて反応ひと息も残り1ハロンからしっかり伸びて差し切る

(内田博騎手) 中団より前でと思っていたが、馬場が悪かったせいか、スタートは出ているけど進んで行かなかった。最後方から早目早目に追い上げを図って、直線ではまた伸びて差し切るという、よほど強くなくてはできないレースをしてくれた。


【碧音の一言】
 海外遠征帰国緒戦の危うさはあるが、昨年のジャパンカップ(GⅠ)2着(指数158)で走っている得意の東京芝コース【1・1・1・0】なら軽視はできない。


プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR