FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
04 | 2014/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

第81回 日本ダービー(GⅠ)  イスラボニータ
イスラボニータ 牡3歳 57蛯名
父      フジキセキ
母      イスラコジーン
母の父   Cozzene
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  白老ファーム
調教師    美浦・栗田博厩舎

【戦績】
2013.06.02 東京 2歳新馬 芝1600 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 178

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.7 - 12.3 - 12.7 - 12.9 - 12.7 - 11.8 - 11.3 - 11.5

(メモ) 462㌔仕上り◎ 大きく出遅れ(2) 道中は先団を追走 直線では追い出しを待たれ残り1ハロン手前で抜け出す

(会津調教助手) 気性は子供っぽいが、1週前の追い切りで楽々と好タイムが出ていたので期待していた。大きく出遅れたが、すぐに取りついて4角では引っ張り切り。直線は手前を何度も替えながらも押し切ってくれた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.08.25 新潟 新潟2歳S(GⅢ) 芝1600 良 18頭 4人 2着
(競争指数) 125

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 中間ゲート練習 458㌔(-4㌔) 発馬ひと息(1) 道中は中団で行きたがるのをなだめつつ追走 直線は徐々に中ほどへ出され馬込みを捌きつつ伸びる

(蛯名騎手) まだやんちゃでゲート内では集中していなかった。荒削りな面が残っている中で、遅いペースや馬込みにも対応できたし、崩れなかったのは評価できる。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.10.19 東京 いちょうS 芝1800 良 12頭 3人 1着
(競争指数) 185

(馬場状態) 中間の台風の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 外からの差しも届く状態

(ラップ) 12.9 - 11.2 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.7 - 11.9 - 11.0 - 11.5

(メモ) 460㌔(+2㌔)気配◎ 道中は好位置でなだめるくらいの行きっぷりで脚をタメて追走 直線は持ったまま坂を上がって残り300mからグイッと伸びて抜け出す

(蛯名騎手) ゲートを出てくれたのが最大の勝因。もっとタメて脚を伸ばす競馬がベストのはず。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.16 東京 東スポ2歳S(GⅢ) 芝1800 良 15頭 2人 1着
(競争指数) 250

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.2 - 11.6

(メモ) 道中は好位の内目で我慢されての追走 直線向いて満を持して追い出されスパッと切れる

(蛯名騎手) スタートがいいので少し噛んでいたが、何とか我慢させて走らせることができた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.24 東京 共同通信杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 220

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが効きやすい状態 (超スローペース)

(ラップ) 13.0 - 11.6 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 10.9 - 10.9 - 11.6

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 462㌔(+2㌔)仕上り○ 道中は先行集団のインで脚を温存させて追走 直線半ばで持ったまま先頭に立ち楽に振り切る 

(栗田博調教師) 学習能力の高いタイプで、スタートが上手になってきた。ゲートをポンと出たが、なだめながら相手馬の動向を見つつ、終始ゆとりを持ってレースができた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 2人 1着
(競争指数) 270α

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 (平均ペースから瞬発力も必要な厳しい展開)

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(メモ) 短期放牧(山元トレセン) 462㌔(±0㌔) 道中は先団直後の外を追走 4角で勢いつけて先団に並びかける 直線で一気に交わして勝負を決める

(蛯名騎手) 直線向いて前の馬が手応え良く走っていたし、自身も折り合い十分だったので、一気に行った。先頭に立ってフワフワしたが、他馬と並んでいたので大丈夫と思った。


【碧音の一言】
 東京コース・・・【4・0・0・0】重賞2勝あり

 距離・・・徐々に距離を延ばしていって折り合い面も何とかクリアされており、こなしてくれそう

 ベスト指数・・・前走の皐月賞(GⅠ)。全体に淀みない厳しいラップで指数α付きで上々の内容












スポンサーサイト



第81回 日本ダービー(GⅠ)  アドマイヤデウス
アドマイヤデウス 牡3歳 57岩田
父      アドマイヤドン
母      ロイヤルカード
母の父   サンデーサイレンス
馬主     近藤利一
生産牧場  浦河町・辻牧場
調教師    栗東・橋田厩舎

【戦績】

2013.11.03 京都 2歳新馬 芝1800 良 16頭 9人 3着
(競争指数) 190

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.1 - 11.6 - 12.1 - 13.3 - 13.4 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.3

(メモ) 道中は中団の外を促されながらの追走 勝負どころいち早く手が動く 直線は大外から伸び脚目立つ

(和田竜騎手) 伸びかけたところで外へ張られてしまった。実戦に行って良さを見せ、軽い芝が合う感じ。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.23 京都 2歳未勝利 芝2000 良 18頭 5人 2着
(競争指数) 190

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.4 - 11.9 - 12.8 - 13.0 - 12.7 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.6

(メモ) アオり気味(1) 道中は中団を追走 向正面で動き好位へ 直線追い出されジワジワ詰め寄る

(和田竜騎手) ゲートで硬直するような感じで出遅れてしまった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.15 阪神 2歳未勝利 芝2000 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 220  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.2 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.8

(メモ) 道中は5番手を折り合って追走 直線の激しい追い比べを制する

(岩田騎手) 道中は落ち着いて運べた。追ってからもしっかりしていた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.01 京都 梅花賞 芝2400 良 13頭 4人 3着
(競争指数) 158

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.3 - 12.3 - 12.7 - 12.9 - 13.2 - 13.2 - 12.2 - 12.1 - 11.2 - 11.8

(メモ) 道中は後方4番手を追走 4角で2番手の外へ 直線で内へ行く面見せるも最後までしっかり伸びる

(和田竜騎手) 道中は流れに乗って運べたが、4角から直線では内へモタれる面があった。まだ緩さが残っている。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.22 小倉 あすなろ賞 芝2000 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 160α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.7 - 11.9

(メモ) 470㌔(-2㌔)テンション高め・二人引き 道中は4番手をガッチリ抑えて追走 向正面で外へ 3角で軽く仕掛けスーッと前に取りつく 直線追われるとしっかり伸びて完勝

(丸山騎手) トビの大きいタイプで、早目に外へ出したかったが、うまく運べた。最後は抜け出してフワフワしていた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.22 阪神 若葉S 芝2000 良 12頭 2人 1着
(競争指数) 148α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が断然優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.6 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 12.0

(橋田調教師) 前が残るペースだったが、直線だけでよく差し切ってくれた。レースに行くとムキになる面がまったくなく、精神的にしっかりしていて、道中掛かる面がないから、終いは切れる脚を使える。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 7人 9着
(競争指数) 138

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 (平均ペースから瞬発力も必要な厳しい展開)

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(岩田騎手) いい流れになったし、3~4角でもバランスを崩さずしっかりと脚は溜まったが、伸び切れなかった。


【碧音の一言】
 東京コース・・・未経験(左回りも含めて)

 距離・・・気性的にはこなすも、一度経験の梅花賞での内容はひと息で肉体的に厳しい印象あり

 ベスト指数・・・2歳時の未勝利戦勝ち 後半ラップ11.3 - 11.0 - 11.8の上がり勝負をメンバー中最速の上がりで勝利












第81回 日本ダービー(GⅠ)  アズマシャトル
アズマシャトル 牡3歳 57松山
父      ゼンノロブロイ
母      ブレッシング
母の父   マルゼンスキー
馬主     東哲次
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    栗東・加用厩舎

【戦績】

2013.11.09 京都 2歳新馬 芝1600 良 11頭 2人 1着
(競争指数) 130  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.7 - 12.2 - 12.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 10.9

(メモ) 490㌔仕上る 道中は中団の外を追走 4角手前で促される 直線残り1ハロンで楽々と抜け出す

(松山騎手) 上がり勝負でも追ってからの反応が文句なかった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.30 阪神 千両賞 芝1600 良 12頭 3人 2着
(競争指数) 180

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 11.4 - 11.7

(松山騎手) 前につけたかったが、行けなかった。ラストはよく伸びている。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 8人 2着
(競争指数) 255

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(松山騎手) 少し掛かっていたが、すぐに落ち着いてくれた。初めての距離にもうまく対応できたが、3角で外から早目に来られてしまい、一緒に動かざるを得なかった分が痛かった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.09 中山 弥生賞(GⅡ) 芝2000 良 13頭 5人 6着
(競争指数) 122

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態 (平均ペースで直線は底力勝負)

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.8 - 12.8 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 488㌔(+4㌔)余裕 道中は中団馬群を追走 直線で外目へ出されジリジリ

(加用調教師) 3分3厘でノメッていたし、それで手応えが怪しくなったよう。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.29 阪神 毎日杯(GⅢ) 芝1800 良 14頭 2人 5着
(競争指数) 185

(馬場状態) 時計のかかる馬場 (平均やや遅めの流れ)

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 10.7 - 12.4

(メモ) 484㌔(-4㌔)脚捌き硬め 道中は中団馬込みの中を追走 直線追われて反応鈍く最後は上位馬と同じ脚いろ

(松山騎手) 好位置で流れに乗れたが、思ったほどの脚を使ってくれなかった。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.05.10 京都 京都新聞杯(GⅡ) 芝2200 良 18頭 6人 13着
(競争指数) 10

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場が続く 差しが決まる状態 (前1頭が飛ばして逃げる展開)

(ラップ) 12.2 - 10.3 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 12.8 - 11.6 - 11.8

(メモ) 486㌔(+2㌔)両前ソエ焼き跡あり 道中は後方で脚をタメて追走 4角反応鈍い 直線はサッパリ


【碧音の一言】
 東京コース・・・未経験

 距離・・・芝2000m・道中ラップ13秒台2度続く流れで行きたがる経緯あり

 ベスト指数・・・2歳時(ラジオNIKKEI杯・2着)上がり勝負の後半ラップ11.6 - 11.6 - 12.1 ラスト12秒台に落ちたところで浮上


 









 



東京11R 第75回 優駿牝馬(GⅠ)
東京11R 優駿牝馬(GⅠ)


桜花賞(GⅠ)のラップ構成【11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1】
フクノドリーム・ニホンピロアンバー・コーリンベリーの3頭が作ったハイペースで、後半2ハロンでラップが落ちる、完全追い込み有利な決着。

今回はその3頭が出走していない点がポイントではないでしょうか。

そこで今回のメンバーを見渡せば、④ペイシャリフェリスあたりが行く形になるかと思いますが、その後に続くのは⑰フォーエバーモアが前で折り合いをつける展開が予想されます。いずれにしても桜花賞(GⅠ)とは一転しての前半~中盤はスローになることでしょう。

直線固まっての瞬発力勝負になってしまえば、⑩ハープスターに敵わないので、3~4角あたりから地力勝負型へ持ち込めるタイプに勝機があるのでは。


 バウンスシャッセ

3走前、寒竹賞・1着のレース内容を評価します。

ラップ構成【12.5 - 11.0 - 12.8 - 11.9 - 12.3 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.7】で後半5ハロン目から速くなる流れを、道中は好位で流れに乗せて、直線早目2番手から差し切った地力は相当です。前走、皐月賞(GⅠ)を牡馬相手に道中内目で揉まれた経験も生きてくるかもしれません。


○ ⑭ブランネージュ

この馬も前走、フローラS(GⅡ)・2着の内容はマズマズ。

ラップ構成【12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5】で、直線の長い府中で後半4ハロン目からの速いラップを直線で一旦は抜け出すという見せ場を作って粘った点は評価できます。割と東京芝2400mに直結傾向にあるコースの阪神芝1800m(君子蘭賞)を勝利したことも高い評価に値します。


▲ ⑩ハープスター

中途半端な印になってしまいました。

母の父ファルブラヴが、どうしても東京芝2400mで好走するイメージを持てません。確かにこれまでのレースにおいて、騎手との折り合いはついており一気の距離延長にも対応できるとの評価をされていますが、気性がこなしても肉体がこなしてくれるのか?一瞬の剛脚は、短距離因子の証しだとすれば危険な面もある反面で、今回も一連の流れになってしまえば圧勝の場面もあり得ることから単穴評価としました。


注 ⑫マイネグレヴィル

3走前、京成杯(GⅢ)のレース内容を評価しました。

ラップ構成【12.4 - 11.0 - 12.9 - 11.7 - 12.6 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 12.3 - 12.6】で後半5ハロン目からやや速くなった流れを2番手からの積極策で牡馬相手の重賞(1着・プレイアンドリアル、2着・キングズオブザサン)を5着に粘った渋太さは脅威です。あとは時計面での比較で見劣る点をどう違う形で補えるか。


△ ⑨ヌーヴォレコルト

キャラ的に、ほぼハープスターと同様のタイプと見ているが、馬込みで競馬ができるのが魅力も、いずれにしてもハープスターには及ばないと判断。


△ ⑥パシフィックギャル

今年はゼンノロブロイ産駒が豊作で、オークスには3頭が出走してきました。この馬自身も能力は高く、デビューから高いレベルで安定して走っており、休養明けだった前走のフラワーS(GⅢ)も2着好走と更なる上積みあれば上位食い込みまであるかもしれません。



 
第75回 オークス(GⅠ) ハープスター
ハープスター 牝3歳 55川田
父      ディープインパクト
母      ヒストリックスター
母の父   ファルブラヴ
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【戦績】
2013.07.14 中京 2歳新馬 芝1400 良 10頭 1人 1着
(競争指数) 144α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 かなり差し馬優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.9 - 12.5 - 11.5 - 11.9 - 12.0

(メモ) 474㌔仕上る ジワッと下げて中団へ 道中は折り合いつけて追走 勝負どころ外から並ばれ進出開始 直線向いて馬場の悪い内へ押し込められるもエンジンがかかってからグイグイ伸びて一気に抜け出し最後は流す余裕

(松田博調教師) 引っ掛かるような面がなく、追ってからがいいのは調教通り。直線では外から締められて狭くなったが、そこからよく抜け出してくれた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.08.25 新潟 新潟2歳S(GⅢ) 芝1600 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 165α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4

(メモ) 発馬ひと息(0.5) 直線で外へ出され残り1ハロンから鋭く伸びて突き抜ける

(松田博調教師) 仕掛けてすぐに反応しなかったが、ハミが掛かってから抜け出した時の速さは大したもの。牝馬としては、いい意味でリラックスした面があるのは頼もしい。

【碧音の一言】
 指数up 2戦目 距離14⇒1600m延長 コース中京⇒新潟コース替わり エンジン掛かり遅い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 293

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 3ヶ月半休養 476㌔(+2㌔)仕上る・冬毛 道中は後方で折り合い重視の追走 直線向いて追い出されエンジンのかかりは遅かったものの残り100m付近から猛追

【碧音の一言】
 指数大幅Up 休養明け コース新潟⇒阪神コース替わり(初コース、右回り初) エンジンの掛かり遅い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 1人 1着
(競争指数) 212α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 3ヶ月休養 476㌔(±0㌔)仕上り○ 道中は後ろから2番目を追走 3分3厘からジワッと動く 4角大外からシューッと加速 直線はノーステッキで2馬身半差

(松田博調教師) 追い出してすぐにはハミが掛からないが、加速がついてからの瞬発力が長所で、期待通りに強いレースをしてくれた。

【碧音の一言】
 指数α付き勝利 休養明け エンジンの掛かり遅い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 259α メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出遅れ(1) 道中は最後方をマイペースで追走 4角手前からジワッと外へ 直線向いて大外へ出され1ハロン標手前でエンジンかかりゴール寸前差し切る

(川田騎手) 前半はリズムを取りながら運んだ。追い出しをタイミングだけを気をつけて、よく差し切ってくれた。

【碧音の一言】
 指数α付き勝利 叩き2走目


【現時点での評価】
 完成度は高い次元で抜群も、馬体的な成長力に疑問を感じる。他馬がここにきて急成長を成し遂げる馬がいた場合に逆転される可能性はあるのではと思っています。

 折り合い面に癖のあるタイプではないので、距離16⇒2400mへの延長も無難にこなしてくれると思いますが、母の父ファルブラヴの血が若干気になる。ゴール前でひと伸びを欠くシーンも想定に入る。

 桜花賞(GⅠ)2着馬・レッドリヴェールが日本ダービーへ向かう理由をどう見るか。
  ①・ハープスターには歯が立たないと見て、オークスよりダービーの方にチャンスありとの計算
  ②・レッドリヴェール自身、1週余裕を持たせたローテを選んだ
  ③・ハープスターには、どうしても2冠を達成してもらいたく、目に見えない力が働く
 
第75回 オークス(GⅠ) ヌーヴォレコルト
ヌーヴォレコルト 牝3歳 岩田
父      ハーツクライ
母      オメガスピリット
母の父   スピニングワールド
馬主     原礼子
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・斎藤誠厩舎

【戦績】
2013.10.19 東京 2歳新馬 芝1600 良 18頭 1人 4着
(競争指数) 75

(馬場状態) 中間の台風の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 外からの差しも届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.1 - 12.1 - 12.8 - 13.2 - 11.5 - 11.1 - 12.0

(メモ) 440㌔馬体◎

(戸崎騎手) 道中はフワフワする面はあったが、追ってからは反応してくれた。ゴール前で前を塞がれたが、外へ切り替えてからよく伸びてくれた。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.09 東京 2歳未勝利 芝1600 良 11頭 1人 1着
(競争指数) 135α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 外からの差し・追い込みも決まる状態

(ラップ) 12.7 - 12.0 - 12.6 - 12.6 - 13.0 - 11.8 - 11.0 - 11.3

(メモ) 道中は中団の外を追走 直線そのまま外から一気の差し切り

(福永騎手) スタートが速く、折り合いもつくし、追ってからも良かった。

【碧音の一言】
 指数up 2戦目 

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.08 中京 こうやまき賞 芝1600 良 10頭 2人 1着
(競争指数) 166

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.6 - 12.1 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 11.1 - 11.6

(メモ) 道中は2番手を追走 直線追われて残り1ハロン標で先頭に立って後続の追撃を封じる

(吉田隼騎手) 出たなりでジッと運ばせる予定だったが、ポンと出たので前目でのレース。折り合って上手に走れたし、追ってからもスッと反応してくれた。

【碧音の一言】
 非直結コース(参考外)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 4人 2着
(競争指数) 203

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 放牧(山元トレセン) 3ヶ月休養 438㌔(-2㌔)仕上り○ 道中は脚をタメて手応え良く追走 直線向いて追い出され内へモタれながらしっかり伸びる

(斎藤誠調教師) 長距離輸送は問題なくクリア。休み明けでも落ち着いて臨めたし、初の右回りにもスムーズに対応してくれた。

【碧音の一言】
 指数大幅Up 休養明け コース中京⇒阪神(初コース、右回り初) 関西圏初

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 5人 3着
(競争指数) 226

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 道中は中団で折り合いをつけ脚を温存させて追走 直線は狭いところを割ってしっかり伸びる

(岩田騎手) 思った通りの競馬はできたが、少し待たされるところがあった。

【碧音の一言】
 指数Up 叩き2走目

【現時点での評価】
 デビューから着実に指数をUpさせているハーツクライ産駒で、レースセンスも申し分なく立ち回り方次第では逆転の可能性をも感じさせる勢いあり。距離16⇒2400mへの一気に延長も騎手との呼吸がうまく噛み合うタイプで問題無いでしょう。





第75回 オークス(GⅠ) レーヴデトワール
レーヴテトワール 牝3歳 55福永
父      ゼンノロブロイ
母      レーヴドスカー
母の父   Highest Honor
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【戦績】
2013.10.05 京都 2歳新馬 芝1600 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 130α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 開幕週 かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.6 - 11.9 - 12.5 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 11.2

(メモ) 466㌔仕上る ソロッと中団馬込みの中へ 道中はスムーズに折り合って手応え良く追走 直線向いて追い出しを待つ余裕から最後キッチリ差し切る

(川田騎手) 思ったよりゲートは出てくれて、道中は好位置でリズム良く運べた。物見がキツいので、追い出しを待った。

【碧音の一言】
 半姉レーブディソール 物見(若さあり)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.10.26 京都 萩ステークス 芝1800 稍重 9頭 1人 6着
(競争指数) 64

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 13.2 - 11.2 - 11.5 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 11.7 - 11.6

(松田博調教師) スタートしてから外へ出すと行きたがり、頭を上げる場面があった。

【碧音の一言】
 指数down やや重馬場 距離16⇒1800m延長 折り合い欠く

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.24 京都 白菊賞 芝1600 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 205α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.3 - 11.3 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9

(メモ) 456㌔(-12㌔)絞れる・舌括る 出負け 4角手前からジワッと動く 直線向いて大外へ出され残り1ハロンからエンジンかかり一気に差し切る

(松田博調教師) メンコ装着の効果があったようで、随分と落ち着きが出ていた。舌も縛って、レースは折り合いがスムーズだった。

【碧音の一言】
 指数up 距離18⇒1600m短縮 スムーズに折り合う

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 3人 9着
(競争指数) 98

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 中1週 460㌔(+4㌔)舌括る 道中は後方を追走 直線で追われるとフワフワして伸び切れず

(福永騎手) 勝ち馬(レッドリヴェール)の後ろでいい感じだったが、直線では余力がなかった。間隔が詰まっていたからかも。距離はもう少しあってもいいかもしれない。

【碧音の一言】
 指数down 指数200超えからの中1週 コース京都⇒阪神替わり(初コース)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.02 阪神 すみれS 芝2200 良 7頭 3人 4着
(競争指数) 174

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 12.0 - 12.3 - 13.7 - 13.5 - 13.5 - 12.9 - 12.0 - 11.4 - 11.4 - 12.1

(メモ) 3ヶ月休養 462㌔(+2㌔)仕上る

(川田騎手) ペースが遅く、ちょっと行きたがっていたが、よく我慢してくれた。4角では手応えが怪しく、直線は苦しそうだった。

【碧音の一言】
 指数down(自己ベストに対して) 休養明け 距離16⇒2200m大幅延長 折り合い微妙

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 7人 5着
(競争指数) 182

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出脚ひと息(1) 道中は後方の内を追走 4角内を突いて差を詰める 直線もしっかり伸びる

(福永騎手) テンにあまり出て行かなかった。直線向いて内がガラ空きだったので突いて、シューッと上がってきた。

【碧音の一言】
 指数横ばい(前走比較) 叩き2走目 距離22⇒1600m大幅短縮 折り合う

【現時点での評価】
 距離延長で折り合いを欠く場面が想定され、前走からの距離16⇒2400mは微妙なところがありますし、関東圏への遠征も初めてになる。不安一掃なら2着争いに加わる能力はあるが、人気になるようなら静観するのが手かもしれない。

第75回 オークス(GⅠ) サングレアル
サングレアル 牝3歳 55戸崎
父      ゼンノロブロイ
母      ビワハイジ
母の父   Caerleon
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【戦績】
2013.11.30 阪神 2歳新馬 芝1600 良 11頭 1人 1着
(競争指数) 162

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.2 - 11.4 - 12.9 - 13.1 - 12.6 - 11.4 - 10.9 - 11.6

(メモ) 420㌔仕上る 

(岩田騎手) 道中はいい感じだったし、追ってからの瞬発力も申し分なかった。

【碧音の一言】
 デビュー戦勝ち 半姉ブエナビスタ  半兄アドマイヤオーラ

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.01.05 京都 福寿草特別 芝2000 良 8頭 2人 4着
(競争指数) 100

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.0

(メモ) 道中は後方の内を追走 直線で内を突き内へモタれ残り100mで外へ出されるも差が詰まらず

(岩田騎手) ペースが速くて戸惑っていたが、ラストはよく伸びてくれた。

【碧音の一言】
 指数down  2戦目 コース阪神⇒京都替わり 距離16⇒2000m延長 速い前半ラップに戸惑う

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 4人 1着
(競争指数) 175α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 4ヶ月休養 414㌔(-4㌔) 出遅れ(1) 道中は後方インで折り合いに専念されて追走 直線はかなり外まで出され追われて1頭違う勢いで伸びて差し切る

(岩田騎手) スタートはひと息だったが、最初のコーナーで前がゴチャついたので却って良かった。前の馬に並ぶまでが速くて、交わすとまた子供っぽさを出していた。

【碧音の一言】
 指数Up  休養明け コース京都⇒東京替わり(初左回り・初関東圏遠征)

【現時点での評価】
 休養明けで、しかも初めての東京コースでも指数を大幅にUpされたのは収穫大。折り合い面に難を見せるタイプではなさそうで、2400mへの距離延長も問題無さそう。前走をひと叩きされて前進見込めば2着争い筆頭候補まで浮上。


第75回 オークス(GⅠ) アドマイヤシーマ
アドマイヤシーマ 牝3歳 55○○○
父      ディープインパクト
母      ショアー
母の父   Acatenango
馬主     近藤利一
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・友道厩舎

【戦績】
2013.10.05 新潟 2歳新馬 芝1600 良 18頭 1人 7着
(競争指数) 70

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 13.1 - 13.8 - 13.3 - 12.0 - 10.7 - 11.5

(メモ) 430㌔仕上る・テンション高め 道中は中団を手応え良く追走 直線向いて追い出され外へ逃げる面見せる

(福永騎手) ペースが遅くて前が残る競馬になってしまった。

【碧音の一言】
 直線右へ左へヨレる(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓ 

2014.01.11 京都 3歳未勝利 芝1800 良 16頭 7人 4着
(競争指数) 115

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.6 - 12.2 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 12.2

(メモ) 3ヶ月休養 422㌔(-8㌔)仕上る 道中は後方の内で折り合い重視の追走 3角過ぎジワッと前に接近 直線で外へ出されしっかり伸びる

(福永騎手) 坂の下りで外へ膨れたりして若さを見せていた。

【碧音の一言】
 指数Up  2戦目 休養明け コース新潟⇒京都替わり(初右回り) 距離16⇒1800m延長 坂の下り外へ膨れる(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.01 京都 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 1人 5着
(競争指数) 115

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 

(ラップ) 12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 13.1 - 12.4 - 12.1 - 11.7 - 11.8

(メモ) アオル(2) 道中は後方で折り合いをつけて追走 向正面半ばでジワッと中団へ 直線バラけてからしっかり伸びる

(Cデムーロ騎手) ゲートがひと息だったし、道中もフワフワしていた。

【碧音の一言】
 指数横ばい 叩き2走目 ゲートひと息2馬身遅れ 距離18⇒2000m延長 道中フワフワ(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.22 京都 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 4人 2着
(競争指数) 155

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 内を通るが優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 13.1 - 13.2 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.9

(メモ) ジワッと中団へ 道中は行きたがるのを抑えて追走 直線は少し待ってから追い出され一旦は抜け出すも勝ち馬に強襲される

(福永騎手) 外へ逃げる面があったので注意していたが、右に行ってしまった。

【碧音の一言】
 指数Up  直線追われて内へササる(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.22 中京 3歳未勝利 芝2000 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 175  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 12.9 - 12.7 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.8 - 12.2

(メモ) 424㌔(-2㌔)二重メンコ 道中は中団の後ろで脚を温存されて追走 直線は大外へ出されいい脚で追い込む

(福永騎手) これまでで一番折り合いがついたし、コーナーワークも問題なかった。直線でもまっすぐ走ってくれた。

【碧音の一言】
 指数Up  非直結コース(参考外)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.19 阪神 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 124α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 
 
(ラップ) 12.5 - 11.6 - 13.4 - 13.2 - 12.6 - 12.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 11.5

(メモ) 道中は馬の後ろで折り合いに専念されて追走 直線向いてジワッと外へ出され追い出し瞬時に反応して一気に抜け出す

(福永騎手) ハミを掛けて位置を取りにいった。直線ではいい瞬発力を見せてくれた。やっと調教の良さを生かせた。

【碧音の一言】
 指数α付き勝利  コース中京⇒阪神替わり(初コース)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.05.11 京都 矢車賞 芝2000 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 172α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場が続く 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.9 - 11.9 - 11.5 - 11.7 - 12.4 - 12.2 - 12.3 - 11.7 - 11.7

(メモ) 道中は中団をスムーズに追走 4角回りながら外へ 直線は一気に突き抜ける

(藤岡康騎手) 道中は落ち着いて運べたし、ゴーサインを出すとスッと反応してくれた。反応が良過ぎて抜け出すのが早くなった分、最後は遊ぶ面があった。

【碧音の一言】
 指数横ばいα付き2連勝 若さ抜ける


【現時点での評価】
 若さが抜けてきた今なら東京芝2400mでも上手に走ってくれそう。関東圏初遠征で落ち着いて望めれば入着以上の期待がかかる

第75回 オークス(GⅠ) ブランネージュ
ブランネージュ 牝3歳 55○○○
父      シンボリクリスエス
母      シナノネージュ
母の父   フレンチデピュティ
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  追分ファーム
調教師    栗東・藤岡健厩舎

【戦績】
2013.06.29 中京 2歳新馬 芝1400 良 13頭 8人 3着
(競争指数) 97

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.0 - 11.5 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 12.1

(メモ) 454㌔仕上る 出遅れ(2) 道中は後方を折り合い重視の追走 3角過ぎ外をジワッと進出 直線向いてやや置かれるも半ばからしっかり伸びる

(藤岡康騎手) 4角で振られて外を回る形になったが、最後までしっかり脚を使ってくれた。

【碧音の一言】
 出遅れ2馬身 非直結特殊コース

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.07.20 中京 2歳未勝利 芝1400 良 10頭 3人 3着
(競争指数) 100

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 外差し優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.9 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 11.4 - 12.3

(メモ) ジワッと中団へ 道中は少し抑えるぐらいで行きっぷり良く追走 直線で外へ出してから追い出され2番手に上がるも残り100mでジリっぽく

(藤岡康騎手) ゲートを五分に出て、道中もスムーズに折り合って運べたし、直線も狭いところから伸びてくれた。坂で苦しくなったので、平坦コースの方がいいかもしれない。

【碧音の一言】
 2戦目 非直結特殊コース

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.10.19 新潟 2歳未勝利 芝1600 良 16頭 2人 2着
(競争指数) 125

(馬場状態) 時計のかかる馬場 多少湿った状態

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 12.4 - 13.3 - 12.7 - 11.6 - 10.7 - 11.6

(メモ) 3ヶ月休養 460㌔(+10㌔)やや緩い・テンション高め 道中は中団を追走 直線向いて内から寄られる場面から外へ出されいい脚を使う

(藤懸騎手) 最後まで集中して走ってくれたが、最後は同じ脚いろになってしまった。

【碧音の一言】
 休養明け 詰め甘い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.03 京都 2歳未勝利 芝1400 良 13頭 3人 2着
(競争指数) 149

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.7 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.8

(メモ) 好スタートから前へ 直線残り1ハロン過ぎに一旦先頭に立つ

(藤岡康騎手) スタートが良かったし、スムーズに運べた。少し早目に動いたのが最後に響いた。

【碧音の一言】
 指数up 叩かれ2走目 距離16⇒1400m短縮 コース新潟⇒京都替わり(初右回り) 詰め甘い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.17 京都 2歳未勝利 芝1600 良 18頭 1人 3着
(競争指数) 140

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.6 - 11.9 - 12.5 - 12.0 - 11.7 - 11.4 - 11.6

(メモ) 中1週 458㌔(-2㌔)メンコ 道中は2番手を追走 直線で我慢を重ねてから追い出すもジリっぽく

(藤岡康騎手) スタート良く番手でスムーズに運べた。追い比べでも止まってはいないが、現状ではマイルはやや長い感じ。

【碧音の一言】
 指数横ばい 距離14⇒1600m延長 詰めが甘い

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.02.15 京都 3歳未勝利 芝1600 重 16頭 1人 1着
(競争指数) 165

(馬場状態) 雪の影響が残る 時計のかかる馬場 

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 12.1 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 11.6 - 11.8

(メモ) 3ヶ月休養 460㌔(+2㌔)仕上る・イレ気味 ソロッと好位へ 道中は折り合い重視で追走 直線追われてアッサリ抜け出す

(秋山騎手) 結構イレ込んでいたが、レースにはそう影響はなかったはず。

【碧音の一言】
 指数up 重馬場 休養明け

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 7人 4着
(競争指数) 171

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 道中は中団で脚を温存させて追走 直線よく伸びるも最後は伸び負け

(藤岡康騎手) 競馬が上手だったが、伸びてきて、最後の坂で勢いが止まった。

【碧音の一言】
 指数微増 叩き2走目 コース京都⇒阪神替わり(初コース) 急坂で脚いろ鈍る

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.29 阪神 君子蘭賞 芝1800 良 10頭 2人 1着
(競争指数) 148α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.7 - 11.0 - 11.9

(メモ) サッと好位インへ 道中は折り合いをつけて追走 直線で追い出しを待たされるも開いたスペースを突っ込み鮮やかに割って出る

(藤岡健調教師) 好位インでジッとタメて、スペースができてからはいい脚を使ってくれた。

【碧音の一言】
 指数α付きの勝利 距離16⇒1800m延長 GⅢ⇒500万下(自己条件)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 6人 2着
(競争指数) 170

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 道中は好位インを抑え切れない行きっぷりで追走 直線は狭いところをこじ開けて一旦は抜け出すも最後に差される

(秋山騎手) 思った通りに運べたが、相手(サングレアル)がそれ以上に強かった。

【碧音の一言】
 指数横ばい 距離18⇒2000m延長 コース阪神⇒東京替わり(初コース) 関東圏初遠征 詰め甘い


【現時点での評価】
 東京芝2400mは問題無さそう 相変わらず詰めは甘く早目の競馬でどこまで踏ん張れるか3着争いまで

第75回 オークス(GⅠ) マイネオーラム
マイネオーラム 牝3歳 55松岡
父      ステイゴールド
母      マイネシャローナ
母の父   コマンダーインチーフ
馬主     (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場  ビッグレッドファーム
調教師    美浦・高橋博厩舎

【戦績】
2013.08.11 新潟 2歳新馬 芝1600 良 18頭 8人 6着
(競争指数) 60

(馬場状態) 前日夕方の雨の影響が若干残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.8 - 12.3 - 13.6 - 12.9 - 11.3 - 10.7 - 11.8

(メモ) 460㌔馬体◎ 出たなりに中団へ 直線ジリジリ差を詰めるも残り1ハロン手前で内へモタれ気味になる

(武士沢騎手) まだ追い足りない状態だったし、レースでは内へモタれていた。

【碧音の一言】 
 このレースの勝ち馬はフォーエバーモア(指数180α)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.08.24 新潟 2歳未勝利 芝1800 稍重 18頭 9人 1着
(競争指数) 120α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 朝までの雨の影響が残る やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.3 - 11.5 - 12.9 - 12.9 - 12.4 - 11.6 - 11.5 - 12.1

(メモ) 中1週 462㌔(+2㌔) 道中は中団内ラチ沿いを追走 直線向いて徐々に外へ出され残り1ハロン付近から鋭く伸びてゴール前で差し切る

(柴田大騎手) 一度使われてしっかり脚を使ってくれた。渋った馬場は良かった。

【碧音の一言】
 変わり身要素は叩き2戦目、降雨で重い芝、距離16⇒1800m延長、相手関係等々

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.09.28 中山 芙蓉S 芝1600 良 11頭 10人 4着
(競争指数) 101

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 11.1 - 11.3 - 11.9 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.9

(メモ) 道中は好位ポケットを追走 直線坂下で外へ出されジリジリ伸びる

(松岡騎手) まだ集中力がなくて、広いところへ出すと物見をしていた。

【碧音の一言】
 指数down 新潟⇒中山コース替わり、距離18⇒1600m短縮、高速馬場、物見(若い)。

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.03 東京 百日草特別 芝1800 良 16頭 6人 6着
(競争指数) 120

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 11.6 - 11.5 - 12.5 - 12.6 - 12.1 - 11.4 - 11.9

(メモ) 道中は控えて好位を追走 直線ラチ沿いから粘り込み図るも残り100mで力尽きる

(柴田大騎手) モタれる面があってまっすぐ走れなかった。

【碧音の一言】
 指数前々走レベル 距離16⇒1800m延長、右回り⇒左回り替わり、モタれる(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2013.11.30 中山 葉牡丹賞 芝2000 良 16頭 7人 5着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場 外からの差し・追い込みも決まる状態

(ラップ) 12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 12.1

(柴田大騎手) 口向きに難しい面があり、コントロールが利かなかった。集中して走っていない感じで、追ってからも手応えほど脚を使っていない。距離は延びた方がいいタイプ。

【碧音の一言】
 指数横ばい コース東京⇒中山替わり、距離18⇒2000m延長、口向き悪い(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.01.06 中山 寒竹賞 芝2000 良 13頭 5人 8着
(競争指数) 122

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 12.8 - 11.9 - 12.3 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.7

(柴田大騎手) 以前に比べるとコントロールがしやすかったが、逆に前に進んでくれなかった。メンコを装着したが、他馬を気にしている感じで後ろに入ろうとしていた。

【碧音の一言】
 指数横ばい 他馬気にする(若い)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.02 中山 3歳500万下 芝1800 稍重 14頭 4人 1着
(競争指数) 96α

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.7 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.3 - 12.5

(メモ) 軽く促し3番手のインへ 直線半ばまで追い出しを待たされるも前が開くとキッチリ差し切る

(高橋博調教師) モタれることなく、スムーズなレース運びができた。

【碧音の一言】
 指数α付き勝利 やや重馬場で2勝目、牝馬限定戦(相手関係恵まれ)、モタれず

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 11人 6着
(競争指数) 125

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(丹内騎手) 外枠だったので、1角で外を回り過ぎないように気をつけた。最後もジワジワ伸びており、真面目に走るようになってきた。

【碧音の一言】
 指数ほぼ横ばい 真面目に走る様になる(気性の成長窺える)

          ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 13人 3着
(競争指数) 170

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 道中は中団の外目を手応え良く追走 直線で更に外へ出されジリジリとしっかり伸びる

(松岡騎手) まだフラつく面はあるが、以前より大分体がしっかりしてきている。

【碧音の一言】
 指数up自己ベスト コース中山⇒東京替わり、距離18⇒2000m延長、3走前くらいから若さ抜け始める


【現時点での評価】
 東京芝2400mは問題無さそう、気性的にも若さが抜けてきている、3着争いには加われそうで道悪になれば有力馬に浮上余地あり

第75回 オークス(GⅠ) 東京芝コースでは底見せず
マーブルカテドラル 牝3歳 55田辺
父      ダイワメジャー
母      ヘルスウォール
母の父   エリシオ
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・上原厩舎

【近走戦績】
2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 9人 7着
(競争指数) 143

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出遅れ(1) 道中は後方で折り合いをつけて追走 直線向いて追い出すもジリジリ

(田辺騎手) 落ち着きは出てきたが、ズブくなった感じではなく、急がせたら掛かりそうなくらいだった。ペースが流れたので道中は馬の後ろでジッとして、直線向いての反応も上々。


2014.03.15 中山 アネモネS 芝1600 良 16頭 1人 4着
(競争指数) 140  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場
 
(ラップ) 12.4 - 11.1 - 11.8 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 11.3 - 12.0

(メモ) 3ヶ月休養 440㌔(±0㌔)仕上り○ 出遅れ(1) 勝負どころ外目を回って追い上げる 直線ゴール前で甘くなる

(上原調教師) 休み明けだったし、寒い時季は良くないタイプ。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 4人 5着
(競争指数) 221

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) ジワッと中団へ 道中は折り合いをつけて追走 直線で数回手前を替えてジリジリ差を詰める

(田辺騎手) 上手に競馬をしてくれたが、上位馬が強かった。もう一段階パワーアップしてくればいい。


第75回 オークス(GⅠ) ここ目標に仕上げられ
マジックタイム 牝3歳 55横山典
父      ハーツクライ
母      タイムウィルテル
母の父   ブライアンズタイム
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・中川厩舎

【近走戦績】
2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 1人 6着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 放牧(天栄牧場) 2ヶ月休養 454㌔(-4㌔) 出遅れ(1)

(杉原騎手) 最初のコーナーで少し引っ張る形になったが、その後はリズムを崩さず走れたし、直線の坂を上がる時には突き抜けそうな手応えだった。残り100mくらいで苦しくなった。


2014.02.18 東京 クイーンC(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 3人 2着
(競争指数) 195

(馬場状態) 雪の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 道中で内目を立ち回る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 11.3 - 11.5 - 11.9

(メモ) 2ヶ月休養 458㌔(+12㌔)仕上り◎ スタートひと息(1) 道中は中団を追走 直線で前が壁になり追い出しを待たされ残り1ハロン手前で馬群を捌いて猛追

(後藤浩騎手) ちょうどいい位置で運べたはず。最後はなかなか前が開かずロスはあった。左回りだと終いの伸びが違う。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 6人 6着
(競争指数) 221

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 短期放牧 446㌔(-12㌔)細くない・イレ気味 出遅れ(1) 道中は後方で行きたがるのをなだめて追走 直線追われてピリッとせず

(後藤浩騎手) 思った通りの位置で運べてコーナーまでは良かったが、左手前での伸びがひと息だった。



第75回 オークス(GⅠ) 雨が降って馬場が渋れば
マイネグレヴィル 牝3歳 55柴田大
父      ブライアンズタイム
母      マイネポリーヌ
母の父   スペシャルウィーク
馬主     (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場  ビッグレッドファーム
調教師    美浦・和田道厩舎

【近走戦績】
2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 3人 8着
(競争指数) 100

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 注文通りにハナへ 直線で早々と交わされる

(柴田大騎手) ハナへ行ってもリズム良く運べたし、自分の競馬はできたはず。もっと重い馬場の方が持ち味を生かせる。


2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 4人 2着
(競争指数) 160

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(メモ) 2ヶ月休養 464㌔(-4㌔)気合い◎ 道中はガッチリ2番手を追走 4角で先頭に並びかける 直線は渋太く粘る

(和田道調教師) 渋太さを見せてくれたが、もう少し距離があっても良さそうだった。


2014.01.19 中山 京成杯(GⅢ) 芝2000 良 16頭 13人 5着
(競争指数) 198

(馬場状態) 時計のかかる馬場 外差しが決まりやすい状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.9 - 11.7 - 12.6 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 12.3 - 12.6

(石橋脩騎手) 持ち味は行かせたはず。3角から積極的に動いていって、渋太さを生かせるレースができた。


2013.12.22 中山 ホープフルS 芝2000 良 17頭 6人 9着
(競争指数) 115

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.7 - 11.3 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.7

(メモ) 道中は中団馬群を追走 3角から気合い入れる 直線で前が一瞬狭くなるも盛り返してジリジリ差を詰める

(和田道調教師) 抑える競馬が裏目に出た。最後も決してバテてはいないが、終い勝負では分が悪かった感じ。


第75回 オークス(GⅠ) 折り合いさえつけば
フォーエバーモア 牝3歳 55蛯名
父      ネオユニヴァース
母      エターナルビート
母の父   Pentelicus
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  追分ファーム
調教師    美浦・鹿戸雄厩舎

【近走戦績】
2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 3人 8着
(競争指数) 116

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 短期放牧 456㌔(-4㌔)Sロール ソロッと中団へ 道中は抑えるのに苦労しながらの追走 直線ピリッとせず

(蛯名騎手) 前の馬がフラついていた影響か力んでしまい、3~4角はエキサイトして走っていた。直線追ってからも伸びを欠いた。


2014.02.18 東京 クイーンC(GⅢ) 芝1600 稍重 16頭 1人 1着
(競争指数) 200

(馬場状態) 雪の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 道中で内目を立ち回る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 11.3 - 11.5 - 11.9

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 460㌔(±0㌔)仕上り○・Sロール 道中は行きたがるのをなだめながら2番手を追走 直線半ばまで追い出しを待つ余裕から反応良く抜け出す

(蛯名騎手) 出して行った分、少し掛かり気味になったが、なだめたら折り合ってくれた。ラストは後ろがきたらもうひと伸びしてくれた。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 8人 3着
(競争指数) 267

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 460㌔(+2㌔)仕上る・Sロール 出遅れ(1) 仕掛けて先行 道中はバラけた6番手を手応え良く追走 直線向いてゆっくり外へ出され残り1ハロンで先頭に立つ場面あり

(蛯名騎手) ホウライアキコがもう少し踏ん張ってくれると思い併せにいったが、結果的にワンテンポ仕掛けが早かった。


第75回 オークス(GⅠ) 休養明け2戦目の上積み期待
パシフィックギャル 牝3歳 55ウィリアムズ
父      ゼンノロブロイ
母      アイランドファッション
母の父   Petionville
馬主     吉田勝己
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・手塚厩舎

【近走戦績】
2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 6人 2着
(競争指数) 165

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(メモ) 5ヶ月休養 498㌔(+2㌔)仕上り○ スッと3番手へ 勝負どころ前との間合いを詰める 直線半ばで一旦先頭の場面から残り1ハロンでアッサリ交わされる

(シュタルケ騎手) 好位置につけられた。4角ではこれならと思わせたが、右にヨレてしまった。


2013.11.02 東京 アルテミスS 芝1600 良 18頭 6人 2着
(競争指数) 170

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 11.1 - 11.8 - 12.5 - 12.8 - 11.9 - 11.2 - 11.6

(メモ) 出遅れ(1)

(メンディザバル騎手) まだ子供っぽい面があって真剣に走っていない。内を突けたことが大きいが、仕掛けてからビュンと伸びてくれた。


第75回 オークス(GⅠ) 皐月賞(GⅠ)⇒異例のローテ
バウンスシャッセ 牝3歳 55北村宏
父      ゼンノロブロイ
母      リッチダンサー
母の父   Halling
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    美浦・藤沢和厩舎

【近走戦績】
2014.04.20 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 12人 11着
(競争指数) 99

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0

(北村宏騎手) 上手にゲートを出たので、前半から位置を取りに行った。うまく折り合いもついたし、プレッシャーのかからない位置で運べたが、馬場の悪い3~4角で一気に手応えが怪しくなってしまった。


2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 3人 1着
(競争指数) 155α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 516㌔(+6㌔)仕上り◎・馬体◎ スタート後接触 促しつつ先行集団のインへ 直線向いて狭くなり進路が開いてから瞬時に反応して一気に突き抜ける

(津曲調教助手) 直線で一瞬狭くなる場面はあったが、ヒルむところもなく、最後は遊ぶような仕草で余裕さえ感じる走りだった。掛かるところがないし、レースに行っても注文がつかないタイプ。


2014.01.06 中山 寒竹賞 芝2000 良 13頭 8人 1着
(競争指数) 212α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 12.8 - 11.9 - 12.3 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.7

(メモ) 2ヶ月休養 510㌔(+6㌔) 道中は好位馬込みに入れて我慢させての追走 直線向いて2番手に上がり残り100m付近で差し切る 

(津曲調教助手) 速い流れを楽に追走して行けたし、牡馬相手に強い競馬。抜け出す時の脚も速かったし、ゴール前へ遊ぶ感じで余力もあった。



第75回 オークス(GⅠ) 揉まれず運んでどこまで
シャイニーガール 牝3歳 55田中勝
父      ブラックタイド
母      ブライティアガール
母の父   アフリート
馬主     小林昌志
生産牧場  平取町・雅牧場
調教師    栗東・湯窪厩舎

【近走戦績】
2014.05.04 東京 スイートピーS 芝1800 良 16頭 7人 1着
(競争指数) 164

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.9 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.5

(メモ) 道中は好位をスムーズに折り合って追走 直線残り300mから追い出され手応え通りに突き抜ける

(田中勝騎手) 馬込みが良くないタイプで揉まれない位置でレースがしたかったが、スタートも良かったし、好位の外目で思い通りに運べた。


2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 15人 13着
(競争指数)  -

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出遅れ(1)

(幸騎手) スタートがひと息で揉まれる位置に入ってしまった。


2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 3人 10着
(競争指数) 81

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(幸騎手) 次を考えて控えたが、他馬を気にする面があった。


2014.02.08 京都 エルフィンS 芝1600 重 12頭 8人 1着
(競争指数) 173  逃げ切り

(馬場状態) 雪の影響が残る 時計のかかる馬場 中団からの差しが優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 12.0 - 12.8 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 11.2 - 11.4

(メモ) 3角手前で先頭へ 道中は折り合って追走 直線で後続の追撃を封じる

(秋山騎手) 行かせたわけではないが、馬がその気になっていたし、流れも遅かったので無理に抑えなかった。うまくいったし、今回のような馬場は上手だった。


2014.01.19 京都 紅梅S 芝1400 良 13頭 9人 3着
(競争指数) 189

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場

(ラップ) 12.8 - 11.6 - 12.6 - 12.6 - 12.3 - 10.9 - 11.1

(メモ) 道中は後方を追走 4角回り切って大外へ 直線残り1ハロン手前からグイグイ末脚伸ばす


2013.12.14 中京 つわぶき賞 芝1400 良 14頭 6人 7着
(競争指数) 84  非直結コース

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 馬場の真ん中から外がよく伸びる状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.7 - 11.8

(メモ) 道中は中団インを追走 勝負どころ反応ひと息 直線も伸びずバテずの流れ込み



第75回 オークス(GⅠ) 脚質転換で巻き返し期待
クリスマス 牝3歳 55三浦
父      バゴ
母      アラマサスナイパー
母の父   ステイゴールド
馬主     M・Kenichiホールディング(株)
生産牧場  新冠町・アラキファーム
調教師    美浦・斎藤誠厩舎

【近走戦績】
2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 2人 7着
(競争指数) 145  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(メモ) 放牧(シュウジデイファーム⇒BTC) 3ヶ月半休養 424㌔(+2㌔)仕上る・テンション高め 道中は後方2番手で折り合いに専念されて追走 3角で馬群に取りつく 直線大外から差を詰めるも坂を上がって脚いろ鈍る 

(田辺騎手) ハミがすぐに抜けて、動きたいところで動いて行けたが、最後はちょっと甘くなった。距離的なものかもしれない。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 7人 4着
(競争指数) 247  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 栗東滞在 422㌔(-18㌔)イレ気味 出遅れ(1) 道中は最後方で折り合いをつけて追走 勝負どころでステッキ入る 直線半ばからしっかり伸びて差を詰める

(Mデムーロ騎手) テンションが高かったので中団からの競馬を考えていたが、ゲートを出てから体が硬くて後方からになった。道中は落ち着いて追走できて、最後は凄い脚を使ってくれた。




第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-⑦
マイネオーラム 牝3歳 55松岡
父      ステイゴールド
母      マイネシャローナ
母の父   コマンダーインチーフ
馬主     (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産牧場  ビッグレッドファーム
調教師    美浦・高橋博厩舎

【近走戦績】
2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 13人 3着
(競争指数) 170

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 道中は中団の外目を手応え良く追走 直線で更に外へ出されジリジリとしっかり伸びる

(松岡騎手) まだフラつく面はあるが、以前より大分体がしっかりしてきている。


2014.03.21 中山 フラワーC(GⅢ) 芝1800 良 16頭 11人 6着
(競争指数) 125

(馬場状態) 時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.8 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 12.5 - 11.9 - 12.6

(丹内騎手) 外枠だったので、1角で外を回り過ぎないように気をつけた。最後もジワジワ伸びており、真面目に走るようになってきた。


2014.03.02 中山 3歳500万下 芝1800 稍重 14頭 4人 1着
(競争指数) 96α

(馬場状態) 開幕週 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.7 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.3 - 12.5

(メモ) 軽く促し3番手のインへ 直線半ばまで追い出しを待たされるも前が開くとキッチリ差し切る

(高橋博調教師) モタれることなく、スムーズなレース運びができた。


2014.01.06 中山 寒竹賞 芝2000 良 13頭 5人 8着
(競争指数) 122

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 時計のかかる馬場 外差しも届く状態

(ラップ) 12.5 - 11.0 - 12.8 - 11.9 - 12.3 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.7

(柴田大騎手) 以前に比べるとコントロールがしやすかったが、逆に前に進んでくれなかった。メンコを装着したが、他馬を気にしている感じで後ろに入ろうとしていた。


2013.11.30 中山 葉牡丹賞 芝2000 良 16頭 7人 5着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場 外からの差し・追い込みも決まる状態

(ラップ) 12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 12.1

(柴田大騎手) 口向きに難しい面があり、コントロールが利かなかった。集中して走っていない感じで、追ってからも手応えほど脚を使っていない。距離は延びた方がいいタイプ。


第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-⑥
ブランネージュ 牝3歳 55○○○
父      シンボリクリスエス
母      シナノネージュ
母の父   フレンチデピュティ
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  追分ファーム
調教師    栗東・藤岡健厩舎

【近走戦績】
2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 6人 2着
(競争指数) 170

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 道中は好位インを抑え切れない行きっぷりで追走 直線は狭いところをこじ開けて一旦は抜け出すも最後に差される

(秋山騎手) 思った通りに運べたが、相手(サングレアル)がそれ以上に強かった。


2014.03.29 阪神 君子蘭賞 芝1800 良 10頭 2人 1着
(競争指数) 148α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.7 - 11.0 - 11.9

(メモ) サッと好位インへ 道中は折り合いをつけて追走 直線で追い出しを待たされるも開いたスペースを突っ込み鮮やかに割って出る

(藤岡健調教師) 好位インでジッとタメて、スペースができてからはいい脚を使ってくれた。


2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 7人 4着
(競争指数) 171

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 道中は中団で脚を温存させて追走 直線よく伸びるも最後は伸び負け

(藤岡康騎手) 競馬が上手だったが、伸びてきて、最後の坂で勢いが止まった。


2014.02.15 京都 3歳未勝利 芝1600 重 16頭 1人 1着
(競争指数) 165

(馬場状態) 雪の影響が残る 時計のかかる馬場 

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 12.1 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 11.6 - 11.8

(メモ) 3ヶ月休養 460㌔(+2㌔)仕上る・イレ気味 ソロッと好位へ 道中は折り合い重視で追走 直線追われてアッサリ抜け出す

(秋山騎手) 結構イレ込んでいたが、レースにはそう影響はなかったはず。



第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-⑤
アドマイヤシーマ 牝3歳 55○○○
父      ディープインパクト
母      ショアー
母の父   Acatenango
馬主      近藤利一
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・友道厩舎

【近走戦績】
2014.05.11 京都 矢車賞 芝2000 良 9頭 1人 1着
(競争指数) 172α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場が続く 差し馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.9 - 11.9 - 11.5 - 11.7 - 12.4 - 12.2 - 12.3 - 11.7 - 11.7

(メモ) 道中は中団をスムーズに追走 4角回りながら外へ 直線は一気に突き抜ける

(藤岡康騎手) 道中は落ち着いて運べたし、ゴーサインを出すとスッと反応してくれた。反応が良過ぎて抜け出すのが早くなった分、最後は遊ぶ面があった。


2014.04.19 阪神 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 124α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場  

(ラップ) 12.5 - 11.6 - 13.4 - 13.2 - 12.6 - 12.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 11.5

(メモ) 道中は馬の後ろで折り合いに専念されて追走 直線向いてジワッと外へ出され追い出し瞬時に反応して一気に抜け出す

(福永騎手) ハミを掛けて位置を取りにいった。直線ではいい瞬発力を見せてくれた。やっと調教の良さを生かせた。


2014.03.22 中京 3歳未勝利 芝2000 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 175  メンバー中最速の上がり  非直結コース

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 馬場の3~4分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 12.9 - 12.7 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.8 - 12.2

(メモ) 424㌔(-2㌔)二重メンコ 道中は中団の後ろで脚を温存されて追走 直線は大外へ出されいい脚で追い込む

(福永騎手) これまでで一番折り合いがついたし、コーナーワークも問題なかった。直線でもまっすぐ走ってくれた。


2014.02.22 京都 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 4人 2着
(競争指数) 155

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場 内を通るが優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.3 - 13.1 - 13.2 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.9

(メモ) ジワッと中団へ 道中は行きたがるのを抑えて追走 直線は少し待ってから追い出され一旦は抜け出すも勝ち馬に強襲される

(福永騎手) 外へ逃げる面があったので注意していたが、右に行ってしまった。


2014.02.01 京都 3歳未勝利 芝2000 良 16頭 1人 5着
(競争指数) 115

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 

(ラップ) 12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 13.1 - 12.4 - 12.1 - 11.7 - 11.8

(メモ) アオル(2) 道中は後方で折り合いをつけて追走 向正面半ばでジワッと中団へ 直線バラけてからしっかり伸びる

(Cデムーロ騎手) ゲートがひと息だったし、道中もフワフワしていた。


2014.01.11 京都 3歳未勝利 芝1800 良 16頭 7人 4着
(競争指数) 115

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 10.9 - 11.6 - 12.2 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.8 - 12.2

(メモ) 3ヶ月休養 422㌔(-8㌔)仕上る 道中は後方の内で折り合い重視の追走 3角過ぎジワッと前に接近 直線で外へ出されしっかり伸びる

(福永騎手) 坂の下りで外へ膨れたりして若さを見せていた。



第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-④
サングレアル 牝3歳 55戸崎
父      ゼンノロブロイ
母      ビワハイジ
母の父   Caerleon
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【近走戦績】
2014.04.27 東京 フローラS(GⅡ) 芝2000 良 18頭 4人 1着
(競争指数) 175α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 差しも決まる状態

(ラップ) 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5

(メモ) 4ヶ月休養 414㌔(-4㌔) 出遅れ(1) 道中は後方インで折り合いに専念されて追走 直線はかなり外まで出され追われて1頭違う勢いで伸びて差し切る

(岩田騎手) スタートはひと息だったが、最初のコーナーで前がゴチャついたので却って良かった。前の馬に並ぶまでが速くて、交わすとまた子供っぽさを出していた。


2014.01.05 京都 福寿草特別 芝2000 良 8頭 2人 4着
(競争指数) 100

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.0

(メモ) 道中は後方の内を追走 直線で内を突き内へモタれ残り100mで外へ出されるも差が詰まらず

(岩田騎手) ペースが速くて戸惑っていたが、ラストはよく伸びてくれた。


2013.11.30 阪神 2歳新馬 芝1600 良 11頭 1人 1着
(競争指数) 162

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.2 - 11.4 - 12.9 - 13.1 - 12.6 - 11.4 - 10.9 - 11.6

(メモ) 420㌔仕上る 

(岩田騎手) 道中はいい感じだったし、追ってからの瞬発力も申し分なかった。


第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-③
レーヴデトワール 牝3歳 55福永
父      ゼンノロブロイ
母      レーヴドスカー
母の父   Highest Honor
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【近走戦績】
2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 7人 5着
(競争指数) 182

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出脚ひと息(1) 道中は後方の内を追走 4角内を突いて差を詰める 直線もしっかり伸びる

(福永騎手) テンにあまり出て行かなかった。直線向いて内がガラ空きだったので突いて、シューッと上がってきた。


2014.03.02 阪神 すみれS 芝2200 良 7頭 3人 4着
(競争指数) 174

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 12.0 - 12.3 - 13.7 - 13.5 - 13.5 - 12.9 - 12.0 - 11.4 - 11.4 - 12.1

(メモ) 3ヶ月休養 462㌔(+2㌔)仕上る

(川田騎手) ペースが遅く、ちょっと行きたがっていたが、よく我慢してくれた。4角では手応えが怪しく、直線は苦しそうだった。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 3人 9着
(競争指数) 98

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 中1週 460㌔(+4㌔)舌括る 道中は後方を追走 直線で追われるとフワフワして伸び切れず

(福永騎手) 勝ち馬(レッドリヴェール)の後ろでいい感じだったが、直線では余力がなかった。間隔が詰まっていたからかも。距離はもう少しあってもいいかもしれない。


2013.11.24 京都 白菊賞 芝1600 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 205α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.3 - 11.3 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9

(メモ) 456㌔(-12㌔)絞れる・舌括る 出負け 4角手前からジワッと動く 直線向いて大外へ出され残り1ハロンからエンジンかかり一気に差し切る

(松田博調教師) メンコ装着の効果があったようで、随分と落ち着きが出ていた。舌も縛って、レースは折り合いがスムーズだった。




第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-②
ヌーヴォレコルト 牝3歳 55岩田
父      ハーツクライ
母      オメガスピリット
母の父   スピニングワールド
馬主     原礼子
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・斎藤誠厩舎

【近走戦績】
2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 5人 3着
(競争指数) 226

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 道中は中団で折り合いをつけ脚を温存させて追走 直線は狭いところを割ってしっかり伸びる

(岩田騎手) 思った通りの競馬はできたが、少し待たされるところがあった。


2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 4人 2着
(競争指数) 203

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 放牧(山元トレセン) 3ヶ月休養 438㌔(-2㌔)仕上り○ 道中は脚をタメて手応え良く追走 直線向いて追い出され内へモタれながらしっかり伸びる

(斎藤誠調教師) 長距離輸送は問題なくクリア。休み明けでも落ち着いて臨めたし、初の右回りにもスムーズに対応してくれた。


2013.12.08 中京 こうやまき賞 芝1600 良 10頭 2人 1着
(競争指数) 166  非直結コース

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届く状態

(ラップ) 12.7 - 11.6 - 12.1 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 11.1 - 11.6

(メモ) 道中は2番手を追走 直線追われて残り1ハロン標で先頭に立って後続の追撃を封じる

(吉田隼騎手) 出たなりでジッと運ばせる予定だったが、ポンと出たので前目でのレース。折り合って上手に走れたし、追ってからもスッと反応してくれた。




第75回 オークス(GⅠ) 近走指数上位馬 7-①
ハープスター 牝3歳 55川田
父      ディープインパクト
母      ヒストリックスター
母の父   ファルブラヴ
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【近走戦績】
2014.04.13 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 259α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

(メモ) 出遅れ(1) 道中は最後方をマイペースで追走 4角手前からジワッと外へ 直線向いて大外へ出され1ハロン標手前でエンジンかかりゴール寸前差し切る

(川田騎手) 前半はリズムを取りながら運んだ。追い出しをタイミングだけを気をつけて、よく差し切ってくれた。


2014.03.08 阪神 チューリップ賞(GⅢ) 芝1600 良 13頭 1人 1着
(競争指数) 212α  メンバー中最速の上がり

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 12.0

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 3ヶ月休養 476㌔(±0㌔)仕上り○ 道中は後ろから2番目を追走 3分3厘からジワッと動く 4角大外からシューッと加速 直線はノーステッキで2馬身半差

(松田博調教師) 追い出してすぐにはハミが掛からないが、加速がついてからの瞬発力が長所で、期待通りに強いレースをしてくれた。


2013.12.08 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 293

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.2

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 3ヶ月半休養 476㌔(+2㌔)仕上る・冬毛 道中は後方で折り合い重視の追走 直線向いて追い出されエンジンのかかりは遅かったものの残り100m付近から猛追




東京11R第9回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 予想
東京11R第9回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 4歳以上OP 芝1600m

◎ ⑨ホエールキャプチャ

 近走指数実績断然上位。データ的に不利な6歳馬は承知も、東京芝コース巧者で3年連続の馬券圏内最有力。


○ ②クロフネサプライズ

 骨折休養明けをひと叩き、14⇒1600m距離延長、人気薄の3つを考慮して楽な逃げを打てれば一変ある。


▲ ⑧スマートレイアー

近走指数2位で連続α付きで上昇中。今の勢いなら突き抜けるシーンもあり得る。


注 ③デニムアンドルビー

 海外遠征帰り初戦で未知な面あるも、東京芝コースではジャパンカップ(GⅠ)2着の実績光る。


△ ⑱ウリウリ

 近走指数4位。広いコースでこそ末脚生きるタイプで、スマートレイアーとの差は無いはず。


△ ⑮エクセラントカーヴ

 骨折休養明けをひと叩き、18⇒1600m適距離戻り、休養前は指数160前後で安定。巻き返す余地十分。


【碧音の一言】 
 馬券は3連複⑨番軸1頭流しで10点買い。

 印を回さなかった馬で注意したい馬2頭を簡単に、人気の④メイショウマンボは指数実績から4歳勢ではトップランクも、ここへ向けてのローテに不満。⑯ローブティサージュは復調気配漂うも印が回りきらず。

東京11R 第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ) 変わり身期待
1枠②番 クロフネサプライズ 牝4歳 55柴山
父      クロフネ
母      アイアンブリッジ
母の父   トニービン
馬主     畑清介
生産牧場  新ひだか町・上村清志
調教師    栗東・田所秀厩舎

【近走戦績】
2014.04.12 阪神 阪神牝馬S(GⅡ) 芝1400 良 13頭 7人 8着
(競争指数) 54

(馬場状態) 中間に芝刈り実施 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.4 - 11.3 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.6

(メモ) 放牧(骨折) 11ヶ月休養 470㌔(+10㌔)

(大賀調教助手) 長期休養明けで、目標にされながら、勝ち馬とは0秒2差。見せ馬は作ってくれた。


【碧音の一言】
 ・3歳春のチューリップ賞(GⅢ)を指数100αで逃げ切った実績あり。

 ・前走は骨折放牧明けにも関わらず、着順こそ8着とひと息も指数54と、数字として現れた点を評価。

 ・一度叩かれた効果と、14⇒1600mへの距離延長でスンナリと無理せず逃げられそうな点で一発ありそうな予感。




東京11R 第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ) 変わり身期待
2枠③番 デニムアンドルビー 牝4歳 55浜中
父      ディープインパクト
母      ベネンシアドール
母の父   キングカメハメハ
馬主     金子真人ホールディングス(株)
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・角居厩舎

短期放牧(ノーザンファーム天栄)

【近走戦績】
2014.03.29 ア首 ドバイシーマクラシック(GⅠ) 芝2410 良 15頭 10着

(松田調教助手) 内目の枠でスタートが良かったので、押し出されるようにハナへ。戸惑いがあったよう。自分から行こうとせず差し一辺倒で極端なレースしかできなかったのが、脚質に幅が出たことは今後に向けてプラスだった。


2013.11.24 東京 ジャパンC(GⅠ) 芝2400 良 17頭 7人 2着
(競争指数) 158

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差しが届きやすい状態

(ラップ) 12.8 - 11.4 - 12.8 - 12.8 - 12.6 - 12.8 - 12.8 - 12.4 - 11.6 - 11.1 - 11.1 - 11.9

(メモ) 中1週 434㌔(-6㌔)細くない 道中は後方で脚をタメて追走 直線で外へ出されグイグイ伸びる

(浜中騎手) 道中はあまり馬を遊ばせないようハミを取らせて走らせた。前が開くタイミングも良かった。


2013.11.10 京都 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200 重 18頭 3人 5着
(競争指数) 102

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 中団~後方に位置する馬が届きやすい状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

(メモ) 出脚ひと息 道中は最後方でスムーズに折り合って追走 勝負どころから差を詰める 直線残り1ハロンからよく伸びる

(松田調教助手) 外回りの2200mで、スタート後は急がせず、最後方から上手に走ってくれたが、勢いをつけたかった4角手前で押っつけ押っつけで、坂の下りが苦手なのか、スピードに乗れなかった。スローな流れ加えて道悪も応えた感じ。


2013.10.13 京都 秋華賞(GⅠ) 芝2000 良 18頭 1人 4着
(競争指数) 40

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.1 - 10.4 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.9

(メモ) ダッシュつかず(1) 発馬五分から行けずに後方へ 道中は折り合いつけて追走 3角過ぎ外回って進出開始 直線向いて外へ振られながらジワジワ脚を使う

(松田調教助手) 内回り2000mというトリッキーなコース形態。自分から早目に動き、勝ちに行くレースをしての結果で仕方がない。


2013.09.15 阪神 ローズS(GⅡ) 芝1800 重 18頭 1人 1着
(競争指数) 95

(馬場状態) 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 差し・追い込みが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 13.2

(メモ) 放牧(ノーザンファーム早来) 4ヶ月休養 446㌔(+14㌔)仕上り○ 出遅れ(1) 3角から外へ出されジワッと進出開始 直線追われて反応ひと息も残り1ハロンからしっかり伸びて差し切る

(内田博騎手) 中団より前でと思っていたが、馬場が悪かったせいか、スタートは出ているけど進んで行かなかった。最後方から早目早目に追い上げを図って、直線ではまた伸びて差し切るという、よほど強くなくてはできないレースをしてくれた。


【碧音の一言】
 ・前走は海外遠征で参考外。

 ・広いコースでこそ末脚の生きるタイプで、特に東京芝コースは【1・1・1・0】。オークス(GⅠ)3着、何といってもジャパンカップ(GⅠ)では並みいる強豪馬相手に2着(指数158)なら当然巻き返して不思議なし。



東京11R 第9回 ヴィクトリアマイル(GⅠ) 変わり身期待
7枠⑮番 エクセラントカーヴ 牝5歳 55戸崎
父      ダイワメジャー
母      インディアナカーヴ
母の父   A.P. Indy
馬主     吉田照哉
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・堀厩舎

放牧 2ヶ月休養

【近走戦績】
2014.03.16 中山 中山牝馬S(GⅢ) 芝1800 良 16頭 2人 9着
(競争指数) 56

(馬場状態) 時計のかかる馬場
 
(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 11.7 - 12.4

(メモ) 放牧(骨折) 6ヶ月休養 432㌔(+8㌔) 道中は先団直後でやや行きたがりながらの追走 直線サッパリ伸びず

(橋本調教助手) 1800mで距離的な面もあったし、骨折明け。激しく引っ掛かったわけではないが、もう少し我慢できると思った。


2013.09.08 中山 京成杯AH(GⅢ) 芝1600 良 14頭 3人 1着
(競争指数) 160

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 11.9 - 11.7

(メモ) 424㌔(-8㌔)二人引き 道中はバラけた一団で折り合って追走 直線余裕を持って追い出されアッサリ決める

(戸崎騎手) 落ち着きが出たのが何より。前とは離れていたが、自分の競馬に徹した。


【碧音の一言】
 ・休養前に4連勝で京成杯AH(GⅢ)重賞初制覇で指数は160の実績あり。

 ・骨折休養明けの前走、中山牝馬S(GⅢ)9着は1800m戦で行きたがる面を見せていたもの。ここを一度叩かれた効果で巻き返しが期待できる。

 ・東京芝コース【2・1・1・0】でコース替わりも問題なし。

 

 








プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR