FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
02 | 2014/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中京11R 第44回 高松宮記念(GⅠ)
◎ ④レッドオーヴァル 牝4歳 55川田

【近3戦内容】
2014.03.02 阪神 阪急杯(GⅢ) 芝1400 良 16頭 5人 3着
(競争指数) 105

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.1 - 11.2 - 11.8 - 12.8

(メモ) 放牧 3ヶ月半休養 440㌔(±0㌔)仕上る・舌括る ジワッと中団へ 道中は手応え良く追走 直線スペースができるとジワジワ伸びる

(安田隆調教師) 次が1200mということを意識して、厳しい位置で競馬をしてもらったが、満足できる内容だった。


2013.11.17 京都 マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 11人 8着
(競争指数) 60

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5

(Mデムーロ騎手) 馬の調子は良かったし、好位置で運べたが、動きたい時に動けなかった。もう少し短い距離の方がいいはず。


2013.10.26 京都 スワンS(GⅡ) 芝1400 稍重 13頭 5人 4着
(競争指数) 63

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.3 - 11.3 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.1 - 11.7

(メモ) 道中は中団インでガッチリ抑えて追走 直線では現状での決め手の差が出る

(安田隆調教師) スタートが良くなり、力んで前の方で運ぶ形になった分、馬場のいい外目へ出しづらくなった。

【碧音の一言】
 年明け3歳初戦の紅梅S(1着)から、道悪馬場への適性は相当に高く、今日の中京芝コースで適性をフルに発揮できる。短距離路線へ矛先を換えたことで、ようやく復調気配も窺えますし、課題を持って臨んだ前走の内容も文句なし。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

○ ⑤コパノリチャード 牡4歳 57Mデムーロ 

【近3戦内容】
2014.03.02 阪神 阪急杯(GⅢ) 芝1400 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 170

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.1 - 11.2 - 11.8 - 12.8

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 488㌔(+6㌔)仕上る・舌括る 押して押してハナへ 道中は軽快に飛ばして逃げる 直線追われてひと伸びして後続を突き放し押し切る

(浜中騎手) 開幕週で最内枠と絶好の条件だった。ゲートを丁寧に出すよう心掛けた。道中はマイペースで運べたし、直線も力強く走ってくれた。


2013.12.23 阪神 阪神カップ(GⅡ) 芝1400 良 18頭 2人 10着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 どこを通っても有利不利のない状態
 
(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

(メモ) 482㌔(-6㌔)舌括る
 
(宮調教師) ハナに行けないとムキになる面がある。癇性がキツくてムラな面がある。


2013.11.17 京都 マイルチャンピオンシップ(GⅠ) 芝1600 良 18頭 6人 4着
(競争指数) 90

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5

(メモ) 488㌔(-2㌔)舌括る 抑えながらハナへ 道中はゆったりしたペースで逃げる 直線もよく踏ん張る

(増井調教助手) マイル戦ということを意識して前半はうまくペースを落として運べたが、瞬発力勝負になった分、やや甘くなった。

【碧音の一言】
 同型タイプが外目の枠へいったことで、自分の形の競馬に持ち込みやすくなった。スンナリと行けないと脆いタイプだが、今回は浜中騎手がドバイ遠征でMデムーロ騎手が騎乗することになり、思った以上の粘りを見せる可能性は十分。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

▲ ⑰スノードラゴン 牡6歳 57大野

【近3戦内容】

2014.03.08 中山 オーシャンS(GⅢ) 芝1200 良 16頭 11人 2着
(競争指数) 150

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.0 - 10.9 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.9

(メモ) 514㌔(+4㌔)Sロール 道中は中団を追走 直線ゴール前は一完歩毎に詰め寄る

(高木登調教師) 初めての芝1200m戦で、道中は手綱を持ってレースができ、いいスピードがある。直線は馬込みの中から抜け出し、最後はしっかり脚を使ってくれた。


2014.02.02 東京 根岸S(GⅢ) ダ1400 良 16頭 7人 11着
(競争指数) 30

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.6 - 11.1 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.4

(メモ) 出遅れ(1)

(大野騎手) 大分、メリハリの利く競馬ができるようになっているが、直線向いて手応えがなかった。


2014.01.06 中山 ジャニュアリーS ダ1200 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 132α

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場
 
(ラップ) 12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.0 - 12.1 - 12.5

(メモ) 512㌔(±0㌔)Sロール 道中は後方馬群で脚をタメて追走 直線で外へ出されまとめて差し切る

(高木登調教師) ちょうどいい位置で流れに乗れた。途中で内目に入れる場面はあったが、直線では切れる脚を使って差し切ってくれた。抑える戦法に替えてから、良さが出てきた。

【碧音の一言】
 前走で芝でも対応できたのは収穫大で、上がり35秒~36秒台での末脚には安定感も十分。今日の中京芝コースは当然向くはずで、他馬が道悪を気にするなら浮上の余地はある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

△ ⑩シルクフォーチュン 牡8歳 57藤岡康


△ ⑭レディオブオペラ 牝4歳 55藤田


△ ⑯エーシントップ 牡4歳 57武幸

スポンサーサイト
阪神11R 第61回 毎日杯(GⅢ)
◎ ⑭ステファノス 牡3歳 56シュタルケ
父      ディープインパクト
母      ココシュニック
母の父   クロフネ
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・藤原英厩舎

短期放牧

【近3戦内容】
2014.02.15 京都 つばき賞 芝1800 重 13頭 3人 1着
(競争指数) 185α

(馬場状態) 雪の影響が残る 時計のかかる馬場 

(ラップ) 13.0 - 12.0 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 11.3 - 12.0

(メモ) 474㌔(-4㌔)二人引き 道中は中団で脚をタメて追走 直線で外へ出されひと追い毎に伸びて差し切る

(田代調教助手) 外を回りながら力強く差し切り、着差以上の強さだった。


2014.01.18 京都 白梅賞 芝1600 良 13頭 3人 5着
(競争指数) 104

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.5 - 12.4 - 12.7 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.3

(メモ) 478㌔(-6㌔)落ち着き十分 道中は中団で折り合って追走 直線は馬と馬の間から伸びる

(浜中騎手) 内回りで時計の速い京都は不向きな感じで、阪神の方が合っていそう。


2013.12.07 阪神 2歳未勝利 芝1600 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 165

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.0 - 12.0 - 12.3 - 12.7 - 11.7 - 11.2 - 11.7

(メモ) 道中は3番手の外を追走 直線で押し出されるように先頭へ立ち追われて内へモタれるも完勝

(浜中騎手) スムーズだったし、ラストも余裕があった。

【碧音の一言】
 33秒台の上がりの速い決着になると伸び負けする可能性はありますが、過去に行われた経緯を見ると、このレースで33秒台に突入することは考えにくい。上位人気の2頭には力量的にやや見劣るも、まだ伸びしろがある分で逆転は可能と判断。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

○ ⑫ラングレー 牡3歳 56北村宏
父      ディープインパクト
母      ラヴズオンリーミー
母の父   Storm Cat
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・矢作厩舎

【近3戦内容】
2014.02.10 東京 ゆりかもめ賞 芝2400 稍重 16頭 1人 1着
(競争指数) 190α

(馬場状態) 雪の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.5 - 13.0 - 13.7 - 13.4 - 12.9 - 13.1 - 13.2 - 12.6 - 11.3 - 11.3 - 11.7

(メモ) 474㌔(+4㌔)気配◎ 道中はスムーズに折り合って追走 直線は前が壁になるも残り1ハロン手前で外へ出されスパッと切れる

(戸崎騎手) 新馬の時より集中力が出て良くなっていた。ペースが遅いなかでも我慢してくれたし、直線で抜ける時の脚が速かった。


2014.01.19 中山 京成杯(GⅢ) 芝2000 良 16頭 3人 10着
(競争指数) 143

(馬場状態) 時計のかかる馬場 外差しが決まりやすい状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.9 - 11.7 - 12.6 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 12.3 - 12.6

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 2ヶ月休養 470㌔(-10㌔) スタート直後接触 道中は後方を追走 直線内ラチ沿いから脚を使えず

(ギュイヨン騎手) 全体に忙しく、ゲートを出てからリズムを取るまでに時間がかかったし、最後も勢いがついたところがゴールだった。


2013.11.16 東京 東スポ杯2歳S(GⅢ) 芝1800 良 15頭 3人 4着
(競争指数) 230

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.2 - 11.6

(ムーア騎手) もう少し距離が延びた方がいい感じ。直線で追い出した時に2回くらい周りを見ていたように子供っぽい面がある。

【碧音の一言】
 小回りコースで行われた前々走の京成杯(GⅢ)は、道中うまく流れの乗り切れずひと息の内容でしたが、前走は東京コースの自己条件で力上位の内容を見せた。今回も阪神外回りコースなら流れには乗り切れるはずで、終いの脚を生かせるはず。終いの脚力はメンバー中で一番ではないでしょうか。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▲ ⑥アズマシャトル 牡3歳 56松山
父      ゼンノロブロイ
母      ブレッシング
母の父   マルゼンスキー
馬主     東哲次
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    栗東・加用厩舎

【近3戦内容】
2014.03.09 中山 弥生賞(GⅡ) 芝2000 良 13頭 5人 6着
(競争指数) 122

(馬場状態) 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.8 - 12.8 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月半休養 488㌔(+4㌔)余裕 道中は中団馬群を追走 直線で外目へ出されジリジリ

(加用調教師) 3分3厘でノメッていたし、それで手応えが怪しくなったよう。


2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 8人 2着
(競争指数) 220

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(松山騎手) 少し掛かっていたが、すぐに落ち着いてくれた。初めての距離にもうまく対応できたが、3角で外から早目に来られてしまい、一緒に動かざるを得なかった分が痛かった。


2013.11.30 阪神 千両賞 芝1600 良 12頭 3人 2着
(競争指数) 180

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 11.4 - 11.7

(松山騎手) 前につけたかったが、行けなかった。ラストはよく伸びている。

【碧音の一言】
 前走は休養明けで、しかも馬場にノメってしまい反応がひと息でしたので参考外。阪神芝コースはラジオNIKKEI杯(GⅢ)2着の実績があり得意な部類ですし、叩き2戦目なら書き返してくるはず。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

△ ⑨バトルウィール 牡3歳 56四位

【近3戦内容】
2014.03.01 阪神 3歳未勝利 芝1800 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 170α

(馬場状態) 開幕週 やや速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 12.0 - 12.4 - 12.6 - 12.3 - 11.4 - 11.4 - 12.0

(メモ) 4ヶ月休養 494㌔(+18㌔)仕上る 出遅れ(1) 道中は中団の内で折り合い重視の追走 4角手前からスムーズに追い上げる 直線で少し外へ出されしっかり伸びて抜け出す

(川田騎手) ゲート内はおとなしいが、出ていくのがもうひとつ得意ではないよう。


2013.10.26 新潟 2歳未勝利 芝1600 稍重 12頭 1人 3着
(競争指数) 122

(馬場状態) 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.7 - 11.7 - 12.6 - 12.9 - 12.8 - 11.6 - 10.9 - 12.0

(メモ) 発馬ひと息(1) 道中は中団の内ラチ沿いを追走 直線半ばで狭くなり内ラチ突いて差を詰める

(藤岡康騎手) ゲートで遅れたが、近2戦に比べれば良くなっていた。体に緩さがあるので動き出す時にスッと反応できない。


2013.10.05 京都 2歳未勝利 芝1800 良 9頭 2人 3着
(競争指数) 100

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 13.0 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 11.1

(メモ) 中1週 482㌔(-6㌔) 出遅れ(1) 半マイル標からジワーッと追い上げる 直線は外から一瞬いい脚使うも残り1ハロンから同じ脚いろ

(藤岡康騎手) トモが緩くて、1歩目がどうしても遅くなる。

【碧音の一言】
 トモに緩さがあってスタートしてからの行き脚がつかないタイプ。休養で立て直して効果で4戦目で未勝利脱出した前走内容から成長は窺えますし、昇級して重賞挑戦では家賃はやや高いが入着争いには十分に加われるはず。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

△ ①マイネルフロスト 牡3歳 56柴田大


△ ⑪シンガン 牡3歳 56川島信

中山11R 中山記念 GⅡ(3歳以上OP 芝1800m)
 ④ジャスタウェイ 牡5歳 58横山典
父      ハーツクライ
母      シビル
母の父   Wild Again
馬主     大和屋暁
生産牧場  白老ファーム
調教師    栗東・須貝尚厩舎

放牧 4ヶ月休養

【近5戦戦績】
2013.10.27 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 17頭 5人 1着
(競争指数) 190α

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場
 
(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 12.2

(メモ) 496㌔(-2㌔)気配◎ 道中は馬群の切れ目を追走 4角からソーッと外へ 直線残り2ハロンで追い出されアッという間に突き抜ける

(福永騎手) ゲート練習の甲斐があって、ゲート内でも落ち着いていて好スタートを切れたし、最高の位置が取れた。力をつけた今ならコーナーが4つのもっと長い距離にも対応できる可能性がある。


2013.10.06 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 11頭 6人 2着
(競争指数) 208

(馬場状態) 開幕週 やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.0 - 11.0 - 11.5 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 11.1 - 10.9 - 11.3

(メモ) 短期放牧 498㌔(-8㌔) 道中は中団の外をスムーズに折り合って追走 直線ほぼ勝ち馬と同じタイミングで追い出されるも届かず

(柴田善騎手) 経験を積んで力をつけてきた感じ。


2013.08.11 新潟 関屋記念(GⅢ) 芝1600 良 18頭 1人 2着
(競争指数) 90

(馬場状態) 前日夕方の雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 11.7 - 11.8 - 10.8 - 12.0

(メモ) 放牧(吉澤ステーブルWEST) 2ヶ月休養 506㌔(+10㌔)仕上り○・馬体◎ スタートひと息(1) 道中はインをロスなく追走 直線で徐々に外へ出され残り1ハロンから抜群の伸び見せる

(福永騎手) ゲートを出なかった。内から運んで、直線もうまく外へ出せたが、前残りの競馬になってしまった。


2013.06.09 東京 エプソムC(GⅢ) 芝1800 良 14頭 3人 2着
(競争指数) 90

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.2 - 11.5

(メモ) 放牧(リフレッシュ 線の細さ解消) 3ヶ月休養 496㌔(+10㌔)仕上り○ 出遅れ(2) 道中は馬込みでタメを利かせて追走 直線はインを狙って最後は上げ下げまで持ち込む

(須貝尚調教師) 勝ちに等しい内容。スタート後手を挽回して、直線はインを突いてよく追い上げた。10㌔増でも、いい筋肉がついて成長を感じた。


2013.03.09 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 2人 8着
(競争指数) 60

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.5 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 11.4 - 12.3

(バルジュー騎手) スタートをトビ出す感じで出てしまい、少し気負ってリズム良く走れなかった。

【碧音の一言】
 昨夏から馬体に身が入ったきたと共に、ゲートも安定してきて、ついにGⅠ天皇賞(秋)を勝利。力をつけてきた今なら、小回りコースでも不安はないはず。これからの更なる躍進を期待したい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑪トウケイヘイロー 牡5歳 57武豊
父      ゴールドヘイロー
母      ダンスクィーン
母の父   マルゼンスキー
馬主     木村信彦
生産牧場  浦河町・中村和夫
調教師    栗東・清水久厩舎

放牧(帰国検疫) 3ヶ月休養

【近3戦戦績】
2013.12.08 香港 香港カップ(GⅠ) 芝2000 良 12頭 2着

(清水久調教師) 飛行機の輸送や、到着後の気候の違いなどは無駄な心配だった。さすがに甘くなかったが、自分の競馬をして最後の最後までよく頑張ってくれた。


2013.10.27 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 17頭 2人 10着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場
 
(ラップ) 12.6 - 11.3 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 492㌔(+4㌔) 注文通りにハナへ 直線は大きく失速

(武豊騎手) コーナーが4つのコースなら1角でハミが抜けて息が入るが、3角まで力んだままだった。馬場も乾き過ぎた。


2013.08.18 函館 札幌記念(GⅡ) 芝2000 重 16頭 2人 1着
(競争指数) 100

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 馬場適性のある馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.7 - 13.0 - 14.0

(メモ) 短期放牧(三石ケイアイファーム) 函館滞在 488㌔(-4㌔) スーッとハナへ 道中はマイペースの逃げ 半マイル標から持ったまま後続との差を広げる 直線で脚勢衰えず最後は流す余裕

(清水久調教師) 悪い馬場状態で、レース前は不安はあったが、よく頑張ってくれた。他馬が下を気にしたこともあるが、自身もスピードにパワーがプラスされ、力をつけている。

【碧音の一言】
 昨夏に重賞で3連勝し、天皇賞(秋)10着で連勝ストップ。普通なら連勝ストップしたあとにガタっとくるものだが、国際GⅠの香港カップで2着と巻き返したところのポテンシャルの高さを窺える。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑨アルキメデス 牡5歳 56岩田
父      アドマイヤムーン
母      アーキオロジー
母の父   Seeking the Gold
馬主     H.H.シェイク・モハメド
生産牧場  ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
調教師    栗東・藤原英厩舎

放牧(ヒルサイドステーブル) 3ヶ月休養

【近3戦戦績】
2013.12.07 阪神 朝日チャレンジC(GⅢ) 芝1800 良 18頭 1人 1着
(競争指数) 210

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 11.9 - 11.2 - 11.1 - 11.9

(メモ) 486㌔(+2㌔)ホライゾネット 道中は中団馬込みの中を追走 3~4角でやや力む 直線抜け出す脚が速く残り100mで先頭に立って完勝

(バルザローナ騎手) 行きたがる面があり、コントロールするのが難しいが、闘志を内に秘めているし、馬を交わすのに積極的なので、その点を考慮して運んだ。


2013.10.26 京都 八坂S 芝1800 稍重 10頭 1人 1着
(競争指数) 102

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 13.3 - 12.1 - 12.2 - 12.7 - 13.3 - 12.7 - 12.2 - 11.0 - 11.1

(メモ) 4ヶ月休養 484㌔(+10㌔)仕上る・頬当て・ホライゾネット 道中は中団やや後ろで脚をタメて追走 4角手前から外をジワッと追い上げる 直線は追い出しを待つ余裕から抜け出し快勝

(浜中騎手) 1800mで楽に折り合いがついた。


2013.06.22 阪神 京橋特別 芝2000 良 16頭 1人 1着
(競争指数) 94α

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 時計のかかる馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 11.6 - 13.1 - 12.8 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 12.3

(メモ) 道中は前を壁にして抑え込んでの追走 直線外から鋭く伸びて差し切る

(岩田騎手) 力む面があるので、タメ込んでのレース。

【碧音の一言】
 球節炎を患い休養して、戻ってきてからの4連勝中。先に取り上げたジャスタウェイとは異なるスローの競馬でタメ込んで末脚が発揮できるタイプ。展開次第では一発の可能性も十分あり。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ①ヴェルデグリーン 牡6歳 57田辺

【前走内容】
2014.01.26 中山 アメリカジョッキークラブC(GⅡ) 芝2200 良 16頭 2人 1着
(競争指数) 185α

(馬場状態) 2度の強風の影響を受ける 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 12.9 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.3 - 12.4 - 11.9 - 12.1

(メモ) 道中は中団を追走 3角付近で動く 4角で逃げ馬の直後へ 直線長くいい脚を使って残り1ハロン付近で先頭に立ち押し切る

(相沢調教師) いい状態に仕上っていたし、スタートも決まって、余裕を持って好位置で運べたのが大きかった。

【碧音の一言】
 中山芝コースでGⅡを2勝しており、かなりのコース巧者。今回は22⇒1800mへ距離短縮されるが、延長されるよりは好結果がでるはず。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑤ロゴタイプ 牡4歳 58Cデムーロ

放牧(山元トレセン) 6ヶ月半休養

【前走内容】
2013.08.18 函館 札幌記念(GⅡ) 芝2000 重 16頭 1人 5着
(競争指数)  -

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 雨の影響を受ける 時計のかかる馬場 馬場適性のある馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.3 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.7 - 13.0 - 14.0

(メモ) 放牧(リフレッシュ) 3ヶ月休養 函館滞在 488㌔(+4㌔)仕上る・気配○ 道中は4番手の外を追走 2ハロン標で一杯加減 直線は何とか地力で踏ん張る   

(村田騎手) ここまで馬場が悪くなると適性の差が出てしまう。

【碧音の一言】
 前走はまれに見る極悪馬場で参考外。皐月賞(GⅠ)馬で、あとは古馬との力関係だけで、今回は今後を占うために試金石の鞍。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑭エアソミュール 牡5歳 56戸崎

【前走内容】
2014.02.01 東京 白富士S 芝2000 良 14頭 2人 1着
(競争指数) 184

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 11.5 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 12.0 - 11.7 - 11.6 - 11.8

(メモ) 短期放牧 496㌔(+2㌔)落ち着き十分
 
(松田調教助手) 課題だった折り合い面をクリア。良績のなかった左回りで勝てたことは自信になる。

【碧音の一言】
 相違なるコースで2連勝と本格化を匂わせる。小回りコースでもセンスのいい走りを見せるタイプで、安心感も感じさせる。人気が落ちており狙って妙味十分。

阪神11R 阪急杯 GⅢ(3歳以上OP 芝1400m) 予想 2番手以下超難解
 ⑬ダノンシャーク 牡6歳 56小牧太
父      ディープインパクト
母      カーラパワー
母の父   カーリアン
馬主     (株)ダノックス
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    栗東・大久保龍厩舎

放牧(吉澤ステーブルWEST) 3ヶ月半休養

【近5戦戦績】
2013.11.17 京都 マイルCS(GⅠ) 芝1600 良 18頭 1人 3着
(競争指数) 145

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5

(メモ) 444㌔(+8㌔)メンコ

(大久保龍調教師) レース自体はスムーズに運べたはず。勝ち馬(トーセンラー)の脚が一枚上だったにしても、2着馬との競り合いに負けたのは不満。


2013.10.19 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 180α

(馬場状態) 中間の台風の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 外からの差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.0 - 10.9 - 11.9

(メモ) 436㌔(-12㌔)細くない スッと好位へ 道中は行きっぷり良く追走 直線追われてしっかり伸びて抜け出す

(大久保龍調教師) 馬体は減っていたが、レースは正攻法で押し切ってくれた。精神面でしっかりしてきて、普段、無駄は体力を使わなくなっているのが結果につながっている。


2013.09.08 中山 京成杯オータムH(GⅢ) 芝1600 良 14頭 2人 2着
(競争指数) 180

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 11.9 - 11.7

(メモ) 放牧 3ヶ月休養 448㌔(-4㌔)仕上る 出負け(2) サッと中団へ 3分3厘で外へ出され正攻法のスパート 直線も長く脚を使う

(内田博騎手) 休み明けでも、いい形で競馬はできたし、最後までしっかり伸びて力のあるところは見せてくれた。


2013.06.02 東京 安田記念(GⅠ) 芝1600 良 18頭 12人 3着
(競争指数) 187

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.0 - 10.7 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.7

(メモ) 控えて中団やや後ろへ 直線ヨラれて馬体を接触するロスあり

(鍋島調教助手) ちょうどスピードが乗るタイミングでの接触。体が軽い分、どうしても挽回が難しくなってしまう。


2013.04.21 京都 マイラーズC(GⅡ) 芝1600 良 18頭 3人 3着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 雨の影響が残る やや速い時計の出る馬場 外差しが決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.8 - 11.0 - 11.7 - 11.5 - 12.1 - 11.5 - 11.7

(メモ) 放牧 3ヶ月半休養 452㌔(+4㌔)落ち着き十分・気配○ 道中は馬群の中で脚をタメて追走 直線2着争いに競り負ける

(Cデムーロ騎手) カレンブラックヒルの後ろでいいペースで運べた。直線でスペースがなくなる場面はあったが、うまく抜け出すことができた。

【碧音の一言】
 昨年は6戦して【2・1・3・0】とGⅢで2勝し、他すべて馬券圏内。別定重量56㌔で戦える点で優位ですし、ここは取りこぼせない鞍になりそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑩ガルボ 牡7歳 56石橋脩
父      マンハッタンカフェ
母      ヤマトダマシイ
母の父   ジェネラス
馬主     石川一義
生産牧場  様似町・高村伸一
調教師    美浦・清水英厩舎

短期放牧

【近3戦戦績】
2014.01.05 京都 京都金杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 5人 3着
(競争指数) 125

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7

(メモ) 中1週 474㌔(±0㌔)頬当て 仕掛けて好位直後へ 道中は折り合って手応え良く追走 直線向いて少し外へ出されジワジワ伸びる

(岩田騎手) マイル戦なので、意識していつもより下げた位置取り。折り合いはついたし、58㌔を背負ってよく頑張っている。


2013.12.23 阪神 阪神カップ(GⅡ) 芝1400 良 18頭 10人 2着
(競争指数) 140

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 どこを通っても有利不利のない状態
 
(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

(メモ) 474㌔(+6㌔)頬当て・メンコ 道中は2番手を追走 直線で前を捉え切れず

(岩田騎手) 2番手でうまく折り合いがついて、よく走っている。


2013.11.17 京都 マイルCS(GⅠ) 芝1600 良 18頭 17人 14着
(競争指数)  -

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5

(石橋脩騎手) 前に壁を作れなかった。コーナーでもいくらか左へ張り気味だったし、最後も伸び切れなかった。

【碧音の一言】
 切れる脚に欠けるので直線の短いコースの方が向く。折り合い面の難しさも考慮すれば16⇒1400mへ距離短縮されるの今回は好レース以上も期待できそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑫サンレイレーザー 牡5歳 56和田竜
父      ラスカルスズカ
母      サンレイククイン
母の父   Cozzene
馬主     永井啓弍
生産牧場  新ひだか町・岡野牧場
調教師    栗東・高橋忠厩舎

2ヶ月半休養

【近3戦戦績】
2013.12.14 阪神 リゲルS 芝1600 良 17頭 1人 5着
(競争指数) 52

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差しも届く状態

(ラップ) 12.7 - 10.6 - 11.5 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 12.5

(メモ) 道中は好位を追走 直線向いて追い出されるも反応鈍く残り1ハロンで脚が上がる

(藤岡康騎手) ゲートも出て好位置でスムーズなレースはできたが、伸びそうな手応えで、逆に最後は止まりそうになっていた。


2013.11.17 京都 マイルCS(GⅠ) 芝1600 良 18頭 14人 6着
(競争指数) 105

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5

(藤岡康騎手) いい時よりスピードの乗りがひと息だったし、中団くらいにつけられると思ったところで外から閉められて、位置が下がる不利が響いた。


2013.10.19 東京 富士S(GⅢ) 芝1600 良 15頭 2人 14着
(競争指数)  -

(馬場状態) 中間の台風の影響が残る 水準程度の時計の出る馬場 外からの差しも届く状態

(ラップ) 12.6 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.0 - 10.9 - 11.9

(メモ) 4ヶ月半休養 522㌔(+6㌔) 道中は中団馬群で脚をタメて追走 直線で伸びを欠く

(高橋忠調教師) ジックリ時間をかけて調整してきたし、持ち直してきたと思ったが、レースぶりがひと息だった。いい状態に戻り切っていなかった感じ。

【碧音の一言】
 叩いて良くなるタイプで、今回はひと息入っての一戦に不安はあるも、今週は厩舎に勢いを感じます。2桁人気なら狙って妙味あり。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑤マヤノリュウジン 牡7歳 56丸田

3ヶ月休養

【前走内容】
2013.11.23 京都 京阪杯(GⅢ) 芝1200 良 17頭 3人 9着
(競争指数) 60

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.3 - 10.8 - 11.0 - 10.8 - 11.1 - 11.5

(池添騎手) 全般的にはスムーズに運べたが、上がりが速くなると厳しい感じ。直線に坂のあるコースの方が持ち味が生かせそう。

【碧音の一言】
 阪神芝1400m戦で昨年は勝ち鞍あり、直線の坂での浮上を期待。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑯シャイニーホーク 牡6歳 56幸

放牧(フレグモーネのためリゲルS回避 吉澤WEST) 4ヶ月休養 

【戦走内容】
2013.11.10 東京 オーロカップ 芝1400 良 18頭 8人 4着
(競争指数) 76

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差し・追い込み馬が台頭し始めた状態

(ラップ) 12.4 - 11.2 - 11.7 - 11.7 - 11.2 - 11.0 - 11.9

(メモ) 道中は抑えるくらいの手応えで先団直後を追走 直線でうまく前が開くも追われて反応ひと息

(柴田大騎手) スタートが良かったので、そのまま好位置で運んだ。少し掛かりそうになったが、我慢してくれた。

【碧音の一言】
 直線に坂のあるコースがいいタイプ。今回は大外枠でうまく前に壁を作れるかがポイントになりそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ①コパノリチャード 牡4歳 57浜中

放牧 2ヶ月休養

【前走内容】
2013.12.23 阪神 阪神カップ(GⅡ) 芝1400 良 18頭 2人 10着
(競争指数)  -

(馬場状態) A⇒Bコース替わり やや重馬場から良馬場へ回復 どこを通っても有利不利のない状態
 
(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

(メモ) 482㌔(-6㌔)舌括る
 
(宮調教師) ハナに行けないとムキになる面がある。癇性がキツくてムラな面がある。

【碧音の一言】
 今回は最内枠から一目散の逃げの手が打てそうで、スンナリ運べればの期待は十分も、2番人気に推されてマークが厳しくなりそう点で妙味が薄い。

阪神11R アーリントンC GⅢ (3歳OP 芝外回り1600m) 予想
 ⑥タガノグランパ 牡3歳 56岩田
父      キングカメハメハ
母      タガノグラマラス
母の父   スペシャルウィーク
馬主     八木良司
生産牧場  新冠町・(有)新冠タガノファーム
調教師    栗東・松田博厩舎

【戦績】
2014.01.25 中京 なずな賞 芝1400 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 176α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.6 - 11.3 - 11.4 - 12.0

(メモ) 中1週 482㌔(+2㌔) 出負け 道中は中団を追走 直線は最内から開いたスペース突いてしっかり伸びて快勝

(菱田騎手) ラストは確実にいい脚を使うので、ジックリ運んだ。


2014.01.12 京都 シンザン記念(GⅢ) 芝1600 良 13頭 5人 3着
(競争指数) 171

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.8

(メモ) ジワッと中団へ 道中は手応え良く追走 直線でやや外へ出され残り1ハロンからしっかり伸びる

(北村友騎手) ゲートを出てから少し掛かったが、すぐに折り合ったし、その後はリズム良く走れた。直線ではモタれる場面があったが、最後は差を詰めてくれた。


2013.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 10人 5着
(競争指数) 300

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 雨の影響が残る 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

(メモ) 出遅れ(1) 道中は後方の内で折り合いに専念されて追走 直線も最内スクって伸びる

(北村友騎手) ゲートのタイミングが合わず、後方からになった。1角までは力みがあったが、そのあとはスムーズに折り合った。直線では外へモタれながら、反応良く伸びてくれた。


2013.11.24 京都 2歳新馬 芝1400 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 116

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 12.0 - 12.2

(メモ) 492㌔太目・馬体◎ ジワッと好位直後へ 3角過ぎに行きたがる 直線でスペースできると馬なりのまま抜け出し大楽勝

(川田騎手) スムーズなレースができた。3~4角では大分行きたがっていたが、我慢はできたし、最後も余裕があった。

【碧音の一言】
 3走前に阪神芝コースのラジオNIKKEI杯(GⅢ)で、指数300をマーク。直線に坂のある外回りコースなら、ミッキーアイルにひと泡吹かすチャンスありと見て本命視。斤量1㌔差もあり、今回は狙ってみる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑩ミッキーアイル 牡3歳 57浜中
父      ディープインパクト
母      スターアイル
母の父   ロックオブジブラルタル
馬主     野田みづき
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・音無厩舎

【戦績】
2014.01.12 京都 シンザン記念(GⅢ) 芝1600 良 13頭 1人 1着
(競争指数) 216

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.2 - 11.5 - 11.8 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.0 - 11.8

(メモ) 476㌔(-2㌔)舌括る スッとハナへ 道中は絡まれずマイペースの逃げ 直線向いて待って追い出され押し切る

(浜中騎手) 返し馬の時からテンション高くイレ込みが激しかった。直線もフワフワする面を見せていた。


2013.12.14 中山 ひいらぎ賞 芝1600 良 15頭 1人 1着
(競争指数) 253α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 外差しが決まる状態

(ラップ) 12.6 - 11.2 - 11.5 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 11.1 - 11.7

(メモ) 道中は外へ逃げそうな感じの逃げ 直線は内へモタれ気味になりながらの楽勝

(音無調教師) まだ内へモタれる面はあるが、自分でペースを作って、最後は突き放す強い内容だった。


2013.11.02 京都 2歳未勝利 芝1600 良 14頭 1人 1着
(競争指数) 200α

(馬場状態) A⇒Bコース替わり かなり速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.5 - 10.8 - 11.2 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.9

(メモ) 476㌔(-2㌔)舌括る 二の脚でスーッとハナへ 道中は折り合って行きっぷり良く逃げる 直線は何度も手前を替えて内へモタれ加減も後続を突き放す

(浜中騎手) ゲートを出てからスピードが違って、自然とハナへ。まだ道中でヨレたりする面があった。距離はマイルまでかもしれない。


2013.09.07 阪神 2歳新馬 芝1600 良 13頭 2人 2着
(競争指数) 154

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 外差し優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 11.1 - 12.3 - 13.3 - 13.4 - 12.4 - 10.9 - 11.3

(メモ) 478㌔余裕 スッと好位へ 道中は前に壁を作れず少しムキになって追走 直線は頻繁に手前を替えて内へモタれる

(浜中騎手) 抜け出してからソラを使い、内へササッてしまった。

【碧音の一言】
 3戦続けて指数200超えと、高いレベルで安定感十分で、ここも好勝負は必至。ただ内回りコースで指数にα付きと相手を突き放すレースをしているのに反し、外回りコースでは相手に詰められている点が唯一気になる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ③フェルメッツァ 牡3歳 56武豊
父      ディープインパクト
母      スキッフル
母の父   トニービン
馬主     (有)キャロットファーム
生産牧場  白老ファーム
調教師    栗東・松永幹厩舎

【戦績】
2014.02.16 京都 3歳500万下 芝1400 重 15頭 2人 5着
(競争指数) 176

(馬場状態) 雪の影響が残る 時計のかかる馬場 

(ラップ) 12.3 - 10.8 - 11.2 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.0

(メモ) 438㌔(+6㌔)仕上り◎ 道中は後方の内で折り合いに専念されて追走 直線は内でなかなかスペースができずゴール前でも窮屈になる

(武豊騎手) うまく折り合いはついたが、内でゴチャついてしまった。


2013.12.23 阪神 万両賞 芝1400 良 11頭 2人 2着
(競争指数) 185

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 時計のかかる馬場 どこを通っても有利不利のない状態 

(ラップ) 12.5 - 10.9 - 11.5 - 12.3 - 11.8 - 11.8 - 11.9

(メモ) 432㌔(-2㌔)気配◎ 控えて最後方へ 4角で外へ 直線は大外から迫る

(武豊騎手) 道中は折り合いがついていい感じで運べた。距離は14~1600mが合う。


2013.11.30 阪神 千両賞 芝1600 良 12頭 4人 4着
(競争指数) 126

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 11.4 - 11.7

(メモ) 道中は中団の内を追走 直線で2着争いに加わるもゴール前の追い比べで伸び負ける

(浜中騎手) 横に馬が来ると力んでいた。ラストはジリジリ伸びてくれたが、まだ仕草なんかは若い。


2013.10.26 京都 萩ステークス 芝1800 稍重 9頭 4人 3着
(競争指数) 136

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 水準程度の時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 13.2 - 11.2 - 11.5 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 11.7 - 11.6

(メモ) 短期放牧 434㌔(+4㌔) 道中は折り合って追走 直線で外へ出され一気に突き抜けそうな勢いで伸びるも残り100mで急に脚いろ鈍る

(武豊騎手) 折り合っていい感じだったし、ラストも差し切れそうな勢いはあったが、最後の1ハロンくらいで脚が鈍った。距離が微妙に長いのかもしれない。


2013.09.14 阪神 野路菊S 芝1800 良 9頭 2人 4着
(競争指数) 93

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 差し・追い込みが決まる状態

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 11.4 - 10.8 - 11.8

(高倉騎手) ペースが遅くてところどころでハミを噛んだ分、消耗したかもしれない。もう少しリラックスして走れればいい。


2013.07.20 中京 2歳新馬 芝1600 良 16頭 3人 1着
(競争指数) 180

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 外差し優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.4 - 12.4 - 12.8 - 13.0 - 12.2 - 11.8 - 11.8

(メモ) 430㌔仕上り◎ ジワッと中団へ 道中は行きたがるのをなだめて追走 4角手前からゆっくり前へ接近 直線向いて追い出されしっかり伸びて差し切る

(武豊騎手) 思ったより折り合いはついた。直線は少し内へモタれたが、ムチ入れるとまた伸びてくれた。

【碧音の一言】
 1400mへ距離短縮された近2戦は指数的に好レースしている。折り合い次第となるが、1600mは守備範囲。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ⑨エイシンブルズアイ 牡3歳 56Cデムーロ
父      ベルグラヴィア
母      ミスフィサファクター(米国)
母の父   Siphon
馬主     (株)栄進堂
生産牧場  Eベイリー氏(米国)
調教師    栗東・野中厩舎

【戦績】
2014.01.18 京都 白梅賞 芝1600 良 13頭 1人 1着
(競争指数) 171

(馬場状態) やや速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 11.5 - 12.4 - 12.7 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.3

(メモ) スタート決まって押し出されるようにハナへ 道中は楽なペースで逃げる 直線最後まで余力十分に完勝

(福永騎手) ペースは楽だったし、終いもしっかり脚を使ってゴールしてくれた。


2013.11.30 阪神 千両賞 芝1600 良 12頭 1人 3着
(競争指数) 162

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 11.4 - 11.7

(メモ) 中1週 450㌔(-4㌔) スタートひと息(1) 直線は外から末脚伸ばす

(福永騎手) ゲート内で煩くはなかったが、スタートが遅かった。


2013.11.16 京都 2歳新馬 芝1600 良 17頭 1人 1着
(競争指数) 136

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 前日の雨の影響が残る 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.9 - 12.1 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 11.7 - 11.6 - 11.1

(メモ) 454㌔仕上る 道中は好位の外を追走 直線は軽く気合いつけた程度で抜け出しゴール前は流す

(福永騎手) 操作しやすくて、道中の折り合いもスムーズ。好位で運んで、追ってからもしっかり伸びた。

【碧音の一言】
 デビューから3戦徐々に指数をUpさせて確実に良化辿る。安定感は買えるが、2番人気の今回は妙味は薄い感じ。




プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。