FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新潟11R 関屋記念(GⅢ)  予想
新潟11R 関屋記念・GⅢ(3歳以上OP 芝外回り1600m)

◎ ⑯ジャスタウェイ
○ ⑫ドナウブルー
▲ ①レッドスパーダ
△ ⑤フラガラッハ
△ ⑦ランリョウオー
△ ⑨ニシノメイゲツ

スポンサーサイト



新潟11R 関屋記念(GⅢ)  上位評価3-③
1枠①番レッドスパーダ 牡7歳 57北村宏
父      タイキシャトル
母      バービキャット
母の父   Storm Cat
馬主     (株)東京ホースレーシング
生産牧場  日高町・下河辺牧場
調教師    美浦・藤沢和厩舎

【近走戦績】
2013.06.23 東京 パラダイスS 芝1400 良 12頭 3人 1着
(競争指数) 171

(馬場状態) 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.1 - 11.0 - 11.4 - 11.4 - 11.2 - 11.6

(メモ) 532㌔(-4㌔)ブリンカー 躓く 道中は2番手を追走 直線はラチ沿いからゆっくり追い出され後続を完封

(北村宏騎手) 体が絞れて良くなっていた。うまく先手を取って自分のリズムで運べた。馬場が回復してきたのも良かったし、ブリンカー効果もあった感じ。



2013.05.11 東京 京王杯スプリングC(GⅡ) 芝1400 稍重 18頭 12人 12着
(競争指数) 10

(馬場状態) 雨の影響を受ける やや速い時計の出る馬場 馬場の1分~3分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 10.5 - 11.2 - 11.8 - 11.4 - 11.4 - 12.1

(メモ) 中1週 536㌔(-10㌔)

(杉原騎手) 好位置でロスのない競馬はできたが、最後は止まってしまった。トモが少し流れていたので、パンパンの良馬場が合っている感じ。



2013.04.28 福島 福島民友C 芝1200 良 16頭 2人 4着
(競争指数) 93

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場

(ラップ) 11.7 - 10.1 - 10.7 - 11.6 - 11.8 - 12.3

(メモ) 2ヶ月半休養 546㌔(+12㌔) 道中は離れた4番手を軽く気合いを入れながら追走 直線ジワジワ伸びる

(津曲調教助手) 数字的にも増えていたし、体に余裕が感じられた。



2013.02.03 東京 東京新聞杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 8人 4着
(競争指数) 120

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 内を捌く馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.1 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.2 - 11.0 - 11.3

(メモ) 道中はリズム良く逃げる 直線後続に交わされてからも渋太く粘る

(北村宏騎手) 馬の雰囲気は良かったし、道中はマイペースで運べた。坂の途中まで我慢が利いていたし、最後までよく頑張っている。



2013.01.13 中山 ニューイヤーS 芝1600 良 16頭 10人 4着
(競争指数) 88

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 ペース次第で外差しも決まる状態

(ラップ) 12.4 - 11.3 - 11.3 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5

(メモ) 放牧(右前靱帯痛める) 1年2ヶ月休養 540㌔(-2㌔)仕上り◎・発汗 ポンと先手主張 道中は平均ペースの逃げ 直線で交わされてもバタッとは止まらず

(葛西調教助手) 1年2ヶ月ぶりの実戦だったが、スッとハナへ行って、ゲートを出る時の反応なんかは素晴らしかった。長いブランクがあって、更に58㌔を背負いながらも、最後にひと踏ん張りしてくれたのはさすが。



【碧音の一言】
 前走のパラダイスSで久々の勝利

 芝1400m⇒芝1600m距離延長と最内枠からペースを握れるはず 強力な同型馬が見当たらず、それほど人気にもなっていないことから展開が味方する可能性あり



新潟11R 関屋記念(GⅢ)  上位評価3-②
6枠⑫番ドナウブルー 牝5歳 54内田博
父      ディープインパクト
母      ドナブリーニ
母の父   Bertolini
馬主     (有)サンデーレーシング
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・石坂厩舎

【近走内容】
2013.07.21 中京 中京記念(GⅢ) 芝1600 良 16頭 2人 4着
(競争指数) 92

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く 外差し優勢な状態

(ラップ) 12.9 - 11.5 - 11.3 - 11.5 - 11.5 - 11.3 - 11.7 - 11.8

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 2ヶ月休養 442㌔(+12㌔)仕上り◎・リングハミ 道中は掛かり気味の追走 3角で何とか落ち着かせる 直線向いて追われるも伸びずバテず

(内田博騎手) ゲートをスッと出たし、後ろの馬も突ついてこなかったので、自分のペースで先行できた。直線向いた時の手応えは良かったが、もうひと伸び足りなかった。



2013.05.12 東京 ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝1600 良 18頭 7人 5着
(競争指数) 115

(馬場状態) やや重馬場から良馬場へ回復 速い時計の出る馬場 馬場の1分~3分どころを通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.8 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.4 - 11.2 - 11.6

(メモ) 短期放牧(ノーザンファームしらがき) 430㌔(±0㌔) サッと好位へ 直線最後まで渋太く脚を使う
 
(ウィリアムズ騎手) 汗をかいておらず消耗があったのかもしれないし、ゲート内でもゴトゴトしていてダッシュがつかなかった。



2013.03.31 中山 ダービー卿チャレンジT(GⅢ) 芝1600 良 16頭 3人 10着
(競争指数) 75

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 外差し優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.7 - 11.2 - 11.2 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.8

(メモ) 短期放牧(ノーザンファームしらがき) 430㌔(-2㌔) 

(石坂調教師) 好位の外で揉まれないレースというのは思った通りだったが、直線でこの馬本来の脚が見られなかった。



2013.02.03 東京 東京新聞杯(GⅢ) 芝1600 良 16頭 1人 10着
(競争指数) 35

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 内を捌く馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.1 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.2 - 11.0 - 11.3

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき) 2ヶ月半休養 432㌔(-2㌔)

(石坂調教師) 強いメンバーの中で厳しいレースを続けていたせいか、精神的なストレスが残っていたかもしれないし、揉まれる展開が響いた。



【碧音の一言】
 休養明け2戦目

 年明け4戦(5歳)は実績面を考えると物足りなさを感じさせますが、昨年のこのレースの覇者で変わり身を期待する。





新潟11R 関屋記念(GⅢ)  上位評価3-①
8枠⑯番ジャスタウェイ 牡4歳 56福永
父      ハーツクライ
母      シビル
母の父   Wild Again
馬主     大和屋暁
生産牧場  白老ファーム
調教師    栗東・須貝尚厩舎

【近走内容】
2013.06.09 東京 エプソムC(GⅢ) 芝1800 良 14頭 3人 2着
(競争指数) 90

(馬場状態) 速い時計の出る馬場が続く

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.2 - 11.5

(メモ) 放牧(リフレッシュ 線の細さ解消) 3ヶ月休養 496㌔(+10㌔)仕上り○ 出遅れ(2) 道中は馬込みでタメを利かせて追走 直線はインを狙って最後は上げ下げまで持ち込む

(須貝尚調教師) 勝ちに等しい内容。スタート後手を挽回して、直線はインを突いてよく追い上げた。10㌔増でも、いい筋肉がついて成長を感じた。



2013.03.09 中京 中日新聞杯(GⅢ) 芝2000 良 18頭 2人 8着
(競争指数) 60

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.4 - 11.0 - 12.5 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 11.4 - 12.3

(バルジュー騎手) スタートをトビ出す感じで出てしまい、少し気負ってリズム良く走れなかった。



2013.02.10 京都 京都記念(GⅡ) 芝2200 良 11頭 1人 5着
(競争指数) 77

(馬場状態) 時計のかかる馬場 馬場の内側が荒れ始める

(ラップ) 12.6 - 11.4 - 12.6 - 12.8 - 12.4 - 11.9 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5

(メモ) 短期放牧 490㌔(+4㌔)舌括る 道中は行きたがるのを何とかなだめて追走 4角手前から仕掛ける 直線でジリジリ差を詰める

(内田博騎手) 前半は幾らか行きたがる素振りを見せたが、その後は折り合った。特殊な馬場状態もあったが、もう少し気持ち良く走らせてあげなければいけなかった。



2013.01.05 中山 中山金杯(GⅢ) 芝2000 良 16頭 1人 3着
(競争指数) 140

(馬場状態) A⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 外差しも決まる状態

(ラップ) 12.3 - 10.9 - 12.8 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.6 - 11.8

(メモ) 短期放牧(熱発・朝日杯CC回避) 2ヶ月休養 486㌔(±0㌔)

(須貝尚調教師) 思ったよりハンデを背負わされていたし、レース自体も小回りコースで後方からになった。それでも最後は差を詰めており、中距離にメドの立つ内容だった。



【碧音の一言】
 放牧(吉澤ステーブルWEST) 2ヶ月休養

 前走のエプソムC(GⅢ)2着を自身上がり32秒8をマーク 距離短縮と直線平坦コースで切れが更に増す可能性大きく好勝負




函館11R UHB賞  予想
函館11R UHB賞(3歳以上OP 芝1200m ハンデ)

◎ ③シュプリームギフト
○ ⑥シルクオフィサー
▲ ⑪ファインチョイス
△ ①ストレイトガール
△ ⑩ケイアイアストン



プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR