FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
01 | 2013/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬6/6
6枠⑪番カレンブラックヒル 牡4歳 57秋山

父      ダイワメジャー
母      チャールストンハーバー
母の父   Grindstone
馬主     鈴木隆司
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・平田厩舎

【近走戦績】
2012.10.28 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 18頭 3人 5着

(競争指数) 132

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 外からの差しが届きにくい状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.8 - 11.8

(メモ) 466㌔(-2㌔)馬場先出し
 
(秋山騎手) 自分の競馬はできたと思うが、結果的に距離が影響したかもしれない。


2012.10.07 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 16頭 1人 1着

(競争指数) 182

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 外からの差しも決まる状態

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 12.2

(メモ) 放牧(ノーザンファームしらがき リフレッシュ) 5ヶ月休養 468㌔(+8㌔)仕上り◎ 道中は無理せず離れた3番手を追走 コーナーで仕掛ける 直線で先団を競り落とし最後は逆手前になりながら押し切る

(平田調教師) 精神面での成長が窺えた。レースではグランプリボスが外から早目にきたが、ハミを噛まずに折り合いがついた。いつもより勝負どころの反応は鈍かったが、そこで他馬と一緒に動かなかったのが、ラストのひと伸びにつながった感じ。


【碧音の一言】
 今春最大の目標、安田記念(GⅠ)へ向けたレースのステップにここを選んできた。

 今回、恐らくハナを奪うのはエスポワールシチーかと思いますが、毎日王冠(GⅡ)で見せたスピードから無理なくこれに追走できるはず。ただし他の先行勢からのマークも厳しくなるのは間違いがなく、厳しいレースは強いられるでしょう。

 デビューから5連勝してストップした後の初戦で、メンタル面でのショックがどこまで癒えているかがポイントになりそう。



スポンサーサイト



東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬5/6
4枠⑧番イジゲン 牡4歳 57ベリー

父      エンパイアメーカー
母      コスミックウィッシュ(米国)
母の父   Dixieland Band
馬主     林正道
生産牧場  Patricia Pavlish(米国)
調教師    美浦・堀厩舎

【近走戦績】
2012.12.02 阪神 ジャパンカップダート(GⅠ) ダ1800 良 16頭 4人 15着

(競争指数)  -

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場 先行・好位組が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 12.5 - 11.7 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2

(メモ) ゲート内で首を上げ下げ(1) ジワッと1角で外へ 道中は中団やや後ろを追走 勝負どころから追い上げる 直線残り1ハロン手前で脚いろ鈍る

(橋本調教助手) スタート(枠内駐立不良)がすべてだが、それにしても負け過ぎの感あり。


2012.11.11 東京 武蔵野S(GⅢ) ダ1600 良 16頭 1人 1着

(競争指数) 160α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 幾らか差しも決まる状態

(ラップ) 12.1 - 11.0 - 11.9 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 11.5 - 11.9

(メモ) ゲート内立ち上がる(3) 向正面で前に馬を置いて追走 3角からスッと進出 4角で馬群の一番外へ 直線は速い脚で抜け出す

(橋本調教助手) ゲート内の駐立は良かったが、長く待たされて両サイドの馬が暴れた影響で大きく出遅れて万事休すのケースも、早目の追い上げで早目に抜け出す強い内容だった。


2012.10.14 東京 秋嶺S ダ1600 良 13頭 1人 1着

(競争指数) 99α

(馬場状態) 乾燥して時計のかかる馬場 差し・追い込みも決まる状態 

(ラップ) 12.3 - 11.3 - 12.0 - 12.7 - 12.8 - 12.0 - 11.4 - 12.1

(メモ) 2ヶ月休養 478㌔(-4㌔)気合い◎ スタート五分から自然とハナへ 道中は緩みのない流れで逃げる 直線でアッサリ突き放す

(柴田善騎手) スタートを上手に出てくれたので逃げる形の競馬になったが、気負うことなく自分のペースで走れたし、ゴーサインを出してからもしっかり脚を使ってくれた。


【碧音の一言】
 大きな出遅れをものともせず勝利した武蔵野S(GⅢ)をステップに臨んだジャパンカップダート(GⅠ)は、関西圏での出走で経験の差がモロに出た感があり参考外。

 その後にひと息入れられたことが、大きなプラスに作用されるはずで、ゲートの出方次第では勝ち負けできるのではと妄想している。



東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬4/6
5枠⑩番ワンダーアキュート 牡7歳 57和田竜

父      カリズマティック
母      ワンダーヘリテージ
母の父   Pleasant Tap
馬主     山本信行
生産牧場  三石町・フクダファーム
調教師    栗東・佐藤正厩舎

【近走戦績】
2013.01.30 川崎 川崎記念(GⅠ) ダ2100 稍重 11頭 1人 2着

(メモ) 518㌔(+2㌔)馬体◎・毛ヅヤ◎ スタート良く2番手へ 2周目向正面で寄られる 4角手前で反応ひと息 直線ゴール前でグイグイ伸びて迫る

(佐藤正調教師) 道中前にいた馬が物見してフラフラしていた影響が幾らかあった感じ。


2012.12.29 大井 東京大賞典(GⅠ) ダ2000 重 12頭 1人 3着

(メモ) 516㌔(-6㌔)気配◎


2012.12.02 阪神 ジャパンカップダート(GⅠ) ダ1800 良 16頭 3人 2着


(競争指数) 237

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場 先行・好位組が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 12.5 - 11.7 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2

(メモ) 522㌔(+21㌔)ホライゾネット 少し仕掛けて先行 道中は内目に入れて手応え良く追走 勝負どころで徐々に差を詰める 直線向いて前が壁になるもしっかり伸びる

(佐藤正調教師) 予定よりも馬体が一気に増えていたが、それでもこの馬らしい競馬で内容は悪くなかった。


2012.11.05 川崎 JBCクラシック(GⅠ) ダ2100 良 13頭 5人 1着

(メモ) 放牧 5ヶ月半休養 501㌔(-21㌔)細くない 

(佐藤正調教師) 中間入念に乗り込めた効果もあったようで、競走馬らしい体つきになっていた。レースでも前を見ながらこの馬のリズムで運べたし、仕掛けてからの反応も速かった。

【碧音の一言】
 昨年からここまでGⅠ出走は5戦され【1・2・2・0】と高い次元で安定。

 今回も地力は高さで馬券圏内へ食い込む可能性は十分と思えますが、久々に1600m戦への出走でスピードに対応できるか一抹の不安はよぎる。





東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬3/6
4枠⑦番ガンジス 牡4歳 57内田博

父      ネオユニヴァース
母      ジュメイラビーチ
母の父   Silver Deputy
馬主     林正道
生産牧場  ノーザンファーム
調教師    栗東・矢作厩舎

【近走戦績】
2013.01.27 東京 根岸S(GⅢ) ダ1400 良 16頭 1人 2着

(競争指数) 125

(馬場状態) 時計のかかる馬場

(ラップ) 12.5 - 11.5 - 11.7 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.0

(メモ) 短期放牧(ノーザンファームしらがき) 502㌔(±0㌔) スタート決めて好位ポケットへ 道中は折り合って追走 直線で内からの追撃退くも最後に見えないところからこられる

(渋田調教助手) ゲートから出して行ったし、4角では開いたところを突っ込んで先頭に立つ形。少し早仕掛けになったが、アワヤ押し切る場面があったくらいで、負けはしたが強い競馬だった。


2012.12.23 阪神 ギャラクシーS ダ1400 重 16頭 1人 1着

(競争指数) 84α

(馬場状態) 雨の影響が残る 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.7 - 11.2 - 11.4 - 11.5 - 11.8 - 11.6 - 12.3

(メモ) 短期放牧 502㌔(±0㌔) ポンと出て少し下げ好位インへ 4角でスムーズに外へ 直線の追い比べで力強く抜け出し快勝
  
(矢作調教師) JCダート出走の案もあったが、一段ずつ着実にステップアップを図りたかったので無理はしなかった。来年の飛躍を見込んでおり、ここをキッチリ勝ってくれたのは良かった。


2012.11.11 東京 武蔵野S(GⅢ) ダ1600 良 16頭 4人 2着

(競争指数) 154

(馬場状態) 時計のかかる馬場 幾らか差しも決まる状態

(ラップ) 12.1 - 11.0 - 11.9 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 11.5 - 11.9

(メモ) 道中は外目でなだめつつの追走 3角で馬の後ろへ 4角でビシッと被せられる 直線残り300m付近で外へ出されグイグイ伸びる

(蛯名騎手) ダートの1600mは初めての距離なので大事に運んだが、勝ち馬(イジゲン)に早目にこられて厳しい形になってしまった。


2012.10.08 東京 ペルセウスS ダ1400 良 16頭 2人 1着

(競争指数) 108α

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差し馬がよく好走する状態

(ラップ) 12.7 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.0

(メモ) 中1週 506㌔(±0㌔) 道中は先団直後を追走 直線鋭く反応して力強く伸びる

(渋田調教助手) 夏を越してレース後の回復が早くなり、体質が強くなった。体のアウトラインも変わって、スラッとした大人っぽい体形になった。


【碧音の一言】
 ダートでは8戦して【4・3・1・0】と底を見せていない明け4歳馬。

 昨秋のジャパンカップダート(GⅠ)への出走は無理せず諦めて、早々とここを目標にステップを踏んできた陣営の意気込みは高く評価できる。



東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬2/6
1枠②番グレープブランデー 牡5歳 57浜中

父      マンハッタンカフェ
母      ワインアンドローズ
母の父   ジヤツジアンジエルーチ
馬主     (有)社台レースホース
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・安田隆厩舎

【近走戦績】
2013.01.20 中京 東海S(GⅡ) ダ1800 良 16頭 4人 1着

(競争指数) 145α

(馬場状態) 中間の凍結防止剤散布で保湿 速い時計の出る馬場

(ラップ) 12.6 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.4 - 13.0 - 12.5 - 12.7

(メモ) 短期放牧 532㌔(+6㌔)舌縛る

(ルメール騎手) 中団でタメる形を試みたのが、うまくいった感じで、直線はしっかりと反応してくれた。


2012.12.02 阪神 ジャパンカップダート(GⅠ) ダ1800 良 16頭 11人 5着

(競争指数) 160

(馬場状態) 水準程度の時計の出る馬場 先行・好位組が優勢な状態

(ラップ) 12.6 - 10.7 - 12.5 - 11.7 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 12.2

(メモ) 短期放牧 526㌔(-2㌔)リングハミ ジワッと好位直後の外目へ 道中は手応え良く追走 直線向いて先団へ取りつくも半ばでジリっぽくなる

(安田隆調教師) 賞金面で出走が微妙で、登録発表後に入厩。稽古本数は万全とはいえなかった中で見せ場十分だった。


2012.11.04 京都 みやこS(GⅢ) ダ1800 良 16頭 4人 6着

(競争指数) 105

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.2 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 12.5 - 12.5 - 12.5

(メモ) ジワッと中団へ 勝負どころから追い上げる 直線は前と同じ脚いろ

(安田隆調教師) 58㌔の分、最後は伸びあぐねたが、見せ場は作ってくれた。ようやくいい頃のデキに近付いてきた手応えを掴めた。


【碧音の一言】
 舌を縛って臨んだ前走は、骨折休養明けから徐々に復調気配を見せて久々の重賞勝利。

 近走は地力勝負にも安定した指数が出ており、今年は確固たる強力なメンバーともいえない中なら、馬券圏内は割と楽に食い込めるのでは。



東京11R フェブラリーS(GⅠ)  注目馬1/6
1枠①番マルカフリート 牡7歳 57福永

父      アフリート
母      スプリングアマイン
母の父   タヤスツヨシ
馬主     河長産業(株)
生産牧場  社台ファーム
調教師    栗東・増本厩舎

【近走戦績】
2013.01.12 京都 大和S ダ1400 良 16頭 4人 1着

(競争指数) 128α

(馬場状態) 乾燥して時計のかかる馬場 先行馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 11.3 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 11.4 - 12.2

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 484㌔(+2㌔)仕上る 道中はなだめつつの追走 3~4角で前3頭を追って進出 直線向いてゆっくりと追い出され難なく差し切る

(福永騎手) 枠が良かったし、スムーズなレースができた。自分から動いて行ける器用さがあって、レースが上手。


2012.11.11 東京 武蔵野S(GⅢ) ダ1600 良 16頭 11人 10着

(競争指数)  -

(馬場状態) 時計のかかる馬場 幾らか差しも決まる状態

(ラップ) 12.1 - 11.0 - 11.9 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 11.5 - 11.9

(戸崎騎手) 直線で窮屈なところへ入ってしまい脚を余してしまった。距離はこなせそう。


2012.10.08 東京 ペルセウスS ダ1400 良 16頭 3人 5着

(競争指数) 108

(馬場状態) 時計のかかる馬場 差し馬がよく好走する状態

(ラップ) 12.7 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.0

(メモ) 出遅れ(1) 道中は後方馬群で脚をタメて追走 直線で馬群を捌くのに手間取るもゴール前の伸び脚目立つ

(国分優騎手) 3角過ぎに外へ張ってくる馬がいて控える形になり、位置取りの差が応えた。


【碧音の一言】
 7歳馬にして未だ16戦のキャリアで、上積みが期待できる。

 前走、スローペースの1400m戦を好位追走から斤量58㌔を背負って差し切った内容を評価し、今回は展開面で恵まれそうなイメージがある。





プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR