FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
12 | 2013/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月5日中山 第62回 中山金杯(GⅢ) 注目馬 ダイワマッジョーレ
ダイワマッジョーレ 牡4歳 55丸田

父      ダイワメジャー
母      ファンジカ
母の父   Law Society
馬主     大城敬三
生産牧場  社台ファーム 
調教師    栗東・矢作厩舎


【近走戦績】

2012.12.01 中京 金鯱賞(GⅡ) 芝2000 良 12頭 8人 2着

(競争指数) 72

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 逃げ馬が苦戦する状態

(ラップ) 12.9 - 11.1 - 13.0 - 12.7 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.0

(メモ) 1角でうまく内へ 持ったままの手応えで4角を回る 直線で内を突いて残り1ハロンで先頭の場面あり

(渋田調教助手) 残り1ハロン地点では『オッ』と思ったくらいで、レースが上手になり力をつけている。



2012.10.21 東京 甲斐路S 芝1800 良 11頭 2人 1着

(競争指数) 40α

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 馬場の内と外に有利不利のない状態

(ラップ) 12.7 - 11.4 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 11.3 - 11.4 - 11.8

(メモ) 436㌔(-8㌔)馬体引き締まる 出たなりに4番手へ 道中は折り合って追走 直線で前3頭の外へ出され残り1ハロンで抜け出す

(丸田騎手) テンに掛かるような面が解消されていた。包まれることなく好位置で運べたし、追ってからも期待通りの伸び脚を見せてくれた。



2012.09.29 中山 秋風S 芝1600 良 14頭 2人 3着

(競争指数) 25

(馬場状態) かなり速い時計の出る馬場 3~4角で内が若干傷み始める 外差しが決まる状態

(ラップ) 12.6 - 11.5 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 11.9 - 11.1 - 11.2

(メモ) 2ヶ月半休養 444㌔(±0㌔)落ち着き十分 道中は先団直後を抜群の手応えで追走 直線追われてしっかり伸びる

(丸田騎手) 以前より気性が成長して乗りやすくなっていたのは収穫。流れが落ち着いて最後は位置取りの差が出てしまった。



2012.07.14 新潟 五頭連峰特別 芝1800 良 12頭 2人 1着

(競争指数) 54

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.6 - 12.3 - 12.2 - 11.3 - 10.8 - 11.9

(メモ) 中1週 444㌔(+2㌔)落ち着き十分 好発から好位の内へ 道中はピタリと折り合って追走 直線向いて2頭で先頭に立って振り切る

(丸田騎手) 直線では他馬に一旦は前に出られたが、そこから盛り返してくれた。スピードの持続力が凄く、ここへきて馬が成長しているのを感じる。



2012.07.01 福島 ラジオNIKKEI賞(GⅢ) 芝1800 良 16頭 10人 6着

(競争指数) 10

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 馬場の内側が傷み始める

(ラップ) 12.4 - 11.2 - 11.9 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 11.5 - 12.0

(メモ) 放牧 2ヶ月休養 442㌔(+8㌔)

(丸田騎手) 暴れていた馬に反応して、ゲート内で後ろへモタれた時にスタートを切られてしまった。



【碧音の一言】
 主な敗因想定 

 ①距離芝1600mは忙しい(距離芝1600m【1・0・1・1】 ≦ 芝1800m【3・0・0・1】

 ②休養明け



スポンサーサイト
1月5日中山 第62回 中山金杯(GⅢ) 注目馬 タッチミーノット
タッチミーノット 牡7歳 57横山典

父      ダンスインザダーク
母      タッチフォーゴールド
母の父   ミスタープロスペクター
馬主     吉田照哉 
生産牧場  社台ファーム
調教師    美浦・柴崎厩舎


【近走戦績】

2012.10.07 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 16頭 9人 3着

(競争指数) 127

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 外からの差しも決まる状態

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 12.2

(メモ) 道中は中団を追走 直線はポッカリ開いた馬場の中ほどへ出され2着馬に競り負ける

(横山典騎手) いい時の状態になかった。



2012.09.02 新潟 新潟記念(GⅢ) 芝2000 良 18頭 9人 2着

(競争指数) 160

(馬場状態) 速い時計の出る馬場 馬場の3分どころが伸びる状態

(ラップ) 12.8 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.5 - 12.4 - 11.7 - 10.9 - 10.3 - 11.9

(メモ) 短期放牧(リフレッシュ) 496㌔(-14㌔)絞れる・Sロール テンにビシッと気合い入れて好位の内へ 道中はピタリと折り合って追走 直線向いて一完歩毎に差を詰めて渋太く先頭に立つも最後の最後で勝ち馬に強襲される

(吉沢調教助手) 3番手につける積極的な競馬で、一旦は先頭に立ったが、最後は勝ち馬(トランスワープ)の切れ味に負けた。



2012.07.08 福島 七夕賞(GⅢ) 芝2000 稍重 16頭 2人 12着

(競争指数)  -

(馬場状態) 重馬場からやや重馬場へ回復 時計のかかる馬場 馬場の内も外も荒れた状態

(ラップ) 12.3 - 11.2 - 12.0 - 12.3 - 12.5 - 12.4 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 12.4

(メモ) 道中は好位の外を追走 直線は一瞬伸びかかって止まる

(吉沢調教助手) 福島が初めてだったし、やや重馬場でもかなり馬場が悪かった。牡馬ながらも繊細な面があって、力を出し切れなかった。



2012.05.27 東京 目黒記念(GⅡ) 芝2500 良 18頭 2人 7着

(競争指数) 50

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 7.2 - 11.1 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 12.7 - 13.2 - 12.6 - 11.8 - 11.1 - 11.6 - 12.1

(メモ) 504㌔(+2㌔)気配◎ 1角で寄られる 道中は先団を追走 3~4角で息が入る 直線徐々に外へ出され坂下からの激しい鍔迫り合いで退く

(吉沢調教助手) 1角では外からぶつけられてバランスを崩して、位置取りが悪くなったし、直線も詰まったりしてスムーズさを欠いてしまったので、参考外の一戦。



2012.04.21 東京 メトロポリタンS 芝2400 良 11頭 3人 2着

(競争指数) 79

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場

(ラップ) 13.1 - 11.6 - 12.9 - 13.2 - 12.8 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.0 - 11.1 - 11.0 - 11.6

(メモ) 放牧 8ヶ月休養 502㌔(+10㌔)仕上る 道中は中団のインで折り合いに専念されての追走 直線も内を狙って坂上から差を詰める

(横山典騎手) 最後は届きそうなくらいのいい脚を使ってくれたが、好位置を取れなかった分届かなかった。



【碧音の一言】
 放牧(リフレッシュ) 3ヶ月休養

 主な敗因想定 ①直線で詰まる

 ②・道悪競馬

 ③・距離芝1800m【0・1・2・1】 ≦ 距離芝2000m【3・2・2・6】



1月5日中山 第62回 中山金杯(GⅢ) 注目馬 ジャスタウェイ
ジャスタウェイ 牡4歳 56.5内田博

父      ハーツクライ
母      シビル
母の父   Wild Again
馬主     大和屋暁
生産牧場  白老ファーム 
調教師    栗東・須貝尚厩舎


【近走戦績】

2012.10.28 東京 天皇賞(秋)(GⅠ) 芝2000 良 18頭 8人 6着

(競争指数) 116

(馬場状態) A⇒Bコース替わり 速い時計の出る馬場 外からの差しが届きにくい状態

(ラップ) 12.5 - 11.2 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.8 - 11.8

(メモ) 486㌔(-4㌔)気配◎ スタートが決まって好位置へ 道中は折り合って追走 直線は最後まで粘り強く伸びる

(内田博騎手) 折り合いもついて好位置で流れに乗れたが、相手も強かった。好位からでも上手に競馬をしてくれたし、距離も問題がなかった。



2012.10.07 東京 毎日王冠(GⅡ) 芝1800 良 16頭 12人 2着

(競争指数) 160

(馬場状態) 開幕週 速い時計の出る馬場 外からの差しも決まる状態

(ラップ) 12.7 - 10.8 - 11.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 12.2

(メモ) 放牧(リフレッシュ) 4ヶ月半休養 490㌔(+8㌔)余裕・歩様硬め 道中は中団を追走 直線はポッカリ開いた馬場の中ほどへ出されゴール前で際どく迫る

(須貝尚調教師) ひと夏越してグンと良くなっていた。GⅠ馬と同じような位置からグイグイ伸びてくれた。



2012.05.27 東京 東京優駿(GⅠ) 芝2400 良 18頭 15人 11着

(競争指数) 72

(馬場状態) B⇒Cコース替わり 速い時計の出る馬場 内を通る馬が優勢な状態

(ラップ) 12.8 - 10.8 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 12.4

(メモ) スタート後接触(1)

(秋山騎手) 前が残る流れになったが、この馬なりに脚は使ってくれた。距離自体はこなせそう。



2012.05.06 東京 NHKマイルC(GⅠ) 芝1600 良 18頭 4人 6着

(競争指数) 55

(馬場状態) 雨と風の影響を受ける 時計のかかる馬場 好位から内目を捌く馬が優勢な状態

(ラップ) 12.1 - 11.0 - 12.0 - 12.2 - 12.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

(メモ) ニュージーランドT(GⅡ)をナイラのため自重 2ヶ月半休養 474㌔(-8㌔)舌縛る 出負け(1) 直線入り口で外へ出され追い出すもなかなか反応せず最後の最後で脚を使う

(須貝尚調教師) GⅠのメンバーで、ハナを切った馬向きの流れ。その中で後方から外を回って、終いはメンバー最速の上がりを使って差を詰めて、能力は示してくれた。



2012.02.25 阪神 アーリントンC(GⅢ) 芝1600 良 13頭 2人 1着

(競争指数) 99α

(馬場状態) 開幕週 時計のかかる馬場 内を通る差し馬が優勢な状態 

(ラップ) 12.9 - 11.5 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 12.3

(メモ) 道中はタメて最後方を追走 直線は大外から坂を上がり切って一瞬にして差し切る

(福永騎手) 外枠なので、スタートを出たなりで馬の気持ちに任せて、折り合い重視でリラックスして走らせた。直線はいい瞬発力を見せてくれた。



【碧音の一言】
 2ヶ月休養 熱発により朝日CC(GⅢ)を回避

 過去の主な敗因想定 ①・後方からメンバー中最速の上がりを使うも前が止まらず

 ②・休養明け

 ③・GⅠで距離芝2000m(距離適性芝1600m~芝1800m)




プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。