FC2ブログ
3連複の軸馬を探します
競馬予想を中心のブログ。 3連複軸1頭5頭流しを基本ベースとした予想スタイルで、反省を繰り返しながら、予想方法を進化させています。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

5/16東京 夏木立賞
東京9R 夏木立賞(3歳500万下) 芝2000m

◎ ⑤スプレンデレ
 2走前の3歳未勝利戦での競争指数210をマーク。昇級緒戦になりますが、指数的にはこのクラスにいる器ではない。他馬の上昇力が無ければ、ここはアッサリでしょう。

◎ ⑥キャンベルジュニア
 今回と同じ東京芝2000m戦でデビュー戦勝ち。指数は当時のメンバー構成にも恵まれて120αと低めも、α付きなら上昇力の期待値も込めて逆転も視野に入れておきたい。

△ ②トーセンカナロア
 4走前の東京芝コースで指数145をマークし好勝負基準指数はクリアしている。前走のひめさゆり賞が連闘での出走で、ここでの上積みは期待しにくいものの、人気妙味はある。

△ ③シリーシンフォニー
 前走の中山芝1800m戦でデビュー戦勝利。指数は152αと基準はクリアしており勝ち負けまでの評価を与えても良いが、軽い芝への適性が未知な為、押さえまでの評価にとどめました。

△ ⑩キングカラカウア
 3走前の3歳未勝利戦勝利時の指数185は基準をクリアしています。キングカメハメハ×ダンスインザダークで、直線の決め脚が他馬に劣ると思われ2着候補まで。


【馬券の買い方】
馬単フォーメーション
1着 ⑤・⑥
2着 ②・③・⑤・⑥・⑩  【8点】



スポンサーサイト



5/16 東京11R 京王杯スプリングC(GⅡ)
東京11R 京王杯スプリングC(GⅡ・4歳以上OP)芝1400m

◎ ⑰クラリティシチー
 前走のダービー卿CT(GⅢ)でマークした競争指数185は、各馬の近走競争指数を比較した際に群を抜いた指数。4歳馬で、まだ上がり目も見込めるはずですから、ここは勝ち負け期待です。

◎ ⑨サトノルパン
 3歳暮れの時点で古馬相手にオーロCで競争指数150、続くタンザナイトSは時計面で恵まれ指数は含めもα付きをマーク。今回は六甲Sを一度叩かれた上昇も見込めますし、4歳にして更なる飛躍を期待する。

△ ②ダンスディレクター
 前走の斑鳩Sで指数135α付きの勝利。指数的にはここでも十分に好勝負になりますし、α付きで魅力もありますが、イレ込む気性で関東圏初遠征という点で押さえに回しました。

△ ④エールブリーズ 
 近走はまったく冴えない競馬が続いていますが、5走前の東京芝マイル戦のキャピタルSで競争指数140をマーク。東京芝コース【4・1・2・1】なら変わり身が期待できる。

△ ⑧オメガヴェンデッタ
 まだ競争指数的に強調できるところまで到達していないので迷いましたが、4走前の3歳以上1000万下(競争指数95α付き)時に、休み明けにもかかわらず、レース上がり35秒0に対して33秒9を自身でマークした潜在脚力に賭ける。


【馬券の買い方】
 10時現在で1番人気の⑬ダイワマッジョーレと、2番人気の⑮ヴァンセンヌを馬券から消えています。
 ⑬ダイワマッジョーレは、年齢的なものか近走は速い時計の決着に不安がありそうな内容になっていますし、⑮ヴァンセンヌの場合は速い時計での決着に対して未知な面がある為に消しました。
 ここは、勢い(上昇力)ありそうな4歳馬から勝負してみたいと思います。

馬単フォーメーション
1着 ⑨・⑰
2着 ②・④・⑧・⑨・⑰  【8点】 

明日のために、ガッツリとは勝負せず、ほどほどでも戻りは大きいはずなので、軽く購入します。



5/10東京11R NHKマイルC(GⅠ)
東京11R NHKマイルC(GⅠ) 芝1600m

◎ ⑦クラリティスカイ
 阪神未勝利戦(芝1800m)勝ちしたレース内容を評価します。皐月賞(GⅠ)5着した地力は、ここに入ると相当に威張れるもので、距離短縮で更なる前進の期待もできます。

○ ⑨アルビアーノ
 年明けデビューから3戦すべての逃げ切り勝ちが、すべてで異なる距離でのもの。牝馬であることと、直線の長い東京コースで後続の馬達のマークが薄くなればアッと言わせるかもしれません。

▲ ②グランシルク
 NZT(GⅡ)を後方一気で2着した脚が印象的で、やや人気先行かなと思いますが、推定上がり3ハロン33秒7の数字を見ると怖い存在ではありますね。

△ ①アヴニールマルシェ
 3ヶ月以上の休養明けでは厳しい印象ですが、共同通信杯(GⅢ)好走組という点だけで強調できる材料にはなりますし、割と好走歴の多い内目の枠で北村宏騎手なら立ち回り次第で上位争いにはなるでしょう。


【馬券の買い方】  
1番人気のミュゼスルタンは脚部に不安を感じますので消しました。馬券はあまり勝負せず少額しか買いません。

馬単フォーメーション
1着 ②・⑦・⑨
2着 ①・②・⑦・⑨



5/9京都11R 京都新聞杯(GⅡ) 
京都11R 京都新聞杯(GⅡ) 芝外回り2200m

◎ ⑩スワーヴジョージ
 週刊競馬ブック誌で、陣営のコメントに急仕上げとのコメント。誌面で状態面で悪い面を強調される場合、大抵がレースでは好仕上げで出てくるパターンが多い印象あり。ならば、ゆりかもめ賞での指数218が大威張りする。

○ ①ダノンリバティ
 広いコースでこそ持ち味が生きそうなタイプで、京都芝外回りコースに替わるのは良いはず。指数的に見ればメンバー中1位(毎日杯・235)のものがあり、今回は巻き返してきていい。

▲ ⑮アルバートドック
 近2戦が指数200超えしており、世代トップクラスに近付いている。晴雨兼用のタイプで、もし天気が崩れて上位印馬が苦にするようであれば一躍主役に。

△ ⑫シュヴァルグラン
 ダービーへ向けて指数を上げてきており、さすが父ハーツクライの血の威力でしょうか。毎日杯(GⅢ)を一度叩かれた上積みも見込めますので、押さえておきたい。


【馬券の買い方】 上位3頭は実力拮抗で、流れ及び馬場次第で着順は入れ替わりそう。

馬単フォーメーション
1着 ①・⑩・⑮
2着 ①・⑩・⑫・⑮ 【9点】




5/9東京11R プリンシパルS  予想
東京11R プリンシパルS(3歳OP) 芝2000m

◎ ⑯アンビシャス
 能力は世代トップクラスでGⅠでも上位争いは可能な存在でしょう。3歳トライアル戦ならまず勝ち負け。不安があるとしたら、距離18⇒2000mへの延長で最後に伸び切れないパターンだけ。

○ ⑬フォワードカフェ
 前走のスプリングS(GⅡ)8着の敗戦は、中山芝1800mの内回りコースで忙しかったのではないでしょうか。今回は広い東京コースに替わっての距離延長なら巻き返す可能性は十分にあるはず。指数的には、先のアンビシャスと同等の評価。

△ ③エミネスク
 軽い芝でこそのタイプ。プリンシパルS好勝負基準指数160超えが過去2度マークされており、相手は強いが崩れないことに期待。

△ ⑪オメガゴールドレイ
 3戦目のはなみづき賞でプリンシパルS好勝負基準指数160超え。今回でキャリア4戦目なら、まだ上積みが見込めるはずなので押さえは必要でしょう。

△ ⑰バイガエシ
 頓坐明けで、しかも今年3勝の作田厩舎の管理馬という点で仕上り具合には不安あり。しかし、年明け初戦の福寿草特別ではプリンシパルS好勝負基準指数160超えしている地力に期待してみる。


【馬券の買い方】 勝ち馬は⑯か⑬でしょう。
 馬単フォーメーション
1着 ⑬・⑯
2着 ③・⑪・⑬・⑯・⑰ 【8点】







プロフィール

碧音一番星

Author:碧音一番星
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問記録

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR